10km1時間20分だった運動音痴が、高負荷トレーニング/データ分析/食事管理でどこまでランニング記録が伸ばせるか挑戦!ランニングやダイエット/健康に関する知識・グッズ等についてもまとめてます!
⇒ 本ブログの詳細/作者プロフィール/連絡先はコチラ!
⇒ 本ブログは複数のテーマ(色)を持った階層構造になってます!詳しくはコチラ!
ラン全般 自作ランツール ランシューズ ラングッズ GPS時計 心拍計 ラン知識/研究 栄養知識 おすすめ食品 ランシューズDB
  1. ホーム
  2. 〇ランニング
  3. ランニング/健康関連知識
  4. ランニングノウハウ
■注目記事一覧

ランニングシューズ データベース!メーカー/重さ/目標タイム別/ソールタイプなどで横断して検索可能!

GARMIN ForeAthlete 935レビュー!前機種920XTJ,630Jとの比較も!

スポーツ心臓(安静時心拍数) 偏差値判定ツール!あなたの心臓の強さを判定します!

マラソンタイム予測ツール!最大酸素摂取量(VO2MAX)も計算 !

持久係数予測ツール!スピード型かスタミナ型か判定可能!(詳細なマラソンタイム予測も可能に)

アシックス ランニングシューズ徹底比較分析!(重量編)

サブ3レベルシューズ比較レビュー!(ターサージール5、takumi sen boost2、ウエーブエンペラーJAPAN、ソーティ)
 

月別の天気出現率/気温変動(東京都) [曇/雨限定ランナーの憂鬱]

ページの端々で書いてますが、自分は直射日光が苦手であり、速度が30~50%程度落ちます。弱点どころか致命的/病的ですね>< もちろん、克服に向けて頑張りますが、出来る限り「晴れ」は避けたいので、東京(千代田区)での天気出現率を下記サイトからデータ取得して、月別にまとめてみました。
皆様は雨を避けたいと思いますので、そういう用途で見ていただけるとうれしいです。同時に気温(平均、最高、最低)もまとめてみましたので見てみてください。
天気などの外部要因による記録への影響はこちらでまとめていますので、参照して頂ければ。

続きを読む


心臓の動き/心電図の解説! [心拍数とは何か?]

知っておこう!心臓の動き!

ランナーの方は、普段の練習で心拍計をつけて走っている方も多いかと思います。それだけでなく、最近ではapple watchなど様々な活動量計に心拍計が搭載されており、カロリー計算や運動強度計算など様々な場面で活用されています。

しかし、その心拍とは一体何なのでしょうか?運動すると上昇するのはわかるのですが、心臓がどのように動いているかはよくわかりません。今回はそのうごきについて、勉強して解説してみました。最終的には運動時の心電図グラフの分析までしたいと思いますが、今回はまず基礎編です!
全画面キャプチャ 20151020 215702T

続きを読む


ドーピングの種類まとめ!ドーピングを知り、パフォーマンス向上とは何かを考えよう!

あけましておめでとうございます。いきなり年明けに投稿する記事としては変なのですが、今回はドーピングの種類について調べてきましたので、この記事でまとめていきたいと思っています。なぜ、ドーピングの種類なんかを調べたかというと、パフォーマンスとは何か、パフォーマンス向上させるにはどんな手法があるかを知りたかったからです。
もちろん、ドーピングはやってはいけない行為です。ただ、どんな種類のドーピングがあるのかを知っておくことで、人間がどんな方向に能力を引き延ばせるかのヒントになると考えております。
1088aa09e641e2c43523e6049a839d34_s.jpg

続きを読む


最大酸素摂取量(VO2MAX)の計算/摂取酸素量によるカロリー・運動強度計算

運動強度指標METSについて


活動消費カロリーの計算法にて、METS(運動強度)によるカロリー計算について説明しましたが、ここでは心拍数による運動強度/カロリー計算について説明します。まずMETSのカロリー/運動強度に関する式は以下の通りです。
 消費カロリー(kcal) = 時間(h) × 体重(kg) × 運動強度×1.05
運動強度=METS

簡単に言ってしまえば、消費カロリーは時間と体重と運動強度にそれぞれ比例し、運動強度を表す指標としてMETSというものがあるということです。METSは安静時を1とした場合の各運動の消費エネルギー量を表す指標です。

続きを読む


心拍数計で運動強度管理をしてみよう!

最大酸素摂取量(VO2MAX)と運動強度(%)


以前の記事で酸素摂取量でカロリー計算可能なこと、最大酸素摂取量がその人の運動パフォーマンスを表す指標になり、運動時の酸素摂取量を計測することで、運動強度(%)が計算可能なことを説明しました。運動強度(%)は下記の式で表せます。

運動強度(%)
(その運動での酸素摂取量 - 安静時酸素摂取量) × 100
(最大酸素摂取量 - 安静時酸素摂取量)

つまり、最大の酸素摂取量と比べて、どの程度の酸素摂取をしているかを示したのがこの運動強度(%)の指標です。この指標の問題点として、酸素摂取量は大外などの専門機関でないと計測できないことでした。しかし、これ実は心拍数にも置き換えられるのです。

続きを読む



記事カテゴリ
自作ツール&アプリ
■Webツール(今すぐ利用可!)