10km1時間20分だった運動音痴が、高負荷トレーニング/データ分析/食事管理でどこまでランニング記録が伸ばせるか挑戦!ランニングやダイエット/健康に関する知識・グッズ等についてもまとめてます!!!
⇒ 本ブログの詳細/連絡先はコチラ!
⇒ 本ブログは複数テーマ(色)を持つ階層構造になってます!
ランTOP 自作ランツール ランシューズ ラングッズ GPS時計 心拍計 ラン知識/研究 栄養知識 おすすめ食品 ランシューズDB
  1. ホーム
  2. 〇ランニング
  3. グッズ等レビュー
  4. ランニングシューズ
  5. アシックス ランニングシューズ徹底比較分析!(クッション性,硬度編)
■注目記事一覧

ターサージール6レビュー!

ランニングウォッチDB!機能ごとに検索可能!

全ランニングシューズメーカーの特徴まとめ!

10km走行データ分析してみた! [速度とピッチ/歩幅/心拍/気温/接地時間等]

マラソンタイム予測ツール、どんな距離タイムからも判定可!

時給係数予測ツール!スピード型か、スタミナ型か判定できます!

心拍数でスポーツ心臓かどうか判定してみよう!
 
スポンサーリンク
Twitter(更新情報)

アシックス ランニングシューズ徹底比較分析!(クッション性,硬度編)

定量的にアシックス ランニングシューズを比較分析!(第3回)

一回目、各ランニングシューズの重量比較を行いました。そして2回目にソールの厚みの比較をしました。今回は、クッション性,硬度を分析比較してみたいと思います。
比較シューズ:ゲルカヤノ/ ターサージール1,2,3/ ソーティマジック ライズ,LT,SS
(ほとんど上級者向けシューズですが、ライトレーサーやゲルフェザーなども持ってますので、要望あればやります)
20151026_194535.jpg

アシックス ランニングシューズ比較(全4回) :他記事もチェックしてみて下さい!
1.アシックス ランニングシューズ徹底比較分析!(重量編)
2.アシックス ランニングシューズ徹底比較分析!(ソールの厚さ編)
3.アシックス ランニングシューズ徹底比較分析!(クッション性,硬度編) :今回
4.アシックス ランニングシューズ徹底比較分析!(柔軟性,屈曲性編)
5.ランニングシューズの性能を決める8要素とは!?

各アシックス ランニングシューズのクッション性,硬度

ソールのクッション性、硬度をこの秘密兵器{筋肉硬度計)で計測します。詳しくはリンク先に記述していますが、簡単に言うと、固さを数値化するものです。0から100で表し、高くなるほど固い、クッション性のない物と言えます。人の脂肪が10、筋肉が20~40、地面が最大の100といった値になります。測定の仕方として、何回か測定して一番固い部分の値を採用してます。装置自体がブレが大きいので、あくまで参考値として下さい。
20150117_121324.jpg

ゲルカヤノ(GEL-KAYANO)15

    ⇒レビュー記事はコチラ!
まずはゲルカヤノです。初心者向けのランニングシューズとして有名。厚いゲルクッションがあり、重さは355.5グラムと重量級です。
20150117_120151.jpg
結果:51
やっぱりゲルの力とゲルの厚さがあるからか、圧倒的に一番クッション性が高いという判定になりました。伊達じゃないですね。

ターサージール1(TARTHERZEAL)

次にターサージールです。いきなり上級者向け。
やっぱりゲルカヤノと比べると薄くなります。重量は175グラム。
20150117_120349.jpg
結果:64
やっぱり、ゲルカヤノと比べると、非常に硬いみたいですね。

ターサージール2ワイド(TARTHERZEAL 2 WIDE)

    ⇒レビュー記事はコチラ!
次にターサージール2です。ワイドモデルですが、クッション性や柔軟性には関係ないでしょうね。重量は164グラム。
20150117_115915.jpg
結果:66
ターサージールよりも少し固くなっているという判定。誤差でしょうか。

ターサージール3(TARTHERZEAL 3)

    ⇒レビュー記事はコチラ!
次にターサージール3です。
個人的に最強シューズです。重量は154グラムとターサージール2より圧倒的進化をとげています。ではクッション性は、、
20150117_121211.jpg
結果:65
ターサージール1,2とほぼ変わらないですね。やっぱり軽くてもクッション性は保っています。

ターサージール4(TARTHERZEAL 4)

    ⇒レビュー記事はコチラ!
次に最新のターサージール4です。
重さはターサージール3より重くなっていますが、どうでしょうか。クッション性は、、
20151026_194535.jpg
結果:65
ターサージール1,2,3とほぼ変わらないです。ただし、これは踵部分で計っているからで、前足部分は少し違うと思ってます。前足部分はかなり反発性があがり、クッション性が下がっている印象を受けています。現在検証中ですが、わかり次第ここにも記述します。

ターサージール5(TARTHERZEAL 5)

    ⇒レビュー記事はコチラ!
次に最新のターサージール5です!最速レビューさせてもらいましたが、Flyte Foamの採用により、シリーズ最軽量を実現しています!そのクッション性は、、、54!? あれ、今までのシリーズよりもだいぶ柔らかくなっている!?ここはもう少し調査しますが、ソールの素材が変わったからなのではと思ってます。
20161103_073046.jpg
結果:54

ソーティマジックライズ(SORTIE MAGIC RISE )

次にソーティマジックライズです。ソーティの前モデルです。オーバープロネーション用のため、外側と内側で厚さが結構違います。重量は153グラムです。
20150117_185037.jpg
結果:70
ターサージール(65)よりもクッション性が低いですね。クッション量が少ないのでやむを得ない?

ソーティマジックLT(SORTIE MAGIC LT )

次にソーティマジックLTです。ソーティの入門用のモデル。でも、下記の結果を見て下さい。これやっぱりすごい上級者向けですよ!そもそも重量146グラムですし、、
20150117_120513.jpg
結果:71
やっぱり、ソールが薄いだけあって、クッション性が低いという判定になりました。やっぱりこれだけ軽いときついですね。

ソーティマジックSS(SORTIE MAGIC SS )

次にソーティマジックSSです。最上級者モデルです。反発性をとにかく重視しており、最低限のクッションしか積んでいないです。まあ、薄いのはわかりますよね。重量は162.5グラムと他のソーティより少し重め。
20150117_115812.jpg
結果:71
もちろんこれも、クッション性が低いという判定になりました。まあ、これはそれが売りですからね。

クッション性,硬度比較まとめ

前回のソールの厚み比較とほぼ一致するような結果となりました。やっぱり、靴の厚みよりも、ソールの厚みとその素材が重要なようですね。ターサージールはゲルカヤノと比べると落ちますが、軽くてもそれなりのクッション性を保っているようです。

アシックス ランニングシューズ比較記事一覧

いよいよ次回最後、ランニングシューズの柔軟性を比較検証したいと思います!

アシックス ランニングシューズ比較+α :他記事もチェックしてみて下さい!
1.アシックス ランニングシューズ徹底比較分析!(重量編)
2.アシックス ランニングシューズ徹底比較分析!(ソールの厚さ編)
3.アシックス ランニングシューズ徹底比較分析!(クッション性,硬度編) :今回
4.アシックス ランニングシューズ徹底比較分析!(柔軟性,屈曲性編)
5.ランニングシューズの性能を決める8要素とは!?


⇒「ランニングシューズ」カテゴリ記事一覧

その他関連カテゴリ

[関連コンテンツ]



コメント: 1 件の意見
  • pennamesun says:

    SECRET: 0
    PASS: f97aeef1ee67b7e859f8971ee3d2acf1
    「一番固い所」の数値との事ですが、シューズによって測定部位が異なるのですか?いずれにせよ踵付近の数値ですか?
    ターサーも踵にゲル内臓なので、踵の真ん中、等、測定点を統一・明示しないと有効な比較にならないと思います。


お気軽にコメントお願いします!

Your email address will not be published.




記事カテゴリ
自作ツール&アプリ
■Webツール(今すぐ利用可!)