10km1時間20分だった運動音痴が、高負荷トレーニング/データ分析/食事管理でどこまでランニング記録が伸ばせるか挑戦!ランニングやダイエット/健康に関する知識・グッズ等についてもまとめてます!!!
⇒ 本ブログの詳細/連絡先はコチラ!
⇒ 本ブログは複数テーマ(色)を持つ階層構造になってます!
ランTOP 自作ランツール ランシューズ ラングッズ GPS時計 心拍計 ラン知識/研究 栄養知識 おすすめ食品 ランシューズDB
  1. ホーム
  2. 〇ランニング
  3. 走行/成長記録
  4. レース結果
  5. 速度を落とせば、本当に楽になるのか? (スランプの中での考察)
■注目記事一覧

心拍数でスポーツ心臓かどうか判定してみよう!

アシックスランニングシューズ比較記事!

シューズを重さ/メーカー順に検索可!ランニングシューズDB!

全ランニングシューズメーカーの特徴まとめ!

時給係数予測ツール!スピード型か、スタミナ型か判定できます!

ターサージール6レビュー!

10km走行データ分析してみた! [速度とピッチ/歩幅/心拍/気温/接地時間等]
 
スポンサーリンク
Twitter(更新情報)

速度を落とせば、本当に楽になるのか? (スランプの中での考察)

最近、10km自己ベストのためにキロ4分6秒などに設定して、走っています。しかし、どうしても記録が伸びないです。(まあ、2日間だけなのですが、2回連続失敗も珍しいです)4キロ15:34で走ったとは思えないダメダメっぷりです。要因として考えられるのは以下の通りです。

・日曜日のレースの日射病の後遺症、一時的な疲れ(少しずつよくなってはいるので、この通り化も)
・1週間ぐらレース前に休んでいたため、体力が一次的に退化してしまった。
・休んでいる最中にストレッチなども停止していたため、歩幅が狭まってしまった。(休む前は毎日股割りみたいなことしてました)
・速度を落としても、負荷軽減になっていない


自分としては、上記のどれも正解だと思ってます。特に最後の要素が重要で。本日は1km各速度で走ったときに、どれぐらい心拍数があがるかを試していたのですが・・・。キロ4分とキロ4分10秒で負荷はあまり変わりませんでした。むろしキロ4分のほうが楽な気もします。アドレナリンがでていて、痛みも軽減されるし、スピードにのっているので自然と脚がでるというか。。

ずっとキロ4でトレーニングしてきているので、やはり身体が慣れてしまったのでしょうか。フォームも最適になっているのだと思います。

1キロメートルでの10秒ってものすごい差だと思うのですが、それでも負荷があまり変わらないって・・・困りましたね。10kmでも、キロ4で突っ込むしかないのか・・・w(バテるのは承知済み)


⇒「レース結果」カテゴリ記事一覧

その他関連カテゴリ

[関連コンテンツ]




お気軽にコメントお願いします!

Your email address will not be published.




記事カテゴリ
自作ツール&アプリ
■Webツール(今すぐ利用可!)