10km1時間20分だった運動音痴が、高負荷トレーニング/データ分析/食事管理でどこまでランニング記録が伸ばせるか挑戦!ランニングやダイエット/健康に関する知識・グッズ等についてもまとめてます!
⇒ 本ブログの詳細/作者プロフィール/連絡先はコチラ!
⇒ 本ブログは複数のテーマ(色)を持った階層構造になってます!詳しくはコチラ!
ラン全般 自作ランツール ランシューズ ラングッズ GPS時計 心拍計 ラン知識/研究 栄養知識 おすすめ食品 ランシューズDB
■注目記事一覧

ランニングシューズ データベース!メーカー/重さ/目標タイム別/ソールタイプなどで横断して検索可能!

GARMIN ForeAthlete 935レビュー!前機種920XTJ,630Jとの比較も!

スポーツ心臓(安静時心拍数) 偏差値判定ツール!あなたの心臓の強さを判定します!

マラソンタイム予測ツール!最大酸素摂取量(VO2MAX)も計算 !

Lifesense(ライフセンス) Band2 レビュー!5,000円台で買える本格的心拍計/活動量計!

アシックス ランニングシューズ徹底比較分析!(重量編)

サブ3レベルシューズ比較レビュー!(ターサージール5、takumi sen boost2、ウエーブエンペラーJAPAN、ソーティ)
 

スポーツ医科学研究所アローズラボのランニング能力分析プログラム(15,000円)に申し込もうと思います!

以前から、研究所でのランニング能力の分析プログラムに申し込もうと
検討していました。それは、やはり個人で色々と測るのには限界がある
からです。例えば、ランニング時のモーションキャプチャーなどは
ものすごく役立ちそうですが、そんなものが個人で測定はできないと
思います。
そんなわけで色々と研究所について調べていたのですが、、、
一般的にはアシックスランニングラボが有名なようです。
しかし、、今回自分はそちらでなく、スポーツ医科学研究所アローズラボという
本格的な方に申し込もうと思います!
全画面キャプチャ 20160911 161718

スポーツ医科学研究所アローズラボとは?

スポーツ医科学研究所アローズラボは様々なスポーツを科学的に
分析するための研究所です。
ただ、大学などのお堅い研究所ではなく、一般的な人にも開かれた
研究所を目指しているようです。
そのため、例えば未来のアスリートである子供を育成するための
プログラムをもっていたり、一般市民が自分の体力/スポーツ能力を
測定するための設備がそろっているようです。
一般の人でも、大学研究所並みの装置が使える、、、ということだと
思います。また、低酸素による体力強化なども研究テーマとして
挙げて、分析を行っているようです。

測定メニューのランニングプログラムを申し込もうと思います!

このスポーツ医科学研究所アローズラボはさまざまな体力測定プログラム
を持っていますが、自分はこの中でランニングプログラムというものを申し込もうと思ってます。
ランニングプログラムには以下のような測定項目があるとのことです。

1.全身持久力測定

これは一般的な最大酸素摂取量の測定と、それによるマラソンタイム予測になるかと思います。最大酸素摂取量がわかれば、大体運動能力がわかりますからね、、、
換気性作業閾値・トレーニングペースなども割り出してくれるようです。
全画面キャプチャ 20160911 161740-001

2.筋力測定

そして次が筋力測定です。どの部位でどの程度の筋肉があり、どの程度左右に差があるのかがわかる
とのことです。自分の場合、右足で走っている感があるので、差がすごそうです、、、
測定項目は股関節最大屈曲筋力・股関節最大伸展筋力・足指筋力とのこと。本格的ですね、、
全画面キャプチャ 20160911 161740-002

3.ランニングフォーム測定

そしてこちらが、自分が一番求めている測定です。
モーションキャプチャーしたデータから動的に解析して、効率よく地面を蹴っているかなどを判定
してくれるようです!
もちろん、ピッチ、ストライド、着地時間など基本的な項目もとってくれるみたいです!
さらに、接地中の膝の沈み込み・地面反力など特別な項目もデータ取得できるみたい
ですので、うれしい限りです!
全画面キャプチャ 20160911 161740-003
と、ここまですべてのプログラムを含めて、料金が1万5千円とのことです。
それぞれ個別に選択して測定もできるみたいですが、それぞれ6000円
かかるので、全プログラム選択がおすすめだと思います!
それは、次の項目にも関係してきますが、、、

場所がちょっと都心からは遠い、、、浜松

と、ここまでワクワクずくめのことばかりです。
アシックスのランニングラボと比べても取得できる項目が多く、非常に
メリットがあると思います!
ただ、一つだけキツイ点が。。。測定場所が静岡の浜松なんです。
全画面キャプチャ 20160911 161815
静岡出身なんでわかりますが、浜松は新幹線でいかないと耐えられない
位置にあります。鈍行でいったら、東京から5時間はかかるみたいです。
となると、さすがに新幹線になりますが、、、片道で東京から7700円かかるようです!
(ただし、1時間半ですぐ着くみたいです)
往復で約15000円かかるわけで、、、そこまでして1項目6000円の測定
だけして帰ってきたらバカみたいですよね。
ということで、東京など都心にいる方は全項目測定プログラム
を選択するのをおすすめします!
ということで、また測定終わりましたら、測定結果含めて
レビューさせて頂きたいと思います。
Arrows LAB アローズラボ|ランニングプログラム紹介ページ
http://www.arrows-lab.jp/program-running/

[注目!] ランニングシューズDB出来ました!重さ/価格順でメーカー/目標タイム別/ソールタイプごとにシューズを一覧で見られます!(詳細はリンク先で!)
↓こちらから直接シューズ検索できます!
メーカー:
目標レベル:
重さ:

[関連コンテンツ]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



記事カテゴリ
自作ツール&アプリ
■Webツール(今すぐ利用可!)