10km1時間20分だった運動音痴が、高負荷トレーニング/データ分析/食事管理でどこまでランニング記録が伸ばせるか挑戦!ランニングやダイエット/健康に関する知識・グッズ等についてもまとめてます!
⇒ 本ブログの詳細/作者プロフィール/連絡先はコチラ!
⇒ 本ブログは複数のテーマ(色)を持った階層構造になってます!詳しくはコチラ!
ラン全般 自作ランツール ランシューズ ラングッズ GPS時計 心拍計 ラン知識/研究 栄養知識 おすすめ食品 ランシューズDB
■注目記事一覧

ランニングシューズ データベース!メーカー/重さ/目標タイム別/ソールタイプなどで横断して検索可能!

GARMIN ForeAthlete 935レビュー!前機種920XTJ,630Jとの比較も!

スポーツ心臓(安静時心拍数) 偏差値判定ツール!あなたの心臓の強さを判定します!

マラソンタイム予測ツール!最大酸素摂取量(VO2MAX)も計算 !

Lifesense(ライフセンス) Band2 レビュー!5,000円台で買える本格的心拍計/活動量計!

アシックス ランニングシューズ徹底比較分析!(重量編)

サブ3レベルシューズ比較レビュー!(ターサージール5、takumi sen boost2、ウエーブエンペラーJAPAN、ソーティ)
 

ずっと付けていなかったらGARMINの胸ベルト型心拍計が超不快になってしまった><

リハビリのために長期間胸ベルト心拍計をつけていなかったら・・・

 自分は走り始めた2013年からずっとGARMINのGPS時計を使用して、胸ベルトを使って心拍を計測するようにしていました。しかし、去年の12月に怪我をしてから胸ベルトをずっと付けていません。それは怪我をして、まともに走れなくなったから、心拍を本格的に計測できるほどスピードを出せなくなっていたからです。

 リハビリでちょっと走るだけなのに、胸ベルトをわざわざ装着するなんてしませんでした。特に、最近のGARMINの機種では腕で心拍を計測できるようになっているため、精度をそこまで気にしなければ、胸ベルトを装着する必要がないのです。

 そんな感じで、ずーっと胸ベルトを装着しないでいたのですが、、、本日ビックリするようなことが起きました。久々に胸ベルトを付けて、本格的に走り始めようと思ったのですが、、、、いつの間にか胸ベルトが苦しくなっていたんです!!

続きを読む


リハビリは次の段階へ!アディゼロジャパンブースト3を選択して正解でした!

以前の記録で、リハビリを1か月程度ゲルカヤノでおこなっていて、やっと時速12キロを超えて走れるようになったと書きました。最速だと時速15キロぐらいで走れるようになっていました。瞬間的ですけどね。他のシューズだと痛いんですが、ゲルカヤノなら走れたんです。さすがゲルカヤノ!

 ですが、さすがに重さ290グラムのシューズでずっと走っていたのでは進歩がありませんよね。怪我する前までは時速15キロぐらいで走れており、履いていたのはターサージールでした。重さは155グラム程度…ということは現在、約2倍の重さのシューズを履いているわけで、、、、

 それではまずい!ということで、少しずつシューズの重さを軽くしようと考えております。いきなりターサージールにしようと頑張ったんですが、やっぱり急には痛いのです。そこで、色々シューズを試したのですが、、、どうやらアディゼロジャパンブースト3が良さげな感じです!

続きを読む


ゲルカヤノで時速15キロ(瞬間)!やっぱり心臓を傷めつけるのは楽しい!

リハビリ記録の続きです。9月から走り始めて、時速7キロぐらいからノロノロと走り始めていました。左足の怪我もあり、時速10キロ(キロ6)ペースでもかなり足がきつくなる状態であり、まともに高速に走るなんて無理な状態でした。なので、自分の大好きな心臓を鍛えるために、心拍に負荷を与えることはできませんでした。

しかし、だんだんと速くなっていって…本日瞬間的ですが時速15キロになり、心臓に負荷をあたえることが可能になりました!そもそも全盛期でもゲルカヤノでは時速12キロ程度しかだせなかったので、、、すごい成長だと思っています!

続きを読む


忙しくて週3日しか走れないけど…回復は順調!ゲルカヤノ24はすごい!

一応、ランニングに関してのリハビリ記録です。9月末になりましたので、現状報告をしようと思います。一度6月から走り始めて、痛みを感じて挫折しています。そこから、9月前半からもう一度走り始めてますが、、今度は順調です!それは、「ゆっくり回復する」という精神が身についたからかもしれません。

その「前回」と「今回」の差を記述し、なぜ前回は失敗してしまったのか振り返りを行おうと思います。

続きを読む


実は怪我は治ってる?足の痛みがあっても、安静療法がいいとは限らない説。

 去年の12月に左足に急に痛みが走り、そこからずっと怪我を治すために安静療法を続けてきました。そして、若干良くなったにせよ、まだ速く走ると足が痛くなってきていました。これはまだまだ治ってないのではないか…ずっとそう思ってきました。

 しかし、最近「実は少し足の痛みがあっても治っているのではないか説」が浮上してきました。正確にいうと、怪我ではなく、安静療法による筋肉の衰えによって痛みが発生している可能性があります。だとすれば、むしろ安静療法ではなく、もっと走ったほうがいいんです。ちょっとそのあたりの自分の状況を記録しておきます。

続きを読む



記事カテゴリ
自作ツール&アプリ
■Webツール(今すぐ利用可!)