10km1時間20分だった運動音痴が、高負荷トレーニング/データ分析/食事管理でどこまでランニング記録が伸ばせるか挑戦!ランニングやダイエット/健康に関する知識・グッズ等についてもまとめてます!
本ブログは複数のテーマ(色)を持った階層構造になってます!詳しくはコチラ!
ラン全般 自作ランツール ランシューズ ラングッズ GPS時計 心拍計 ラン知識/研究 栄養知識 おすすめ食品 ランシューズDB
■注目記事一覧

ランニングシューズ データベース!メーカー/重さ/目標タイム別/ソールタイプなどで横断して検索可能!

GARMIN ForeAthlete 935レビュー!前機種920XTJ,630Jとの比較も!

スポーツ心臓(安静時心拍数) 偏差値判定ツール!あなたの心臓の強さを判定します!

マラソンタイム予測ツール!最大酸素摂取量(VO2MAX)も計算 !

目標ストライド/ピッチ確認ツール!目標速度から必要なストライド(歩幅)/ピッチ(歩数)を確認可能!

アシックス ランニングシューズ徹底比較分析!(重量編)

サブ3レベルシューズ比較レビュー!(ターサージール5、takumi sen boost2、ウエーブエンペラーJAPAN、ソーティ)
 

新モデル adizero takumi sen boost2 レビュー! 脅威のクッション性とグリップ性に2年ぶりの衝撃!

長年ターサージールを履いてきましたが、ターサージール4があまり自分の好みでなく、色んなシューズを模索中。
その中で、気になったのがこのadizero takumi sen boost2です。実はadizero takumi senも以前購入していました。しかし、そのときは圧倒的にターサージールが良いという印象で、お蔵入りとなりました(笑)また、adizero boostも購入していましたのですが、こちらは220gとターサージールの150gと比べると重く、ちょっと使えないなあという印象でした。
その中で、先日発売されたadizero takumi sen boost2はその二つの良いとこどりになっているようで、、、即効購入して試してみました。結果からいうと、、、ものすごい良いです!ターサージールを初めて見つけたときから、2年ぶりの衝撃です!

⇒ 新モデル adizero takumi sen boost3が発売となりました!こちらのページで早速レビューしています!


↓各社のサブ3レベルのシューズをレビューしてます。合わせて是非!

adizero takumi sen boost2 概観!

adizero takumi sen boost2の外観は下記の通りです。自分が購入したのは緑色のもの。というかそれしか有りませんでした。緑色嫌いなので、黒が良かったですね、、、(笑)
20160125_185252.jpg
一応、アディダスのランニングシューズのラインナップの中では最上級のものです。サブスリー向けとのことですが、サブスリー目指している人向けでもあると思うので、一応自分も履かせて頂きます!(^^)!
全画面キャプチャ 20160125 204213

adizero takumi sen boost2の特徴!

adizero takumi sen boost2は下記の3つの特徴があるそうです。結論からいうと、、、、どれもただの宣伝文句でなく、本当のことです。
まずフィット性。特殊な生地を使っているそうです。
全画面キャプチャ 20160125 204946
次の2つ目がBOOSTによるクッション性、反発力ですね。これはBOOSTがアディダスのブランド化しているとおり、非常に魅力的なものです。
全画面キャプチャ 20160125 204950
3つ目がグリップ性です。正直これが、、、すごすぎました。
全画面キャプチャ 20160125 204953

adizero takumi sen boost2の重量

それでは、adizero takumi sen boost2の重量について。計測結果は下記の通り、158.6g程度になりました(25.5cm)。ただし、もう一足は160.0gとなりましたよ。ターサージールと同等ぐらい軽いですね!
20160125_184921.jpg
参考のために、アシックスの同等製品となるターサージールの重さも記述しておきます。

参考:ターサージール3  こちらのほうが4g程度軽いですね。
20141109_212617.jpg
参考:ターサージール4  こちらの最新ターサージールとは同等でしょうか。
20151026_190416.jpg

驚くべきソールの構成!

それでは次にはadizero takumi sen boost2 のソールの薄さについてです。各計測結果の意味の詳細や、他のシューズとの比較については、コチラのページをご覧くださいませ!(^^)!
20160125_185252.jpg
結果
前足部[前]:1.5cm
前足部[後]:2.1cm
後足部:2.1cm
踵部:2.2cm

これってすごいんです!ほとんど前足部から踵部まで同じような厚さになっているんです!アシックスのシューズではほとんどが前足部が薄くなっています。参考のために、ターサージール4のデータをのせます。
参考:ターサージール4
20151026_194906-001.jpg
結果
前足部[前]:1.5cm
前足部[後]:1.6cm
後足部:2.3cm
踵部:2.6cm

全く違いますよね?同じランニングシューズなのにここまで違うとは、、、こちらがわかりやすくするために撮影したターサージールとの比較です。見にくいですが、緑色部分も一部ソールなので注意して下さい。adizero takumi sen boost2 が平坦なのがわかるでしょうか?
20160125_185538-001.jpg
この特徴的なソールがBOOSTなのかなあと思います。実際これが効いてくるんですよね、、、

adizero takumi sen boost2の走行感想

とりあえず、adizero takumi sen boost2を使用して10km走りました。その感想は、、、すごすぎます!ここまですごいと思ったのは、2年ぶりです。なにがすごいのかというのを1つ1つ説明していきます。

恐ろしいフィット感

これは実際履いてみると感じます。ものすごいフィットします。すごい締め付け具合なんです。逆にいうと、あまりあそびがない感じ。人によってはきつく感じるかもしれませんね。
20160125_185046.jpg

2) 160gとは思えないクッション性/安定性

やっぱりBOOSTです。本当に他の靴とは違います。クッション性が半端ないです。とても160gの靴を履いているとは思えないです。悪く言えば過保護二思えるくらいです。そして、常に感じるのは「何かの上にのって走っている」感です。あきらかに他のシューズとは違う変な感触を感じます。ターサージールの自然さとは大違いであり、好みわかれるかと思います。

3)adizero takumi sen boost2は恐ろしいグリップ性能!

そして、一番驚いたのがadizero takumi sen boost2のスーパーグリップ性能です。本当に地面をつかんで走っているか如くの印象です。力が地面に伝わっているのがわかりました。adizero takumi sen boost2で走った直後にターサージール3で走行したのですが、、、なんかグリップがスカスカに感じました。前足で地面をけらないと力が伝わらない感じ。
adizero takumi sen boost2はそれがなく、足裏全体で力を伝えることができます。その秘密はソールの下面をみれば一目瞭然でした。
[左がadizero takumi sen boost2、右がターサージール3]
20160125_185608.jpg
adizero takumi sen boost2は足全体に突起があり、力が伝えられるようになっています。さらに、フラットソールではありませんが、足全体が一体になっているような構造になっています。
これにより、前足だけではなく、足全体でグリップすることができるので、非常にミドルフットの方や、ピッチ走法の方にむいている気がしました。前足で蹴らなくても、力が地面に伝えられるからです。これは本当に素晴らしいです!

結論: adizero takumi sen boost2はターサージールに唯一対抗できる存在に!

結論ですが、 adizero takumi sen boost2はターサージールとは全く違う印象をもったシューズになるかなと思います。ターサージールは軽さを最重視させて自然な反発/グリップを求めた靴であり、言ってしまうと、「履いていない感」が強い印象です。良くも悪くも。
しかし、こちらはグリップ性能を最大まで向上させて、特殊なクッションで性能を高めた印象があり、「何かの上にのって走っている」感が強いです。かなり特殊なため、好みが分かれるかと思います。
ですので、要所要所で選択して使っていけたらと思います。とりうあえず2年ぐらいターサージールの無双状態でしたが、このadizero takumi sen boost2で2トップ状態になった木がします。しばらくはadizero takumi sen boost2を使ってみて、慣れていきたいと思います。慣れてきたらまた、レビュー追加します。

⇒ 新モデル adizero takumi sen boost3が発売となりました!こちらのページで早速レビューしています!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



自作ツール&アプリ
■Webツール(今すぐ利用可!)