10km1時間20分だった運動音痴が、高負荷トレーニング/データ分析/食事管理でどこまでランニング記録が伸ばせるか挑戦!ランニングやダイエット/健康に関する知識・グッズ等についてもまとめてます!!!
⇒ 本ブログの詳細/制作者プロフィール/連絡先/現在の行動状況はコチラ!
⇒ 本ブログは複数のテーマ(色)を持った階層構造になってます!詳しくはコチラ!
ラン全般 自作ランツール ランシューズ ラングッズ GPS時計 心拍計 ラン知識/研究 栄養知識 おすすめ食品 ランシューズDB
  1. ホーム
  2. 〇ランニング
  3. グッズ等レビュー
■注目記事一覧

ランニングシューズ データベース!メーカー/重さ/目標タイム別/ソールタイプなどで横断して検索可能!

スポーツ(GPS)ウォッチ データベース!各スポーツウォッチを仕様/機能ごとに一覧比較検討できます![GARMIN時計]

スポーツ心臓(安静時心拍数) 偏差値判定ツール!あなたの心臓の強さを判定します!

マラソンタイム予測ツール!最大酸素摂取量(VO2MAX)も計算 !

持久係数予測ツール!スピード型かスタミナ型か判定可能!(詳細なマラソンタイム予測も可能に)

アシックス ランニングシューズ徹底比較分析!(重量編)

10km走行データ分析まとめ! [速度とピッチ/歩幅/心拍/気温/接地時間/滞空時間/滞空移動距離/体重/体脂肪率等の関係をグラフ化]
 
スポンサーリンク
Twitter(更新情報)

ドクターエア 3Dコンディショニングボールスマートが凄い!これだけで何処でもマッサージ可能!

ドクターエア 3Dコンディショニングボールスマート最高です!

1月上旬んから腰と坐骨の痛みが発生し、そこから色々身体を労るグッズを集めてます。その中でも、一番使える!凄い!と思っっているのが今回ご紹介する「ドクターエア 3Dコンディショニングボールスマート」です!

この3Dコンディショニングボールスマート、↓のように小さなボールで、様々な身体部分に押し当てて使うことができます!この絶妙な大きさと、球という汎用的な形によって、どこでもマッサージに使えるようになっています!本当に足でも腰でもどこでも使えますよ!

 
 
専用のカバー?もついているので、背中に押し当てたりも簡単にできるようになっています。これ一つで一人でどこでもマッサージできちゃいます!

続きを読む


スマートウォッチと同じWear OSを搭載するSUUNTO 7が1/31発売!スポーツウォッチとスマートウォッチの完全合体!

既存のスポーツウォッチの問題点:独自OSで独自アプリしか動かない!

自分はGarmin大好きで、2013年からランニングをするときには必ずGarminの時計を付けています。基本的にはGPSも正確で、必要な機能はついているので満足しています!
 
しかし、少しの不満があります。それは「通常のスマートウォッチと比べて、普段使いの使い勝手が劣ること」です。普通のスマートウォッチとはApple WatchとかAndroidウォッチのことを指します。そういったスマートウォッチは、スマホと連動してブラウザを表示したり、LINEなどのアプリを使ったり、音声メモを作れたり、色んなアプリを入れたり、たくさんのことが出来ます。

↓自分がスマートウォッチでブラウザ操作した時の動画。こんな感じで、小さな画面でwebも見れちゃうんです

しかし、スマートウォッチはどこのメーカーであれ、基本は独自OSです。なので、上記のような高度なことはできません。あくまで、スポーツをするための時計であり、純粋にGPSを測定するための機能とか、そういった点に重きがおかれた仕様になっているんです。
 
自分は2個時計をするわけにもいかないんで、せっかく買った上の動画のスマートウォッチは捨てて、GARMIN時計を常につけることを選びました。別に上記のような高機能を必ず求めているわけではないですが、、、GARMIN時計なども普段使いできることを売りにしてきているので、そのような機能もそろそろ使えるようになったら嬉しいですよね><

続きを読む


ナイキ厚底シューズの禁止問題… 禁止にしなくていいけど、薄底/軽量シューズの絶滅だけは止めて欲しい><

ナイキ厚底シューズ問題… ついに大きな話になってきましたね!

以前からこの噂はでていたのですが、世界陸連がついに動きはじめて大きな話になってきましたね。ナイキ厚底シューズのヴェイパーで記録達成されることが多くなってきており、箱根駅伝では80%以上の人が同じ厚底シューズを履くというとんでもない状態になってきました。ゲームで言えば、ぶっ壊れキャラがいて8割がそのキャラを選んでいるような状態です… さすがになにか規制しないとマラソン/ランニングという競技自体が危うくなってきそうですよね。
 
ということで、いつかは分かりませんが世界的にこのナイキの厚底シューズが規制される方向に動いていくようです。市民ランナーレベルでそれが影響してくるかは不明ですが、、、

続きを読む


ターサージール6を10グラム程度軽量化!142.8グラムの超速ターサージール完成!

前回の記事で、ターサージール6を構成ごとに分解して、各要素がどれぐらいの重さがあるのかを調査してみました。今回はその結果を踏まえた上で、ターサージール6から不要な部分を削ぎ落としていって、軽量化をしていきます!

最終的には10g程度の軽量化をすることができました!参考になるかわかりませんが、その軽量化の施策をまとめておきます!

一応、さすがに今回の軽量化ではソール部分はいじくりませんでした。そこを軽量化してしまうと、まともにクッショニングしなくなる可能性あるので><

靴紐の入れ替え:2グラム軽量化

まずはシューズの靴紐部分ですね。ターサージールの靴紐って重いんです。片側4.6グラムもあるんです!これはかなり重いほう。

これに対して、別の軽量シューズからとってきた靴紐は2.6グラムしかありませんでした。コチラ最低限の長さしかないものですね。でも、これに変えるだけで2グラムの軽量化が実現出来ます!たったこれだけで!

続きを読む


ターサージール6を分解/重量調査してみた!

ターサージール6のハズレが多すぎるので… 分解調査してみました!

ターサージールがもうすぐ販売終息しそうですね。後継のターサーエッジがメインで売り出されており、ターサージールはいつなくなるか分からない状況です。そのため、自分はターサージール6を8個以上ストックしています。

↓こんな感じでAmazonで5個パックで購入したりしてます。急になくなったら困るので><

しかし、かなり困ることが起きています。それはターサージール6がものによって重さが全然違うことです。個体差がかなり激しく25.5センチで150gのものもあれば、160gを超えるものもあるんです!さすがにバラつきすぎですよね。

自分は軽さを武器に走っているので、160gのターサージールではどうしても困るわけで、、、使い物にならないんです。ということで、開けて重さを測った瞬間に要らない子になるターサージールがいくつも出ていています><

このままじゃ勿体ない!ということで、ターサージールを分解して、調査してみることにしました!主な調査の主題は「どのパーツに、どの程度の重さがあるのか?」という部分です。

とりあえず調査結果をパパッと列挙させて頂きます!

続きを読む



記事カテゴリ
自作ツール&アプリ
■Webツール(今すぐ利用可!)