2ヵ月14kg減量に成功した体験、カロリー/栄養知識を記述しています!自作ダイエット/栄養関連ツールも公開中!
⇒ 本ブログの詳細/作者プロフィール/連絡先はコチラ!
⇒ 本ブログは複数のテーマ(色)を持った階層構造になってます!詳しくはコチラ!
ダイエット全般 ダイエット用ツール おすすめ食品 食品カロリー/栄養素 データベース
  1. ホーム
  2. 〇ダイエット/体重管理
  3. ダイエット/体重管理用ツール
■注目記事一覧

ダイエット/体重変化シミュレーション・予測グラフ化ツール!

最強体重管理グッズ「The Kitchen Safe」!時間ロック金庫です!

最強の体重管理法!"おかゆ"一つで、体重を減らすも増やすも調整楽々です♪

[ダイエット] ダイエット方法一覧、そしてその有効性を個人的に評価!

セブンイレブン サラダチキンのご紹介!現状最強のタンパク質製品!ダイエットにも最適!

「体重減少⇒痩せた」ではない!?体重を上手くコントロールしよう!

正月太り、GW太りは本当だった!平均でも0.5~0.7kg体重増加!しかも半年以上元に戻らない!
 

ランニングの消費カロリー(METS)グラフまとめ!

消費カロリーの決定要因:METSとは?

5fc06c90790afbd7e2d0ff3425d4ce13_s.jpg
現代社会では当たり前となった消費カロリーという概念ですが、どういった要因で決定されるのでしょうか。実は、人間の消費カロリーは下記の簡単な式で表すことができるんです。

消費カロリー(kcal) 時間(h) × 体重(kg) × 運動強度 × 1.05

上記の式の通り、人間の消費カロリーは運動強度と持続時間、そして行う人の体重によって決まります。同じ運動強度でも、時間が2倍になれば、カロリーは2倍になります。また、同じ運動/運動時間でも体重が2倍の人がおこなうと、カロリーも2倍必要になるわけです。そしてこの「運動強度」に値するのが今回グラフ化している「METS」というものです。METSの定義は以下のようになります。

METS (安静時の消費エネルギーを1としたときの、各運動のエネルギー消費量)

つまりこのMETSは「安静時(何もしていない時)を1としたとき、その行動は何倍の消費エネルギーになるか」を示した値です!つまり、METSはその行動/運動の激しさを示した値のわけです。
このMETSさえわかれば、消費カロリーが上記の式で簡単に計算できるわけです!ということで、今回はこの各行動の消費カロリーをグラフ化します!
 
データは国立健康・栄養研究所が作成している「改訂版『身体活動のメッツ(METs)表』」を用いているので信頼がおけるかと思います。各行動カテゴリごとでページわけてグラフ化していますので、どのような行動がMETSが高いのかチェックしてみて下さい!

続きを読む


ダイエット/体重変化シミュレーション・予測グラフ化ツール!

摂取カロリーによって、体重は決まる!

 こちらの消費カロリー計算ツールや、こちらの記事で書いたように、人の消費カロリーは体重によって変わります。ですので、体重が減るとそれだけ消費カロリーは落ちます。

 逆にいうと、摂取カロリーをある程度まで落とせばそれと同等の体重に勝手に落ちていくわけです。ただし、安定体重付近まで体重が落ちると、消費カロリーが減り、摂取カロリーと消費カロリーの差が少なくなり、あまり体重が落ちなくなります。このページではそれを均衡体重として判定しています。これが予測できる最終的な将来の体重となります。

 本ツールではその体重推移予測をグラフ化して表示します。ツールでは毎日の消費カロリーと摂取カロリーの差を計算し、その分体重を落としていくシミュレーションをしてグラフ化してます。体重1kg=7200kcalとして計算してます。

 グラフ化してみると、体重が落ちにくくなる過程がわかって楽しいですよ!ぜひ、使用してみて下さい!

続きを読む


目的別最適な心拍数(運動強度)判定ツール!最大心拍数も推定できますよ!

ランニングでトレーニングするときには、心拍数で管理することがとても重要です!何故ならば、目的別で最適な心拍数(運動強度)が違うからです。この最適な心拍数を示すのが下記の運動強度という値です。
(詳しくはこちらのページで解説しております)

 運動強度(%) = (その運動での心拍数 - 安静時心拍数 ) × 100 ÷ (最大心拍数 - 安静時心拍数)

このように運動強度というのは、最大の心拍数と安静時心拍数(最小心拍数)で計算できます。そして、この運動強度はゾーンごとに下記の目的に適しているといわれています。 *エプソンさんの心拍数トレーニング解説ページより引用

 90-100%:瞬発力・運動能力向上
80~89%:筋力・基礎代謝量向上
70~79%:持久力向上
60~69%:脂肪燃焼・体重減量
~59%:ウォーミングアップ

続きを読む


体型(BMI)偏差値判定ツール!上位何%か判定し、グラフ化します!

体型(BMI)の自分の位置を知ろう!

 皆さんはBMIを活用していますか?BMIは非常に便利な数字です。体重の重さだけでは太っているのか、否かはわかりません。身長によって、太っているかどうかは違うからです。

 その基準を合わせてくれるのがこのBMI値であり、この計算式は下記のようになります。

BMI 体重(kg)
身長(m) × 身長(m)

 これが体型がやせ型か太り気味かを表す数値です。この数値は便利なのですが、一般的な健康診断だと、18.5から痩せ気味で、23.5からは太り気味とか、かなり大まかな判定しかされません。

 大概の人はこの普通の区間に入っているので、自分がどのくらい痩せているのかよくわからないです。

 そこで、厚労省の全国的な調査の値を取り入れてツール化しました!このツールでは自分がどのぐらい痩せていて、上位何%に位置しているのか、また偏差値がどのくらいかを判定します!(もちろん痩せている方が偏差値が高く、男女別で判定しています)

続きを読む


消費カロリー(METS)計算ツール!METS指標で消費エネルギー計算!

前回、ランニング/ジョギング用の消費カロリーを計算するツールを公開しました。しかし、それはランニング/ジョギングだけしか計算できません。

そこで今回その進化形として、国立健康・栄養研究所が作成している「改訂版『身体活動のメッツ(METs)表』」を使用して、全ての行動の消費カロリーを計算できるツールを作成しました!そのためにまずMETSという考え方を説明させて頂きます。

続きを読む