10km1時間20分だった運動音痴が、高負荷トレーニング/データ分析/食事管理でどこまでランニング記録が伸ばせるか挑戦!ランニングやダイエット/健康に関する知識・グッズ等についてもまとめてます!!!
⇒ 本ブログの詳細/連絡先はコチラ!
⇒ 本ブログは複数テーマ(色)を持つ階層構造になってます!
ランTOP 自作ランツール ランシューズ ラングッズ GPS時計 心拍計 ラン知識/研究 栄養知識 おすすめ食品 ランシューズDB
  1. ホーム
  2. 〇ランニング
  3. グッズ等レビュー
  4. GARMIN/GPS時計関連
■注目記事一覧

ランニングシューズ データベース!メーカー/重さ/目標タイム別/ソールタイプなどで横断して検索可能!

スポーツ(GPS)ウォッチ データベース!各スポーツウォッチを仕様/機能ごとに一覧比較検討できます![GARMIN時計]

スポーツ心臓(安静時心拍数) 偏差値判定ツール!あなたの心臓の強さを判定します!

マラソンタイム予測ツール!最大酸素摂取量(VO2MAX)も計算 !

持久係数予測ツール!スピード型かスタミナ型か判定可能!(詳細なマラソンタイム予測も可能に)

アシックス ランニングシューズ徹底比較分析!(重量編)

10km走行データ分析まとめ! [速度とピッチ/歩幅/心拍/気温/接地時間/滞空時間/滞空移動距離/体重/体脂肪率等の関係をグラフ化]
 
スポンサーリンク
Twitter(更新情報)

スマートウォッチと同じWear OSを搭載するSUUNTO 7が1/31発売!スポーツウォッチとスマートウォッチの完全合体!

既存のスポーツウォッチの問題点:独自OSで独自アプリしか動かない!

自分はGarmin大好きで、2013年からランニングをするときには必ずGarminの時計を付けています。基本的にはGPSも正確で、必要な機能はついているので満足しています!
 
しかし、少しの不満があります。それは「通常のスマートウォッチと比べて、普段使いの使い勝手が劣ること」です。普通のスマートウォッチとはApple WatchとかAndroidウォッチのことを指します。そういったスマートウォッチは、スマホと連動してブラウザを表示したり、LINEなどのアプリを使ったり、音声メモを作れたり、色んなアプリを入れたり、たくさんのことが出来ます。

↓自分がスマートウォッチでブラウザ操作した時の動画。こんな感じで、小さな画面でwebも見れちゃうんです

しかし、スマートウォッチはどこのメーカーであれ、基本は独自OSです。なので、上記のような高度なことはできません。あくまで、スポーツをするための時計であり、純粋にGPSを測定するための機能とか、そういった点に重きがおかれた仕様になっているんです。
 
自分は2個時計をするわけにもいかないんで、せっかく買った上の動画のスマートウォッチは捨てて、GARMIN時計を常につけることを選びました。別に上記のような高機能を必ず求めているわけではないですが、、、GARMIN時計なども普段使いできることを売りにしてきているので、そのような機能もそろそろ使えるようになったら嬉しいですよね><

続きを読む


超朗報!Garmin Forerunner 945でついにデータ6項目表示が可能になりました!

12月末にきたGarmin Forerunner 945アップデート、、、驚きの超絶進化!

Garmin Forerunner 945、最近アップデートがありました。自分が気づいたのは12月29日ですね。システム設定から更新しはじめたので、かなり大きなアップデートだったんだと思います。
 
翌12月30日、42.2kmを久しぶりに走るために表示データフィールドをいじろうとしたんですが、、、そこで見えたのが↓の6分割の文字です。

続きを読む


GPS時計に頼りすぎてもダメだよねって話(GPS精度)

時計を見なくてもスピードがわかるアプリ作ったけど… 時々騙される

少し前に自分用のGPS時計を改良したことを記事にしていました。時計を見なくても、音とバイブで現在のスピードが10秒ごとでわかるという機能をつけたんです。そこまでは良かったんですが、、、スピードが常に正確にわかるようになったことで、「GarminのGPS時計の不正確さ」が時々でるのが感じれるようになってしまったんです。
 
その現象とは「表示されるスピードと、進んだ距離に差が出る場合。秒ごとのスピードとラップスピードとに差がでる場合がある」ことです。Garmin時計が持つ値の一つに「現在スピード」というものがあります。Garmin時計はこれを常に表示しているわけですが。これが進んだ距離と差がでることがあるんです。キロ4スピードでずっと維持してたのに、4分経ったのに進んだ距離は0.98キロとか。微妙にズレることがあります。キロ4(時速15キロ)スピードでずっと走ってたのに、1kmラップタイムは4:02とか。

↓にグラフはそのスピードの推移を表したものです。このグラフで見ると、2km~3kmの間は時速14.5キロでずっと走っているように見えますが、、、結果的に1kmを3:59で走れていたりします。時速15キロ以上で走らないとそのタイムにならないのに。うーん、、、

続きを読む


光学式心拍計で心拍数が謎低下していた⇒実は測定は正しかった

最近ずっと悩んでいたこと… 心拍数が全然上がらない><

最近、実はずっと悩んでいたことがあります。それは心拍数が全然上がらないということです。本気で走ってもあがらない。10km40分台で走っても上がらない。昨日なんて本気で走ったのに、平均心拍数169でした。夏場は180近辺が当たり前だったのに、、、運動強度90%以上で走ることを練習の目的としている自分としては、これは致命的な問題なんです。

さすがにこれはおかしいだろと思って、時計の装着具合とか密着させるようにしたりしたのですが、やっぱり解決されず、、、。昔、胸ベルトで計測してたときはちゃんと心拍数上がってたのに、、
 
で、最近思ってたんですよね。「自分超絶的な冷え性だけど、ちゃんと手まで血液届いてるのかな」って。で調べてみたんです。冷え性と光学式心拍計の関係、、、

引用:http://ashiter.com/?page_id=2752

続きを読む


Garminのバグに殺意… 高機能なモデルほどバグが発生する皮肉><

Garminのバグで10kmトライアルが途中中断… どうにか頑張って再開しましたが、ベストパフォーマンスにならず><

木曜日に10kmタイムトライアル走りました。3日に1回は走っているので特別というわけではないですが、1日の全てをここで出し切るという意気込みで本気で走っております。自分の中では、レースに相当するイベントです^^
 
しかし、今回Garminのバグによってその一人レースが中断となってしまいました。以前にコチラの記事でも書いていますがランニングアクティビティを開始しても0距離のまま進まないことがあるんですよね。なのにスピードは表示されるという意味不明状態。さらに、そのアクティビティを保存しようとすると、距離0なので下図のような画面で永久ループになるという嫌がらせ付きです(笑)


 
今回、このバグが起きていることを1.3kmぐらい経って気づきました。1キロ超えた時のラップ結果通知がなかったから気づいたんですが、時既に遅し。自分は最初と最期にダッシュするという走り方なので、最初の1kmで足の筋肉が疲労してしまい、辛い状態に><
 
なんとかそこから5分くらい休んで、Garmin時計を再起動して10kmトライアル再開しました。根性です。記録は41分44秒とそれなりの記録でしたが、最初止まらなけれ41分30秒も切れた気がします、、悔しい><

続きを読む



記事カテゴリ
自作ツール&アプリ
■Webツール(今すぐ利用可!)