wordpress/Adobe Animate CCなどweb技術やブログ運用に関する話をしていきます!検索エンジン最適化に関する実験に関する情報も!
⇒ 本ブログの詳細/制作者プロフィール/連絡先/現在の行動状況はコチラ!
⇒ 本ブログは複数のテーマ(色)を持った階層構造になってます!詳しくはコチラ!
web/ブログ全般 SEO/アクセスアップ WordPress Adobe Animate CC(旧FLASH) 便利ソフト/サービス紹介 効率化 音声入力
  1. ホーム
  2. 〇ブログ/web技術
  3. Adobe Animate CC [旧Flash]
■注目記事一覧

Adobe Animate CC(旧FLASH)が凄すぎる!その表現力と効率性を痛感!技術者にこそ是非!

画像素材サイトの「料金」と「検索結果の画像数」を比較してみた!やっぱり純日本製のサイトが使いやすい!?

「写真AC」が超オススメ!画像素材サイトとして、3年以上使い続けてます!

エックスサーバーが凄すぎる!本ブログでの超カスタマイズWordPressでも、高速レスポンスを誇る高品質サーバー!

ポイントサイト「げん玉」が凄すぎてビックリ!開始から10分で2000円以上稼げた!買い物のポイント還元もスゴイ!

[Adobe Animate CC使い方講座] Adobe Animate CCって何?まずはFlashからの変遷から解説!

デジハリのAdobeマスター講座がやばすぎる!Adobe Creative Cloudが50%オフで購入可!5分で使用可能に(超重要)!
 

Adobe Animate CCの素晴らしいサンプル集サイト見つけました!コレを見れば何が作れるかわかる!

Adobe Animate CCで何が出来るか分かりにくい…そんな方にオススメなサイト!

Adobe Animate CCというソフトは非常にわかりにくいです。FLASHの後継ということで知られていますが、「Animate」という謎の名前に変わったことで、何が出来るのかが非常にわかりにくいソフトになってしまいました。ユーザーも少ないですしね。

Adobe Animate CCはアニメーション作成が基本ですが、自分がこのサイトでサンプルを見せている通り、それ以外にも多くの種類のコンテンツが作れます。表現力は無限大。でも、それが伝わらない…

ということで、少しでも分かりやすい形で伝えられないかと、色々探っています。そんな中、英語ですが非常に素晴らしいサイトがありましたのでご紹介させて頂きます。Adobe Animate CCでどんなコンテンツが作れるのかが分かりやすくなりますよ!

続きを読む


Adobe Animate CCが、FLASHよりも進化して使いやすい!JavaScriptプログラマにこそオススメしたい理由!

一つ前の記事で、自分がエンジニア系なのに、Adobe Animate CCを多用する理由を説明しました。簡単に言うと「無理やりコーディングせず、グラフィック的な要素は、それが得意なソフトに任せよう!」という話です。

今回は、その発展で、「JavaScriptプログラマにAdobe Animate CCをオススメしたい理由」について説明します。FLASHが衰退したことにより、その後継であるAdobe Animate CCも良いイメージを持たれていません。しかし、実はAdobe Animate CCはJavaScriptとの連携が強化されていて、JavaScriptエンジニアさんにとって非常に使いやすい環境になっています!

その例として、自分が作ったシステムを例示します。下のグラフは、自分が作った「リアルタイム行動記録公開システム」です。これは、自分が入力している行動記録をサーバーからリアルタイムに取得し、タイムチャートとして表示するシステムになっています。静的に見えますが、動的にグラフが更新されて徐々に伸びていく仕様になっています。自分は、これを1)サーバー(PHP & MySQLデータベース)、2)外部JavaScript、3)Adobe Animate CCの3つの連携で実現しています!

このように、Adobe Animate CCは外部プログラムと非常に連携しやすい構成になっています!今回は、JavaScriptプログラマさんに何故Adobe Animate CCをオススメしたいのか、そしてどのように外部プログラムとの連携性が強化されているのかについて、詳しく説明したいと思います!

続きを読む


[Adobe Animate CC] 完全なるエンジニア派の自分が、Adobe Animate CCを多用する理由!

Adobe Animate CCの使い方の記事をたくさんアップしていましたが、忙しく途中で止まっていました。申し訳ありません。4月からは時間がとれるようにしましたので、バンバンAdobe Animate CC関連の記事をアップしていく予定です!

さて、今回は自分がAdobe Animate CCを使う理由について述べます。このサイトのプロフィールなどを見て頂ければわかりますが、自分はデザイナではなくエンジニアよりの人間です。だから、Adobe Animate CCのメインターゲットからは少し離れているかもしれません。

しかし、エンジニア派の自分はAdobe Animate CCを多用しています。少し使うどころではなく、頻繁に使っています。このサイトのコンテンツだけで、細かくカウントすると20作品ぐらいは既に使っているかと。めちゃくちゃ便利です。

けれども…ネット上では、Adobe Animate CCはアニメーション制作ソフト(しかもFLASHの死骸で終わったソフト)みたいな感じで言われている印象があります。少し悲しいですね><

ということで、今回は完全なるエンジニア派の自分が「Adobe Animate CC」を使う理由を述べたいと思います。正直言うと、「Adobe Animate CCでなきゃ作れないもの」は無いです。しかし、「Adobe Animate CCを使うと超効率的に作れるもの」はたくさんあるんです!

続きを読む


[Adobe Animate CC使い方講座] クラシックトゥイーン/モーショントゥイーンについて解説!シンボルインスタンスを自由に動かせるよ!

前回の記事で、Adobe Animate CCでのシンボルの概念と使い方について説明しました!シンボルにすると、「複製して配置」「エフェクトをかけて配置」「元のシンボルを修正することにより、シンボルインスタンスを一括修正」といったような操作ができるんですね。なので「シンボル化」=「アニメーションの素材化」といってもいい操作だと思います。

 前回は貼り付けたシンボル(シンボルインスタンス)に対して、透明度や大きさを自由に変えられるということを説明しました。下の単純な青丸を…

続きを読む


[Adobe Animate CC使い方講座] Adobe Animate特有のシンボル/インスタンスの概念を説明!これさえわかれば大丈夫!

シンボルの作り方!基本的にステージ上のアニメーション作成と何も変わりありません!

 前回までの記事でシェイプでのアニメーションをメインステージで実現する方法を説明しました。今回は、その発展で、そのアニメーションをシンボル化して便利に使えるようにする方法を説明します。

 「シンボル=アニメーションの部品化」です。この概念はAnimate(FLASH)特有の考えかなと思います。一度わかったら便利、というよりこれがないとAnimateでアニメーションは作れません。かなり細かく説明していますので、このページでAnimateの一番重要な概念を理解して頂けたらと思います。

続きを読む