10km1時間20分だった運動音痴が、高負荷トレーニング/データ分析/食事管理でどこまでランニング記録が伸ばせるか挑戦!ランニングやダイエット/健康に関する知識・グッズ等についてもまとめてます!!!
⇒ 本ブログの詳細/連絡先はコチラ!
⇒ 本ブログは複数テーマ(色)を持つ階層構造になってます!
ランTOP 自作ランツール ランシューズ ラングッズ GPS時計 心拍計 ラン知識/研究 栄養知識 おすすめ食品 ランシューズDB
  1. ホーム
  2. 〇ランニング
  3. グッズ等レビュー
  4. ランニングシューズ
  5. ソーティマジックRP2 レビュー!反発力至上主義の最速シューズ!
■注目記事一覧

心拍数でスポーツ心臓かどうか判定してみよう!

シューズを重さ/メーカー順に検索可!ランニングシューズDB!

ターサージール6レビュー!

時給係数予測ツール!スピード型か、スタミナ型か判定できます!

マラソンタイム予測ツール、どんな距離タイムからも判定可!

アシックスランニングシューズ比較記事!

ランニングウォッチDB!機能ごとに検索可能!
 
スポンサーリンク
Twitter(更新情報)

ソーティマジックRP2 レビュー!反発力至上主義の最速シューズ!

長年ターサージールを履いてきましたが、ターサージール4があまり自分の好みでなく、色んなシューズを模索中です。
その中で、自分のレベルとあっていないのもわかっていながら、最上位モデルであるソーティについても色々と手を出しています。その中で、今回はソーティマジックRP2という最新モデルのソーティをレビューさせて頂きます!


↓各社のサブ3レベルのシューズをレビューしてます。合わせて是非!

ソーティマジックRP2 概観!

ソーティマジックRP2の外観は下記の通りです。自分が購入したのは黄色と紺色のMIXを購入しました。格好いいですね!
20160124_224208.jpg
20160124_224228.jpg
商品紹介文言は下記の通りです。SpEVAによる反発性を強調していますが、クッション性の強化も訴えていますね。でも、あくまで反発性重視なのは変わっていません。
20160124_225634-001.jpg
というのもRP2はソーティの中でも反発性を重視しているからです。ソーティは4種類ありますが、下記のような意味があります。(アシックスサイトコミュニティーのサポート記述より抜粋)
「LT」・・・LighT 軽量・軽快
「RD」・・・Rubber Durability 耐久性ラバー
「RP」・・・RePulsion 反発性
「SS」・・・Speed Spec スピード仕様
上記の名称を見て頂ければわかる通り、RPの上にはSSというものがあります。これについては、RPをさらに速度重視にして、クッション性をなくしたものです。自分は一回走っただけで足を壊しました(笑)正直、一般人には無理だと思います。ですので、一般的にはソーティマジックRP2 が最上級の反発性重視シューズになるかと思います。

ソーティマジックRP2の重量

それでは、まずソーティマジックRP2の重量について。計測結果は下記の通り、144g程度になりました(25.5cm)。軽い!ただし、もう一方については何故か147.8gありました。誤差だと思いますが、少し差がありますね。
20160124_224309.jpg
参考のために、一つ下のモデルのターサージールの重さも記述しておきます。

参考:ターサージール3  ソーティは-10gぐらいでしょうか
20141109_212617.jpg
参考:ターサージール4  最新ターサージールと比べると、それなりの差があります。
20151026_190416.jpg

ソールの薄さが半端じゃない!これが反発力の原動力?

それでは次にはソーティマジックRP2のソールの薄さについてです。各計測結果の意味の詳細や、他のシューズとの比較については、コチラのページをご覧くださいませ!(^^)!
20160124_224208.jpg
結果
前足部[前]:1.0cm
前足部[後]:1.4cm
後足部:1.7cm
踵部:1.6cm

参考:ターサージール4
20151026_194906-001.jpg
結果
前足部[前]:1.5cm
前足部[後]:1.6cm
後足部:2.3cm
踵部:2.6cm

うーん、とてつもなく薄いです。とくに踵部が1.6cmはとてつもなく薄いですね。重さはそこまで変わらないのに、ターサージールと比べると1.0cmぐらい差があります。とにかくこの薄さが反発性をうみだしていると言えるかと思います。

ソーティマジックRP2の走行感想

とりあえず、ソーティマジックRP2を使用して毎日10km程度走ってます。その感想は、、、やっぱりスピード特化型というんでしょうか。常に履くことはできないといった印象です。
20160124_224144.jpg

蹴っている感触がすごい!

走ってみた感想は、やっぱり衝撃が強いということ。いくらクッション性をあげたといっても、そこはRPといってるからには反発性は維持されています。アスファルトなんかを走るとその衝撃を特に感じます。逆にいえば、蹴っている感覚がものすごくわかる感じです。
自分の大好きなターサージール3と比べると非常にわかりやすいです。ターサージール3は衝撃吸収力が非常に強く、悪く言うとフニャフニャでした。グリップ力もありましたし、スピードもかなりでますが、やはり完全に反発力が力に変えられていないのは感じていました。それが、ソーティマジックRP2では気持ちの良い反発力にかわります。衝撃は感じますが、それがスピードになっているのを強くかんじます。

衝撃がジワジワきて、、、10kmが限界です

上記のとおり、蹴っている感がすごいのですが、やはりその分ものすごい脚のエネルギーを使用しているという印象です。体力よりも速く、脚が疲労して力がでなくなってしまう印象です。
さらに、やはり上級者向けなのでしょうか、とにかくジワジワと衝撃が効いてきます。一回一回では気持ちの良い衝撃なのですが、長く走っているとそれが脚に効いてきます。ですので、10kmをそれなりの速度で走った後は今までにない脚の疲れが見えました。たぶん、10km以上は自分には無理ですね、、

結論:ソーティマジックRP2は超スピード型、ターサージールのような汎用型ではない!

結論ですが、ソーティマジックRP2はターサージールのような汎用型にはなれないという印象です。比較的短距離向けの超スピード型です。
確かにターサージールはものすごい軽さを誇っていますが、それでもクッション性は抜群です。ですので、自分はそれを使って70km、80kmでも走れました。さらに、ターサージールを使って1kmの自己ベストも更新しました。しかし、ソーティマジックRP2では長距離は自分には辛そうです。記録だけを考えると、10kmまでが限界かなと思ってます。それぐらい、負担が大きい印象です。
ですので、要所要所で使っていけたらと思います。とりうあえず、何をするにもターサージールを使っていましたので、距離によって使い分けていきたいと思っています。

↓各社のサブ3レベルのシューズをレビューしてます。合わせて是非!


⇒「ランニングシューズ」カテゴリ記事一覧

その他関連カテゴリ

[関連コンテンツ]



コメント: 1 件の意見
  • H.鈴木 says:

    こんにちは、中学生の息子に合うシューズを探して色々調べていてこちらに辿り着きました。シューズのことが非常に詳しく分析されていてとてもためになりました。今年から中学生になり陸上部に入る予定だったのですが、廃部になってしまい個人で練習をして大会にエントリーしようと考えているみたいです。短距離の練習を土のグラウンドでするにあたってシューズをさがしていました。これまではアディダスのフェザーrk2を履いていました。サイズが合わなくなってきたので購入を考えております。この記事に紹介されているシューズの中でソールなどをスピード重視で考えるとすると、ミズノのエンペラーかアシックスのソーティが今履いているシューズに近いのかなあと考えながら読ませていただいたのですが、詳しい方のアドバイスをいただければと思いコメントさせていただきました、お時間の赦すときで構いませんのでアドバイスをいただけると幸いです、よろしくお願い致します。


お気軽にコメントお願いします!

Your email address will not be published.




記事カテゴリ
自作ツール&アプリ
■Webツール(今すぐ利用可!)