10km1時間20分だった運動音痴が、高負荷トレーニング/データ分析/食事管理でどこまでランニング記録が伸ばせるか挑戦!ランニングやダイエット/健康に関する知識・グッズ等についてもまとめてます!!!
⇒ 本ブログの詳細/制作者プロフィール/連絡先/現在の行動状況はコチラ!
⇒ 本ブログは複数のテーマ(色)を持った階層構造になってます!詳しくはコチラ!
ラン全般 自作ランツール ランシューズ ラングッズ GPS時計 心拍計 ラン知識/研究 栄養知識 おすすめ食品 ランシューズDB
  1. ホーム
  2. 〇ランニング
  3. 走行/成長記録
  4. 一人記録会結果
  5. [ランニングマシン 自己ベスト] 一人記録会 時速16km、5.0km走破!
■注目記事一覧

ランニングシューズ データベース!メーカー/重さ/目標タイム別/ソールタイプなどで横断して検索可能!

スポーツ(GPS)ウォッチ データベース!各スポーツウォッチを仕様/機能ごとに一覧比較検討できます![GARMIN時計]

スポーツ心臓(安静時心拍数) 偏差値判定ツール!あなたの心臓の強さを判定します!

マラソンタイム予測ツール!最大酸素摂取量(VO2MAX)も計算 !

持久係数予測ツール!スピード型かスタミナ型か判定可能!(詳細なマラソンタイム予測も可能に)

アシックス ランニングシューズ徹底比較分析!(重量編)

持久係数予測ツール!スピード型かスタミナ型か判定可能!(詳細なマラソンタイム予測も可能に)
 

[ランニングマシン 自己ベスト] 一人記録会 時速16km、5.0km走破!

[結果] トレッドミル
速度:16km(上限いっぱい)
距離:5.0km (前回4.5kmから更新)
心拍数:不明 (測定器はずれた>< )
ピッチ:不明

走行時状況

前日までの練習状況:4日連続走行し、1日休息日後
食事状況:前日2000kcal摂取、直前4時間前に200kcalのお茶漬け
直前に100mlのポカリで炭水化物補給
体調/痛み状況:休息後で痛みが抜けた後。右足モモにやや痛みあり。
右足脛裏も力を入れると微かに痛い。ややお腹がゆるい状態
ウォームアップ速度・距離:念入りにストレッチ後、時速12kmで1.5km
体重、体脂肪率:体重51.5kg、体脂肪率8.7% (左脚:7.5%、右脚:7.1%)
水分率:63.8%
メンタル:痛みから逃げるのではなく、痛みを楽しむ心意気

月曜日の更新失敗から色々試しました

なんとか、5km走破できました。月曜日に記録に挑戦したのに、3kmしか
走破できなかったのがショックで、何が原因か悩みぬき、一日休んだ結果です。
脚の調子がよかったからか、ちゃんとウォームアップ走行したからか、栄養補給
したからか、メンタルを入れ替えなおしたからか、5.0km走行達成できました。
やっぱり月曜日よりだいぶ楽になりました。ウォームアップがきいている気がします。
でも正直、3.7kmぐらいで既にバテており、そこからは根性だけで走行している感があ
りますね。トレッドミルで一回で走行できるのが時間制限的に7kmまでなのですが、
ここからは0.5kmずつ、少しずつ更新していくしかなさそうです。

メンタル/考え方を見直しました

メンタルについては、かなり心を入れ替えて見ました。1ヶ月休んでいるうちに
何故か心拍数が高くなり、苦しくなることを相当恐れるようになってしまい、
走行中にどうやって気を紛らわすかということばりに気がいくようになってしま
いました。なので、ある程度までいくと、「ここで苦しくなるようでは、記録更新
は無理なのでやめてしまおう」と無意識的に思ってしまい、何度も止まってしまい
ました。まさに、精神的スランプですね。
そうではなく、高負荷トレーニングを楽しむように、痛みを楽しめるように、
1日わずかな時間しかない高負荷状態のその時間が幸せだと思えるように
考え方から再度入れなおしました。
そうしたところ、3.7kmで相当バテていても、「記録更新まで絶対に負けない!」
と考えてがんばることができました。

今後の計画/目標

ひとまず、時間的な限界の時速16kで7km走破するまで少しずつ、記録を伸ばして
いきたいと思ってます。それが終わったら、それ以上はスピードだせないので、
傾斜をつけていきたいと考えています。
とりあえず、こんな感じで事細かに記述していこうかと思います。

[注目!] ランニングシューズDB出来ました!重さ/価格順でメーカー/目標タイム別/ソールタイプごとにシューズを一覧で見られます!(詳細はリンク先で!)
↓こちらから直接シューズ検索できます!
メーカー:
目標レベル:
重さ:

[関連コンテンツ]




お気軽にコメントお願いします!

Your email address will not be published.




記事カテゴリ
自作ツール&アプリ
■Webツール(今すぐ利用可!)