ランニング ブログ/web技術 学問/勉強 ダイエット 統計データ分析 最新ガジェット 自作webツール/アプリ GIFアニメ素材
  1. ホーム
  2. 2018年6月
■注目記事一覧

ランニングシューズ データベース!メーカー/重さ/目標タイム別/ソールタイプなどで横断して検索可能!

スポーツ(GPS)ウォッチ データベース!各スポーツウォッチを仕様/機能ごとに一覧比較検討できます![GARMIN時計]

スポーツ心臓(安静時心拍数) 偏差値判定ツール!あなたの心臓の強さを判定します!

マラソンタイム予測ツール!最大酸素摂取量(VO2MAX)も計算 !

「写真AC」が超オススメ!画像素材サイトとして、3年以上使い続けてます!

アシックス ランニングシューズ徹底比較分析!(重量編)

【ブログ読者プレゼント企画4】お好きなランニング関連商品をプレゼント!amazonで15,000円以内で自由に選択可!【〆7/1】
 

【ブログ読者プレゼント企画4】お好きなランニング関連商品をプレゼント!amazonで15,000円以内で自由に選択可!【〆7/1】

久々に、プレゼント企画やります!今回はランニング関連商品のプレゼントです!

先程別記事にもしましたが、久しぶりにプレゼント企画を行います!ブログ読者様に感謝を込めた、プレゼント企画です!今回はランニング関連商品限定で、15,000円以内で自由に商品を選択して頂く形にしました!

本サイトはランニング以外のカテゴリのコンテンツも沢山ありますが、プレゼントはランニング関連の商品に限らさせて頂きます。ただし、広めに考えますので、スポーツ関連の商品、健康関連の商品もOKです!これからスポーツ/運動をはじめたい方でも、応募して頂けると嬉しいです!

応募はツイートボタンを押すだけで、楽々です!是非、ご応募お願いします!

↓これまで過去3回プレゼント企画を行っており、いずれも当選者の方に喜んで頂いております!
[第1回プレゼントの履歴:応募者33名]
[第2回プレゼントの履歴:応募者32名]
[第3回プレゼントの履歴:応募者37名]
rapture_20161211195237.jpg

続きを読む


東京マラソン2019 チャリティー参加受付は7月2日(月)10時から!昨年はわずか8日で定員に!実質6万円で、確実に出場できます!

東京マラソン2019のチャリティー枠応募が7月2日から始まります!

表題の通りですが、東京マラソン2019 チャリティー参加受付が7月2日(月)から始まります!東京マラソンのページに、下図のように応募に関する情報が出てきています。

東京マラソン2019は3月3日の開催です。それに対して、チャリティーの応募は7月2日(月)から始まります。応募の仕方は、昨年とあまり変わらないようです。昨年、応募した時の流れは、コチラで記事にしていますので、是非ご参照下さい。基本的には下図のような、自分+サポーターの寄付合計額が10万円を超えると、東京マラソンに確実に参加できる仕組みになっています。

↓去年の応募方法。一応、本人だけでなく、サポーター含めて10万円を超えれば参加できるという制度になっています。

続きを読む


怪我に悩み1年半。毎日10km走り、10km52分台まで急回復!「諦めの悪さ」が最大の武器です!

本日久しぶりに本気で走ることが出来ました!怪我をしてから、1年半ぶりに本気で10kmが走れました!

最近はずっとずっと毎日走ってます。その結果もあってか、本日驚くような記録が出せました!下図のように10km52分台で走れたんです!この1年半、怪我に悩まされ、10km1時間どころか、10km1時間6分も超えたことが有りませんでした。そこから、超急激的に成長することが出来ました!この記録は諦めなかったからこそ、達成できた記録だと思っています!

続きを読む


Webマップ+wikipedia自動連携ツール!マップ位置の情報(市町村区名)をWikipediaで表示します!

2018/5/26更新 スマホで地図上に余計な情報が出ないように修正!中心位置をマーク表示し、使いやすいように修正!

現在、web上で地図を使ったツールを作成中です!その一つとして、今回は「Webマップとwikipediaで自動連携するツール」を作ってみました!このツールは、マップ上で表示している位置を自動で判定して、見ている市町村区の情報を自動でwikipediaで検索して表示してくれます!東京の港区辺りを地図で見ているのなら、「港区」のwikipediaの情報を自動で表示してくれます!

使い方は簡単!以下の[MAP]を操作すると、下の[wikipedia]の欄が自動でその位置の情報に更新されます。

基本的には「市町村の情報」を表示し、区のある大きな都市や東京23区では「区の情報」を表示してくれます。地図を見ながら、その土地のことを学べるので便利だと思います!もちろん、スマホでも使えます。

是非、これを活用して、色んな土地のことを学んでみましょう!!

続きを読む


Google Maps APIの値上げ具合がヤバい!実質10~100倍の値上げ!個人で採算を得るのは厳しい!?[Google Maps Platform]

さきほど、「Webマップ+wikipedia自動連携ツール」ということで、新しいツールを公開しました。地図の表示位置に合わせて、その地名のwikipediaが自動で表示されるという便利ツールです。

コチラ、Yahooの地図APIを用いて作成しています。はい。本当はGoogle Mapを使いたかったんですけどね。表題の通り、あまりにもGoogle Maps APIが高くなるようなので、止めたんです。2018年6月11日から値上げです。高くなるといっても、ちょっと値上げどころの話じゃないです。10倍以上はね上がっています。たぶん、個人でGoogle Maps APIを使って、それなりのアクセスを集めると赤字にしかならないと思います。

今回はちょっと不満もこめて、Google Maps API(今度からGoogle Maps Platformというらしい)の値上げ具合を解説させて頂きます><

続きを読む



記事カテゴリ