ランニング/ダイエット/ブログ運用/自作webツールなど、様々なジャンルを取り扱うブログです!
本ブログは複数のテーマ(色)を持った階層構造になってます!詳しくはコチラ!
ランニング ブログ/web技術 学問/勉強 自作webツール ダイエット 統計データ分析
■注目記事一覧

ランニングシューズ データベース!メーカー/重さ/目標タイム別/ソールタイプなどで横断して検索可能!

GARMIN ForeAthlete 935レビュー!前機種920XTJ,630Jとの比較も!

スポーツ心臓(安静時心拍数) 偏差値判定ツール!あなたの心臓の強さを判定します!

マラソンタイム予測ツール!最大酸素摂取量(VO2MAX)も計算 !

余命(〇〇年後に死亡している確率)/各年齢での死亡確率 判定,グラフ化ツール

アシックス ランニングシューズ徹底比較分析!(重量編)

サブ3レベルシューズ比較レビュー!(ターサージール5、takumi sen boost2、ウエーブエンペラーJAPAN、ソーティ)
 

月間走行距離まとめ (走り始めから現在まで)

ずいぶんと、さぼっていたので、月間走行距離をまとめてみました。
SOUKOU.png
あいかわらず、本当にひどい走行距離ですね。。
サブスリー目標の人とは思えない走行距離です。10月にシンスプリントと風邪で
ノックアウトしていたからわかるのですが、11月はもっと走れたはずです。
やっとモチベーションがもどってきたのでがんばりたいと思います。
あとは、怪我せず、ちゃんと回復しながら走れるかどうかですね。
10月に怪我したのは、9月に走り過ぎたのがあるからです(たった160kmで、
と思えますが、ほぼ全力で走っているので)
その辺の回復力もテーマに今後の計画をねるつもりです。

関連記事: 記録/目標等まとめ
[ダイエット] 2ヶ月14kg減 ダイエット記録まとめ (2013/06/08~2014/08/13)
本格的に走る前に急激ダイエットを行いました
現在までのマラソンタイム成長グラフ (リーゲルタイム式でフルマラソンタイム変換)
マラソンタイムに変換して成長をグラフ化してます
完全初心者42日間500km走破記録 ~2009年の走行記録~
ずっと昔に走りまくった時の記録です><
腸脛靭帯炎(ランナーズニー)五か月リハビリ記録
走りまくった結果、5か月怪我と戦いました><
自己紹介です!
さまざまな情報や記録をまとめてます
達成済目標 & 今後の目標計画!
達成した目標と、今後の目標です。何がしたいのかがわかると思います。

ランニング成長における回復能力/健康維持力の重要性

10月前半から風邪+シンスプリントで4週間ぐらいダウンしましたが、その後回復したのに練習頻度が極端に落ちました。中だるみでしょうか。そのせいで、成長率がここ2カ月ぐらいで急激に落ちています。やはり、練習回数が非常に重要だと感じます。ここで、ランニング能力の決定要因をすごく簡単にあらわすと、次の式のようになるかと重います。
  ランニング能力 = F(x)
F:成長関数
x:走行回数

続きを読む


[トレッドミル] 一人記録会 時速16km、4.5km 一応自己ベストだけど、、

ひさびさに、トレッドミルを使用して訓練してます。
ジムのマシンの最高速度である時速16kmで走行
しておりますが、4.5kmで限界がきました。
一応、自己ベストなんですが、悔しいですね。。
3か月前で3.3km走行しているので、なんかあまり
記録が伸びていない気がします。
ジムにいって、ウォームアップもせずにいきなり
最高速で走りだしたり、一番端で走行したので、空調が悪く、
非常に熱かったというのはありますが。
あと、1ヶ月くらいシンスプリントと風邪で休んでいたので
しょうがないと思いますが、ちょっと計画を見直しています。
あとは、前より気力がなくなっているのがはっきり分かります。
きつくなってくると、すぐ諦めてしまう。きつくなってきた距離
によって、どれぐらいまでいけるか予測をたててしまう。
よくない状態です。もっと根性ださないと。。


データ分析と走行機会損失

昨日の記事で書いた加速度データですが、一応うまく
とれてます。
8Gまでしか計測できないなどありますが。
それよりもその準備のために走れなかったのが
大問題ですね。ランニングは毎日するのがよいの
であって、1日走れなかったのは完全に練習機会
損失となるわけで。あとから一気に走っても無意味。
これからは毎日のランニングを最優先にします。
あたりまえのことですが、できてなかったので


runScribe ~ランニングフォームを分析してくれる小型デバイス~

先ほど、ランニングを数値化したい!という記事をだしましたが、それはあくまでの加速度の生データを取得したいという希望があったからでした。あと現状にはそういうツールがなかったからです。
脚の動きを分析する一般的なデバイスも海外から、来月くらいから続々とでてくるみたいなので、一つおすすめ商品を紹介します。自分も使用してみたいので、購入する予定です。チェックしてみてください。

続きを読む



記事カテゴリ