10km1時間20分だった運動音痴が、高負荷トレーニング/データ分析/食事管理でどこまでランニング記録が伸ばせるか挑戦!ランニングやダイエット/健康に関する知識・グッズ等についてもまとめてます!!!
⇒ 本ブログの詳細/制作者プロフィール/連絡先/現在の行動状況はコチラ!
⇒ 本ブログは複数のテーマ(色)を持った階層構造になってます!詳しくはコチラ!
ラン全般 自作ランツール ランシューズ ラングッズ GPS時計 心拍計 ラン知識/研究 栄養知識 おすすめ食品 ランシューズDB
  1. ホーム
  2. 〇ランニング
  3. グッズ等レビュー
■注目記事一覧

ランニングシューズ データベース!メーカー/重さ/目標タイム別/ソールタイプなどで横断して検索可能!

スポーツ(GPS)ウォッチ データベース!各スポーツウォッチを仕様/機能ごとに一覧比較検討できます![GARMIN時計]

スポーツ心臓(安静時心拍数) 偏差値判定ツール!あなたの心臓の強さを判定します!

マラソンタイム予測ツール!最大酸素摂取量(VO2MAX)も計算 !

持久係数予測ツール!スピード型かスタミナ型か判定可能!(詳細なマラソンタイム予測も可能に)

アシックス ランニングシューズ徹底比較分析!(重量編)

持久係数予測ツール!スピード型かスタミナ型か判定可能!(詳細なマラソンタイム予測も可能に)
 

光学式心拍計(リスト型)の精度と使い方について。心拍数197が計測された!信用して大丈夫!?

超遅ればせながら、本気で光学式心拍計が試せるようになりました

光学式心拍計が流行りだしてから、2年ぐらいが経ったと思います。超超遅ればせながら、やっとその光学式心拍計の能力を試せるような状況になってきました。今まで試したくても足の怪我があり、本気で走れなかったんですよね。。。

自分は前から光学式心拍計の否定派でした。それはコチラでも記事化していますが、光学式心拍計は誤差があるからです。大体、±2%ぐらいの誤差があると言われています。2%なら、OKなのではと思ってしまいますが、違うと思います。心拍トレーニングって、かなりその数値が重要になってきますので、2%の誤差は大きいのです。心拍数190と194、2%程度の違いですがトレーニング面から見ると大きな差異です。

ということで、あまり光学式心拍計は信用していなかったのですが…思った以上にその誤差が激しいのがわかりました。それを実例を踏まえてお伝えします!

続きを読む


GARMIN先生の「Garmin Pay」、ローソンに対応!着実に進歩しています!

GARMIN先生の努力は、着々と進んでいるようです。GARMIN先生の新しい試みとして、「Garmin Pay」という支払い手法を推進しています。これはApple PayやGoogle Payみたいなもので、時計だけで決済ができるというものです。

ただ、以前紹介したときには問題点が多く、酷評してしまいました…。使える店が少ないとか。でも、GARMIN先生は着々と進歩していっているようです!なんと 全国のローソン店舗で対応開始したようです!ローソンは全国14,340店舗。ここで使えるのはすごく大きな進歩だと思います!今までマクドナルドとかしか使えなかったので… 

https://www.garmin.co.jp/news/pressroom/news2018-0919-garmin-pay-lawson/

続きを読む


ヴェイパーフライ 4% フライニットが欲しくてたまらない!けどサイズ問題でヤフオク/メルカリには手が出せない><

NIKEの厚底シューズが世界を変えようとし始めています!世界記録も!

最近、マラソン業界にとてつもない記録が打ち立てられました。キプチョゲ選手がベルリン・マラソンで2時間1分39秒の世界記録を達成したとのことです…すごいですね。世界記録を1分以上縮めたというのですから、信じられません。

そして、気になるのがこのキプチョゲ選手が履いていたシューズです。ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4% フライニットをベースにしたシューズを履いていたとのことです。実はこのヴェイパーフライ 4% フライニット、9月9日に普通に一般に販売開始されたシューズでもあるのです!

厚底シューズのいいところは、世界最高のアスリートが履いているシューズなのに、市民ランナーでも手を出せば履けるというところです。他の超上級者シューズのように薄底になっていて怪我しやすいわけではないです。厚底なので、その性能は発揮できるかは不明ですが、とりあえず履けそう。履いても怪我はしなさそう。

ということで、自分もこのヴェイパーフライ 4% フライニットが欲しくて、ネットショップなどを巡る旅に出ています。なぜそこまで欲しいのか、もちろん理由があります。それは、今まででNIKEの厚底シューズの超絶性能を体感しているからです!そのことについて少し述べさせて頂きます!

続きを読む


ぶっ壊れ性能な「ナイキ リアクト」に新作!ナイキ ライズ リアクト フライニット が9/1から新発売中!

「ナイキ リアクト」に新作登場!最強リアクト素材の新バージョンです!

自分が現在最強のランニングシューズと思っているのが「ナイキ エピック リアクト フライニット」です。このシューズは、後述しますが、軽量かつ最強のクッション性を持った「ぶっ壊れ性能」的なシューズです。

そして、このシューズの軽量バージョンが9/1にナイキから発売されたようなんです。その名前はナイキ ライズ リアクト フライニット。前作からアッパーの構造を変えて、紐自体をなくして足にフィットするようにしたシューズです。

もちろん厚底は健在。クッション性は維持したままのはずです。

続きを読む


ランニングにはヘッドホン一体型音楽プレイヤーが快適!ワイヤレスイヤホンよりオススメです!

一体型イヤホンはランニングに最適な音楽プレイヤーです!ワイヤレスイヤホンよりオススメ!

最近、完全ワイヤレスのイヤホンが流行っていますよね。下図のように完全にワイヤーがなく、bluetoothで通信して音楽を聞くタイプのものです。iphoneがイヤホンジャックをなくしたので、このようなワイヤレスイヤホンを使っている方も多いかと。このワイヤレスイヤホン、ランニングにも最適なように思えますが、自分は「ヘッドホン一体型音楽プレイヤー」を推したいです!

ヘッドフォン一体型プレイヤーというのは、下図のように音楽プレイヤーがイヤホンに内蔵されているタイプのものです。これ単体で音楽が聞けるのです!

確かに完全ワイヤレスのほうが楽なように思えますが、ヘッドホン一体型でもコードが揺れたりしないので不快にはなりません。また、有線なので音楽が途切れたりすることもありません。さらに、再生時間もワイヤレス型よりも圧倒的に上です。ワイヤレスイヤホンは72時間駆動などと謳われていたりしますが、それは充電ケース込の再生時間のようで…実際に単体で再生できるのは4時間ぐらいまでのようです。4時間だと…42キロ持つか微妙なとこですよね。充電管理も大変になりますし、大変です。

また、ワイヤレスイヤホンだとイヤホン/音楽プレイヤーの両方を持たないといけないというデメリットがありますよね。いくら軽量だといっても、2つの品を管理するのは大変です。それぞれの充電量も管理しなければいけないので、なんだかんだで面倒です。それに比べて、ヘッドホン一体型音楽プレイヤーは単純です。1つだけ管理すればOK。こっちのほうが自分には合っていました。

続きを読む



記事カテゴリ
自作ツール&アプリ
■Webツール(今すぐ利用可!)