10km1時間20分だった運動音痴が、高負荷トレーニング/データ分析/食事管理でどこまでランニング記録が伸ばせるか挑戦!ランニングやダイエット/健康に関する知識・グッズ等についてもまとめてます!!!
⇒ 本ブログの詳細/連絡先はコチラ!
⇒ 本ブログは複数テーマ(色)を持つ階層構造になってます!
ランTOP 自作ランツール ランシューズ ラングッズ GPS時計 心拍計 ラン知識/研究 栄養知識 おすすめ食品 ランシューズDB
  1. ホーム
  2. 〇ランニング
  3. その他
  4. 雑記(その他話題)
  5. ポケモンGOと東京都心走破マップと将来の地図ゲームについて! やっぱり地図ゲームは面白い!
■注目記事一覧

全ランニングシューズメーカーの特徴まとめ!

心拍数でスポーツ心臓かどうか判定してみよう!

ランニングウォッチDB!機能ごとに検索可能!

10km走行データ分析してみた! [速度とピッチ/歩幅/心拍/気温/接地時間等]

ターサージール6レビュー!

アシックスランニングシューズ比較記事!

時給係数予測ツール!スピード型か、スタミナ型か判定できます!
 
スポンサーリンク
Twitter(更新情報)

ポケモンGOと東京都心走破マップと将来の地図ゲームについて! やっぱり地図ゲームは面白い!

ポケモンGOをプレイしていて、思ったことが一つあります。
「あれ、これって東京都心走破活動に似てない?」ということです。
じぶんは個人の目標として、東京の主要な道を走破するという、「東京都心走破計画」を掲げ、日々鍛錬しています。この、東京都心走破計画はとにかく東京の道を重複せずに走行
していくことが重要なのですが、この要素がとてもポケモンGOと似ているのではと感じたんです!

東京都心走破計画について

長距離ランニングをするようになって思うことが多々ありました。
それは、「都心って意外と狭い!」ってことです。
自分は川崎駅周辺に住んでますが、22kmほどあれば秋葉原でも新宿でも行けてしまいます。
さらにいうと、2015年2月に東京都心周辺を走る環七道路(環状七号線)
を走破してしまいました。

そこから、「あれ、もしかしたら東京都心全部走破することって長期的には可能なんじゃない?」と思うようになりました。そして、その結果が下記のマップです。これは紫色の線で走った経路を示しています。この紫色で都心の主要な道路を満たしてしまおう!というのが、この計画の目的です。ある意味で、一人GPSゲームみたいな形で進めていることです。

ポケモンGOも「新しい場所」を探すゲームです!

今回、ポケモンGOを使って50km歩行などしていて思ったことは、この東京都心走破計画と「新しい道/スポットを見つける」というところがすごく似ている!ということです。ポケモンGOは新しいモンスターやポケストップを探すために、とにかくいろんなところに行くことが重要です。また、どこに行こうか計画することが楽しいんですね。ピカチュウは新宿御苑にいるとか、上野公園にレアポケモンがいっぱいいるとか、そういう情報をもとに計画を練ります。これは、東京都心走破でも一緒で、どこから紫色に塗りつぶそうかと考えて計画することが本当に楽しいんです。
「走る」と「歩く」という大きな違いや、ポケモンGOでは「スポット(ポケストップ)」が重要という違いがありますが、この新しい道を探るというところは非常に似ているのではと思ってます!
Screenshot_20160724-202136.jpg

もっともっと地図ゲームが流行ってほしい!地図の楽しさをわかってほしい!

このポケモンGOと東京都心走破計画の共通点は、GPSを利用して地図でゲームを楽しむというところかと思ってます!
この「地図を使う」というところがミソだと思うんです。地図というのは、私たち人間が生活している暮らしに根付いたもので、各土地の名前はみんなが馴染みのあるものとなっています。そして、各土地にはそれぞれのイメージがあります。例えば秋葉原、新宿、六本木等、、、それぞれまったく違うイメージがありますよね!
そして、その地図上でゲームが展開できれば、それぞれの土地のイメージとゲームが重なり合い、相乗効果で非常に楽しいゲームとなると思うんです!
「誰も知らないゲーム内の仮想的な土地」より、「皆が暮らしているリアルな土地」のほうがゲームとして楽しくなれると思うんです!そういった場所で「新しい道(スポット)を探す!」という冒険が出来たら、絶対に楽しいはずなんですよね!
全画面キャプチャ 20160312 102532

最高の地図ゲームはGoogle Earthを利用したもの!

そんな中で、将来的にでてくる地図ゲームは
Google Earthに絡んだものなんじゃないかなって思ってます。Google Earthは下記のように、うまく使うと、今まで走ったルートを
3次元画面上でキレイに表示できたりしてます。ですので、Google Earthを旅しているだけでも楽しくなってきます。最高の「地図」だと思います。そんなGoogle Earthを使ったゲームが将来的にはでてくるんじゃないかなって思ってます。特に最近ではVR技術が流行ってきていますので、それとGoogle Earthの3Dを組み合わせた地図ゲームが将来的には出てくるんじゃないかなって予想してます!
[レインボーブリッジを走行したときの走行履歴]
r1odai6.jpg
ということで、本ブログでは今後とも面白そうな地図ゲームを紹介していきたいと思っています!また、紹介した走行履歴マップの作り方は、こちらのページで説明していますので、参考にしてみて下さい!自分だけの地図をつくるのは、本当に楽しいですよ!


⇒「雑記(その他話題)」カテゴリ記事一覧

その他関連カテゴリ

[関連コンテンツ]




お気軽にコメントお願いします!

Your email address will not be published.




記事カテゴリ
自作ツール&アプリ
■Webツール(今すぐ利用可!)