10km1時間20分だった運動音痴が、高負荷トレーニング/データ分析/食事管理でどこまでランニング記録が伸ばせるか挑戦!ランニングやダイエット/健康に関する知識・グッズ等についてもまとめてます!!!
⇒ 本ブログの詳細/制作者プロフィール/連絡先/現在の行動状況はコチラ!
⇒ 本ブログは複数のテーマ(色)を持った階層構造になってます!詳しくはコチラ!
ラン全般 自作ランツール ランシューズ ラングッズ GPS時計 心拍計 ラン知識/研究 栄養知識 おすすめ食品 ランシューズDB
  1. ホーム
  2. 〇ランニング
  3. 走行/成長記録
  4. 一人記録会結果
  5. 5km自己ベスト 19:46!病気&スランプから1年半ぶりの記録更新!
■注目記事一覧

ランニングシューズ データベース!メーカー/重さ/目標タイム別/ソールタイプなどで横断して検索可能!

スポーツ(GPS)ウォッチ データベース!各スポーツウォッチを仕様/機能ごとに一覧比較検討できます![GARMIN時計]

スポーツ心臓(安静時心拍数) 偏差値判定ツール!あなたの心臓の強さを判定します!

マラソンタイム予測ツール!最大酸素摂取量(VO2MAX)も計算 !

持久係数予測ツール!スピード型かスタミナ型か判定可能!(詳細なマラソンタイム予測も可能に)

アシックス ランニングシューズ徹底比較分析!(重量編)

持久係数予測ツール!スピード型かスタミナ型か判定可能!(詳細なマラソンタイム予測も可能に)
 

5km自己ベスト 19:46!病気&スランプから1年半ぶりの記録更新!

先ほど、やっと自分のランニングの調子がでてきて、高負荷トレーニングができてきたと報告させて頂きました。そのすぐ後に走ってみたのですが、、なんといきなり自己ベストを出せました!これは本当に嬉しいです!5kmで19分46秒です!5kmは20分26秒で記録が止まっていたので、だいぶ記録更新となりました!ここまで来るのに、本当に大変でした、、、、色々とスランプということについて思うことがあるので書かせて頂きます!
5a3ac15103dbc0149e558faa0a5e5cbd_s_201611131959361d8.jpg

去年の5月、ランニングのコツがわかった直後に眩暈病発症><

去年のGW中、ついにランニングのトレーニングのコツがわかった日がありました。その時に書いた記事が、こちらの練習の負荷分析と成果についての考察失敗でも遅くても本気で走ることが成長につながる、という記事です。こちらの考察では、「今まで速くはしっていて、遅くなり始めた瞬間に記録が悪くなることを恐れて止まってしまっていた」「しかし、心臓に負荷をかけるのは連続で長距離を高速で走っているときで、疲れてでも遅くなってでも本気で走り続けることが最高の成長方法」と結論づけていたんです。実際、今でもそう思っています。
しかし、その直後の5月6日、謎のめまい病を発症しました。これのおかげで高速で走行することがしばらくできなくなってしまいました。速く走ると気持ち悪くなって、1kmもたないのです。そんなこんなで、スピードにのれずにいたのですが、、なんとか10月ぐらいに復帰できる状態までもっていきました。しかし、そのあとまさかの海外出張で、英語勉強のために走る時間が無くなってしまったのです、、、そんなこんなで本気で高速に走る機会がずっとずっと失われていたのです。
それから、今年の6月から海外出張も終わって、眩暈病もかなりおさまり、本気で走れる時期になったのですが、、、精神的にそうはなれなかったのです。なぜなら「明らかに体力が低下していて、本気で走ることが怖い」という状態に無意識的になっていたからです。
18a4ef81b6691a7f5b5c12038c8bac93_s.jpg

これこそ本当のスランプ、、、自信も根性も無意識的に失っていく、、、

せっかく1年ぶりに本気で走れるようになったのに、、、そうはしなかたのです。それは、色々なシューズで走り方を分析したりとそういった意味もあったのですが、、、、(フォーム分析は本気で走るとできないので)。「フォーム分析」と題して、本気で走ることに逃げていた面があると思います。なぜなら本気で走ると、体力がどれぐらい落ちているかが浮き彫りになってしまうからです。自分はまだまだ速いままだ、、という思いが、逆にその怖さを冗長させていた気がします。
これこそ、俗にいう「スランプ」ですね。自分の過去の自信が逆に自分を縛ってしまっていた気がします。そして、自己ベストからもう1年半もたってしまった、、、それによって怖さがどんどん増してきました。それによって、本気で超負荷で走ることを避けてしまっていたのです。
一度こうなったら大変ですね、無意識的に「連続で高速で走れる川沿い」を避けて、「信号がけっこうあるルート」を走るようになっていったのです。疲れるのが怖い、本気で走って遅くなっているのが見るのが怖いと、、、無意志的に道を選択していました。8月に100km走行などもやっていましたが、ある意味これも「逃げ」だと思ってます。速く走ることから逃げて、1日に100km走ったりと、、、(普通長い距離から逃げて短い距離走るだろと思うかもしれませんが、実際そうです。100kmは逃げです!
1ecc558cf0bf400280f1f2b3aaa00760_s.jpg

少しずつ去年の分析を思い出してきて、、、

しかし、そんな感じで走っていた時に、やっぱりなんだか違うと思い始めました。ずっとこんなことしていても、速くなれない、意味ないのではないかと。そう思って、怖くてもいいから「本気で走れる川沿いを走る」と決めました。どんなに調子悪くても、どんなに遅くてもこの道を走ろうと決めたのです。そこからは、段階的にうまくいき始めました。ゆっくり走ろうと思っても、川沿いは止まるところがないですし、速い人がたくさん走っているので、負けまいと勝手にスピードがでてくるんですね、、、そんなこんなで4.5kmを時速14キロ以上で走るのが当たり前になってきました。

やっぱりメンタル/根性は最高の加速装置!全くスピードが変わる!

そんな中で、だんだんと速くなってきました。しかし、昨日は本気ではないですが4kmで16分10秒くらいとかなり遅い記録になっていました(最初は遅く走ろうと思ったけど、途中でスピードが出てしまったパターン)。それでまた自信をなくしそうになったのですが、、、とにかくこの高速練習をしていたら元に戻れるという自信が芽生えてきたのです。
そんな中、久々に「今日は本気で走ってみようと」思えるようになりました。以前考えていた、失敗でも遅くても本気で走ることが成長につながるという考えを取り戻すことができたのです!そうしてとりあえず5kmをはしってみたところ、、、、5kmで19分46秒の自己ベストになりました!本気で走ろうと思えたその日に、自己ベストがだせたのですから本当にうれしいです!これは、とにかく本気で走ろうというメンタルと根性が生んだ結果だと思ってます!

ちなみに、この記録を自作ツールで10kmなどに換算してみると、、、10kmが41分13秒です。現在が10km41分30秒が自己ベストになっているので、こちらも近日中に更新できそうな気がしています。あと、4km15分34秒という記録を以前に出していて、こちらの方が速い気がしますが、、、あまり気にしないです(笑) 少なくとも、この練習を続けていれば、すぐに更新できるものと考えております。
rapture_20161113185833.jpg
とりあえず、やっと1年半前のランニングトレーニングのコツがわかった時点と同じ位置に戻れたと思ってます。さらに、今は眩暈病もないので、存分に本気でトレーニングすることができます!ここら、どんどんと速くなれていく自信も芽生えてきています!とりあえず、まずは10km41分を達成して、ずっと目標だった10km40分に早く達したいと思っています!
[GARMIN CONNECT] (10km中の5kmなので記録が見えにくいです)

[注目!] ランニングシューズDB出来ました!重さ/価格順でメーカー/目標タイム別/ソールタイプごとにシューズを一覧で見られます!(詳細はリンク先で!)
↓こちらから直接シューズ検索できます!
メーカー:
目標レベル:
重さ:

[関連コンテンツ]



コメント: 2 件の意見
  • 隆行 says:

    SECRET: 1
    PASS: f48d30c5b3b1904f6922813a47762ca3
    昨年からブログ拝見させて頂いています。
    年齢も走力も住まいもランニングコースも、
    本当に驚くほど、瓜二つの者です。
    いつも応援してます。
    励みにさせて頂いています。
    お互い頑張りましょう。

  • Anonymous says:

    SECRET: 0
    PASS: 62c30b9f80eced64932e68b03e5bd13a
    コメントありがとうございます!そんなに一致してるんですね!もしかしたら走ってるときに会ってるかもしれませんね(^-^) とくに自分より速い人みたら、自分は負けないとついて行きますので、もしかしたら併走してるかもしれませんね!
    ちなみに、いつも記録を出すときにはこのガス橋と第二京浜の周回コースを走ってます。一般の方も橋に時々いるぐらいなんで、全速力で走れるんですよね、、
    ここ以外によい場所あったら教えてくださいませ(^^)


お気軽にコメントお願いします!

Your email address will not be published.




記事カテゴリ
自作ツール&アプリ
■Webツール(今すぐ利用可!)