ランニング/ダイエット/ブログ運用/自作webツールなど、様々なジャンルを取り扱うブログです!!
⇒ 本ブログの詳細/連絡先はコチラ!
学問/勉強 ランニング web技術 自作webツール 統計データ分析 ダイエット GIFアニメ素材 年表/歴史まとめ
  1. ホーム
■注目記事一覧

マラソンタイム予測ツール、どんな距離タイムからも判定可!

統計学/確率入門:偏差値とは何か?をシミュレーターを用いて詳しく解説!

デジハリのAdobe講座がやばすぎる!Adobe Creative Cloudが45%オフで購入可!

心拍数でスポーツ心臓かどうか判定してみよう!

都道府県ランキングチェックツール!444項目の県別ランキング!

アシックスランニングシューズ比較記事!

本サイトの「サイコロ シミュレーター」が熊本の特別教育テレビ授業で使われました!
 
スポンサーリンク
Twitter(更新情報)

「コンデンサーの原理」をシミュレーションで理解しよう![物理入門]

「コンデンサーの原理」について学ぼう!

前回の記事で「無限に広がる平板」における一様電界について解説しました。今回はその考え方を発展させて「コンデンサの原理」について解説します!

続きを読む


余命(〇〇年後に死亡している確率)/各年齢での死亡確率 判定,グラフ化ツール



[更新内容] 判定結果を、出力結果とグラフ画像でツイート共有(記録)出来るようにしました!

10年以内に死亡する確率、ご存知ですか?いくら若くても0%ではないんです!

少し煽り的なタイトルですが、余命に関するお話をさせて下さい。あなたはどの程度の余命が残っているのかを意識していますか?また、どの程度の確率で10年以内に突然死亡するか意識していますか?20代だからといって、死ぬ確率が0%ということはありません。何かで突然死んだりすることはあるんですよね。

そんな死に関する暗いことを考えてもしょうがないじゃないか、と思う方がいるかもしれませんが、死亡する可能性を考えることは重要なことです。世界に残る名言の一つに「あなたがなんとなく過ごした今日は昨日誰かがあれほど生きたいと願った明日」という言葉があります。日々なんとなく過ごしがちですが、生きている時間は限られていると意識することで、人生を無駄なく、より良く生きられるようになることもあるんです。

そこで健康に関するツールの一つとして、年齢/性別を入力することにより、あと平均してあと何年生きられそうなのか、そして〇〇年で死亡する確率する可能性がどれぐらいになるのかをグラフ化するツールを作ってみました。

続きを読む


余命カウントダウンタイマー。死亡推定年/日時と残された時間/日数(余命)をリアルタイムに表示します。



[更新内容] 判定結果を、出力結果とグラフ画像でツイート共有(記録)出来るようにしました!

国の平均寿命表から、あなたの余命(死亡推定年/日時)を予測し、正確にカウントダウン寿命タイマーとして表示します。

少し煽り的なタイトルですが、余命に関するお話をさせて下さい。あなたはどの程度の余命が残っているのかを意識していますか?普段の生活の中であまり意識することがないことですよね。そんな死に関する暗いことを考えてもしょうがないじゃないか、と思う方がいるかもしれません。しかし、残された時間や死亡推定年/日時を日々意識することで、より時間を大切にして、より良く生きることができると思うのです。

そこで命の貴重さを実感するツールの一つとして、誕生日/性別を入力することにより、余命カウントダウンタイマーを表示するツールを作りました。国の平均寿命表から計算して作成していますので、平均余命としてはかなり正確な値を示しているはずです。

  • 推定死亡時刻は日時が経つにつれ、僅かにですが延びていきます。それは、その間生きていられたことにより、長く生きられる確率が高まっていくためです。

続きを読む


「複雑な電気回路」をキルヒホッフの法則を用いて解く!シミュレーションで理解しよう![物理入門]

「キルヒホッフの第2法則」をシミュレーターで学ぼう!

前回記事で説明したオームの法則を用いて、様々な電気回路をシミュレート/解説していきます。

今回は前回のキルヒホッフの第1法則に続いて、「キルヒホッフの第2法則」についてのシミュレーターです!

続きを読む


「キルヒホッフの第2法則」が成り立つことをシミュレーションで理解しよう![物理入門]

「キルヒホッフの第2法則」をシミュレーターで学ぼう!

前回記事で説明したオームの法則を用いて、様々な電気回路をシミュレート/解説していきます。

今回は前回のキルヒホッフの第1法則に続いて、「キルヒホッフの第2法則」についてのシミュレーターです!

続きを読む



記事カテゴリ