10km1時間20分だった運動音痴が、高負荷トレーニング/データ分析/食事管理でどこまでランニング記録が伸ばせるか挑戦!ランニングやダイエット/健康に関する知識・グッズ等についてもまとめてます!!!
⇒ 本ブログの詳細/制作者プロフィール/連絡先/現在の行動状況はコチラ!
⇒ 本ブログは複数のテーマ(色)を持った階層構造になってます!詳しくはコチラ!
ラン全般 自作ランツール ランシューズ ラングッズ GPS時計 心拍計 ラン知識/研究 栄養知識 おすすめ食品 ランシューズDB
  1. ホーム
  2. 東京マラソン2019 チャリティー参加受付は7月2日(月)10時から!昨年はわずか8日で定員に!実質6万円で、確実に出場できます!
■注目記事一覧

ランニングシューズ データベース!メーカー/重さ/目標タイム別/ソールタイプなどで横断して検索可能!

スポーツ(GPS)ウォッチ データベース!各スポーツウォッチを仕様/機能ごとに一覧比較検討できます![GARMIN時計]

スポーツ心臓(安静時心拍数) 偏差値判定ツール!あなたの心臓の強さを判定します!

マラソンタイム予測ツール!最大酸素摂取量(VO2MAX)も計算 !

持久係数予測ツール!スピード型かスタミナ型か判定可能!(詳細なマラソンタイム予測も可能に)

アシックス ランニングシューズ徹底比較分析!(重量編)

持久係数予測ツール!スピード型かスタミナ型か判定可能!(詳細なマラソンタイム予測も可能に)
 

東京マラソン2019 チャリティー参加受付は7月2日(月)10時から!昨年はわずか8日で定員に!実質6万円で、確実に出場できます!

東京マラソン2019のチャリティー枠応募が7月2日から始まります!

表題の通りですが、東京マラソン2019 チャリティー参加受付が7月2日(月)から始まります!東京マラソンのページに、下図のように応募に関する情報が出てきています。

東京マラソン2019は3月3日の開催です。それに対して、チャリティーの応募は7月2日(月)から始まります。応募の仕方は、昨年とあまり変わらないようです。昨年、応募した時の流れは、コチラで記事にしていますので、是非ご参照下さい。基本的には下図のような、自分+サポーターの寄付合計額が10万円を超えると、東京マラソンに確実に参加できる仕組みになっています。

↓去年の応募方法。一応、本人だけでなく、サポーター含めて10万円を超えれば参加できるという制度になっています。

後述しますが、この寄付10万円のうち、4万円は確定申告をすれば返ってきます。ですので、実質6万円で東京マラソンに確実に参加できる権利が得られるといって良いかと思います。普通に応募すると、10倍以上なので、人によってはお得と感じるかと思います!是非、確実に参加を狙っている方は7月2日(月)に向けて準備しましょう!

今年も自分はこの枠で寄付して応募する予定です。昨年の自分は、怪我で結局参加できず、還付4万円も受けられないという悲しい事になりました。今年はちゃんと準備して、確実に参加したいと思っています^^

チャリティー枠出場は早いもの勝ちの時代へ!昨年は8日で定員に達したようです!準備をしておこう!

東京マラソンの寄付制度ですが、だんだんとチャリティー文化が広まってきているようです。昔は「金持ち出場枠」みたいに言われおり、チャリティー枠も3000人の定員に達しないことが多かったようです。しかし、数年前からチャリティーの文化の浸透により、毎年定年に達しているようです。

↓コチラのグラフのように、毎年寄付者が増加してきています。最近は定員3000人に達していますね。

特に去年はすごいです。コチラの産経新聞のニュースによると、応募開始から8日で定員4000人に達したようです!すごい!もうチャリティー枠も、早いもの勝ちで奪い合いの状況になってきているようです!7月2日(月)は戦いの日になりそうですね。予想ですが、今年は5日ぐらいで定員になりそうな気がします。

ちなみに今年は月曜日からの応募開始です!去年は土曜日からだったのに…。たぶん集中的なアクセスを避けるためでしょうね。応募開始時刻は、去年と同じなら、10時からの開始です。今年はどうなるかわかりませんが、10時からお昼にかけて準備を整えておいたほうが良いかと思います。結構記入事項多いので、10分以上はかかるかと。仕事をサボるのはやめましょうね(笑)

チャリティー額は10万円ですが、確定申告をすれば4万円程度戻ってきます!(寄付先注意!)

東京マラソンのチャリティー必要額は10万円です。でも、実質は6万円で参加できます!それは、確定申告で約40%が返還されるからです!詳しくは、コチラの記事をご参照頂きたいですが、基本的には下記の額が返還さえると思って下さい。

(認定NPO法人等に対する寄附金の額の合計額-2千円)×40%=(寄附金特別控除額)

これは簡単にいうと、寄付した額の4割が戻ってくるということです!10万円寄付していたなら、4万円戻ってきます。正確にいうと、2000円引くので98,000✕40%=39200円ですね。実質6万円で、確実に東京マラソンの参加券が得られます。

ただし、コチラの記事にある通り、寄付先に注意して下さい。寄付先によっては、「認定NPO法人」になっていません。つまり、税金の還付が受けられないんです!(去年の自分はここで失敗してしまいました)

ですので、チャリティー応募を予定している方は、スムーズに登録できるように、事前に寄付先を決めておいたほうが良いです。コチラの公式HPの寄付先一覧から、チャリティー先で寄付金の控除ができるのかを確認しておいたほうが良いです。

↓去年の寄付先注意事項。コチラのリストにある寄付先は大丈夫ですね。

今後の目標:毎年、東京マラソンにチャリティー枠で出場し続ける!

自分の今後の目標として、この東京マラソン大会には来年から、毎年出たいなあという思いが芽生えてきました。やっぱり、走るのを趣味にしているんだから、毎年有名な大会には出たいという気持ちがあります。そして、お爺さんになるまで連続で出続けたいなあという思いが芽生えてきました。

何より、この東京のコースが大好きなんです。それは下図のように、東京中走り回っているからです。

これだけ東京中走り込んできているので、わかるんです。いかにこのコースが走りやすいか、記録が出やすいかが。東京のこの走行ルートはほぼ平坦でずっと真っ直ぐ。信号さえなければ、どこも走りやすいコースだと熟知しています。だとすれば、下手によくわからない大会に応募しまくるより、この東京マラソンにだけ出場し続けた方が良いと考えています。

昨年は足を痛めていて10km走が限界でしたが、今年はさすがに参加できるんじゃないかなと思っています。今年は今の時点で21.1km走れてます。順調に回復すれば、フルマラソン完走は大丈夫なはず。だいぶ足が回復してきていますし、昨年のように走る前から諦めたくはないです。

それにチャリティーで毎年困っている人に貢献できるなら、一石二鳥かと。自分の支払う額は6万円なのに、実際は10万円貢献できるなんて最高です!

ということで、7月2日、忘れずに速く申し込みをしたいと思っています!といっても、月曜日で平日なんで、去年のように速攻申し込むのは無理そうですが…  まあ、7月2日中に申し込めば大丈夫だと思います!

[2018/06/30追記]
東京マラソン2019のサイトが公開されたようです!やっぱり申し込みは7月2日(月)10時からです!平日の10時からなので、急激には混まないかもしれませんね!

https://www.runwithheart.jp/

[注目!] ランニングシューズDB出来ました!重さ/価格順でメーカー/目標タイム別/ソールタイプごとにシューズを一覧で見られます!(詳細はリンク先で!)
↓こちらから直接シューズ検索できます!
メーカー:
目標レベル:
重さ:

[関連コンテンツ]




お気軽にコメントお願いします!

Your email address will not be published.




記事カテゴリ
自作ツール&アプリ
■Webツール(今すぐ利用可!)