ランニング ブログ/web技術 学問/勉強 ダイエット 統計データ分析 最新ガジェット GIFアニメ素材 自作webツール 年表/歴史まとめ
  1. ホーム
  2. 2020年1月
■注目記事一覧

ランニングシューズ データベース!メーカー/重さ/目標タイム別/ソールタイプなどで横断して検索可能!

スポーツ(GPS)ウォッチ データベース!各スポーツウォッチを仕様/機能ごとに一覧比較検討できます![GARMIN時計]

スポーツ心臓(安静時心拍数) 偏差値判定ツール!あなたの心臓の強さを判定します!

マラソンタイム予測ツール!最大酸素摂取量(VO2MAX)も計算 !

「写真AC」が超オススメ!画像素材サイトとして、3年以上使い続けてます!

アシックス ランニングシューズ徹底比較分析!(重量編)

持久係数予測ツール!スピード型かスタミナ型か判定可能!(詳細なマラソンタイム予測も可能に)
 
スポンサーリンク
Twitter(更新情報)

スマートウォッチと同じWear OSを搭載するSUUNTO 7が1/31発売!スポーツウォッチとスマートウォッチの完全合体!

既存のスポーツウォッチの問題点:独自OSで独自アプリしか動かない!

自分はGarmin大好きで、2013年からランニングをするときには必ずGarminの時計を付けています。基本的にはGPSも正確で、必要な機能はついているので満足しています!
 
しかし、少しの不満があります。それは「通常のスマートウォッチと比べて、普段使いの使い勝手が劣ること」です。普通のスマートウォッチとはApple WatchとかAndroidウォッチのことを指します。そういったスマートウォッチは、スマホと連動してブラウザを表示したり、LINEなどのアプリを使ったり、音声メモを作れたり、色んなアプリを入れたり、たくさんのことが出来ます。

↓自分がスマートウォッチでブラウザ操作した時の動画。こんな感じで、小さな画面でwebも見れちゃうんです

しかし、スマートウォッチはどこのメーカーであれ、基本は独自OSです。なので、上記のような高度なことはできません。あくまで、スポーツをするための時計であり、純粋にGPSを測定するための機能とか、そういった点に重きがおかれた仕様になっているんです。
 
自分は2個時計をするわけにもいかないんで、せっかく買った上の動画のスマートウォッチは捨てて、GARMIN時計を常につけることを選びました。別に上記のような高機能を必ず求めているわけではないですが、、、GARMIN時計なども普段使いできることを売りにしてきているので、そのような機能もそろそろ使えるようになったら嬉しいですよね><

続きを読む


Google Keepは紙のメモと同じ。使い方次第で、ゴミ箱にも神ツールにもなる!

Google Keepは汎用的なメモソフト。使い方次第で、ゴミツールにもなるし、紙ツールにもなる!

前回記事にしたように、自分は最近さらにGoogle Keepをフル活用するようになりました。今までのメインのメモソフトから移行し、全てをGoogle Keepで管理するようになりました。すごく捗っています!


 
しかし、自分はGoogle Keepが出来た当時、あまり良い印象をもっていませんでした。確かにシンプルのメモができる。ラベリングもできる。でも、それだけ。One NoteやEvernoteのように複雑な文章構成などは作れないんです。なので、「Google Keep=低機能なシンプルメモソフト」ぐらいに思っていたんです。

しかし、最近気づいていたんです。シンプルだからこそ、自分でその使い方が決められるということを。そして、上手い活用法ができれば、Google Keepは神ツール化するということに!

続きを読む


安静時心拍数と寿命の密な関係性!心拍数が低いランナーは長寿となる? [論文紹介]

安静時心拍数(何もしていないときの心拍数)と寿命には大きな関係性があるようです。
このあたりの研究について、下記の学術資料にまとめられたので
抜粋してご紹介します。
Ⅱ.安静時心拍数と予後の関係
http://www.jse.or.jp/akiyamalecture/akiyamalecture07.pdf

哺乳類では一生に打てる心拍数が決まっている!?

哺乳類でもその種族によって安静時心拍数はバラバラです。しかし、
大きな動物ほど心拍数が少なくなり、小さな動物ほど心拍数が多いそうです。
そして、その安静時心拍数と各動物の寿命をグラフ化したのか下記の
グラフです。
全画面キャプチャ 20151018 140610
Levine HJ : Rest heart rate and life expectancy. J Am Coll Cardiol, 1997;30 : 1104~ 1106

続きを読む


[Tasker] Androidで現在アプリ/メモアプリを交互に切り替えるボタンを作る方法!メモが捗るよ!

超手軽!Androidで「現在表示アプリ」と「メモアプリ」を交互に切り替えられるボタンつけると捗るよ!

前記事で、Google Keepで何でも記録しておくと、時系列順似一覧で表示できて、短期記憶の見える化ができて捗る、というお話をしました。このGoogle Keepを活用するためには、思ったこと/学んだことをすぐにメモに記録できるようにしておく必要があります。

そのためには何か発見があったり、思いついたりするごとにGoogle Keepを開かないといけないです。さらにメモしたら元のアプリをまた開かないといけないです。超面倒ですよね!

そのため、「現在表示アプリ」と「Google Keepアプリ(メモアプリ)」でボタンを押すごとに切り替えられるTaskerアクションを作って見ました!

↓物理ボタンを押すごとに、「現在表示アプリ」と「Google Keepアプリ(メモアプリ)」が切り替わっています

続きを読む


短期記憶を全て落とし込め!Google Keepに何でも書いて一覧化したら、思考が捗ってきた!

Google Keepの一覧性の凄さを痛感し、何でもGoogle Keepに書き込むようにしました!まさに短期記憶の見える化!

最近、Google Keepの凄さを痛感してきています!昔は大した機能のないメモ帳だと思っていたんですけどね、、、使い方によっては化けるということを痛感してきました。

何が凄いのかというと… 「時系列順にキレイに並んで、一覧でメモが見られる」という点です。下図はGoogle KeepのPC版の画面ですが、大きいディスプレイならば6列とかでメモが見られるんですよね!1画面で50程度のメモが一気に見られるんです!こんなに一覧性の高いメモソフトは他にないと思います!

自分はこれを活用してGoogle Keepを使って「短期記憶を見える化」するツールとして使っています。Google Keepは上から時系列でメモが並びます。なので、自分が直近に書いた内容が一覧で見える状態になるわけで。これが本当に快適です。普段色んな情報を目にしては、すぐに忘れてしまっていることが、後で見返すことができるわけです。短期記憶を見える化する… そんな感じで使えるんです。

続きを読む



記事カテゴリ