10km1時間20分だった運動音痴が、高負荷トレーニング/データ分析/食事管理でどこまでランニング記録が伸ばせるか挑戦!ランニングやダイエット/健康に関する知識・グッズ等についてもまとめてます!
⇒ 本ブログの詳細/制作者プロフィール/連絡先/現在の行動状況はコチラ!
⇒ 本ブログは複数のテーマ(色)を持った階層構造になってます!詳しくはコチラ!
ラン全般 自作ランツール ランシューズ ラングッズ GPS時計 心拍計 ラン知識/研究 栄養知識 おすすめ食品 ランシューズDB
  1. ホーム
  2. 〇ランニング
  3. ランニング/健康関連知識
  4. ランニングノウハウ
  5. 脚が痛くて歩けなくても、なぜか時速15km以上でなら走れます! ~脳内麻薬の力について~
■注目記事一覧

ランニングシューズ データベース!メーカー/重さ/目標タイム別/ソールタイプなどで横断して検索可能!

スポーツ(GPS)ウォッチ データベース!各スポーツウォッチを仕様/機能ごとに一覧比較検討できます![GARMIN時計]

スポーツ心臓(安静時心拍数) 偏差値判定ツール!あなたの心臓の強さを判定します!

マラソンタイム予測ツール!最大酸素摂取量(VO2MAX)も計算 !

持久係数予測ツール!スピード型かスタミナ型か判定可能!(詳細なマラソンタイム予測も可能に)

アシックス ランニングシューズ徹底比較分析!(重量編)

【ブログ読者プレゼント企画4】お好きなランニング関連商品をプレゼント!amazonで15,000円以内で自由に選択可!【〆7/1】
 

脚が痛くて歩けなくても、なぜか時速15km以上でなら走れます! ~脳内麻薬の力について~

皆さん、走った後のどっと脚に痛みが伴うことないですか?
自分にとっては毎日のことです><
走っている最中はそこまで痛くないことも多いので、
よく考える不思議ですよね。

速く走ると、逆に楽になる

868c10576bd07e5ec9d5cbccc9b36463_s.jpg
自分の場合は、無理やり速く走ることも多いのですが、
そこでさらに不思議なことがおきます。
脚が痛くて歩くのもつらい、ゆっくりめで走ってもやっぱり
辛いとき。そんなときでも、時速15kmの高速走行であれば
走れてしまうときがあります(笑)
とくに、20kmなど長距離を走っているときは、下手に
遅く走るよりも、無理やり速く走ったほうが楽なことがあります。
速くはしると心臓的にはキツイですが、脚的には楽になる、、
そんなことが頻繁にあります。

その原因はエンドルフィンという脳内麻薬

373c6934daa262a5e9d282a799fb086c_s.jpg
これの原因は簡単にいうと、ランナーズハイですよね。
では、脳内では何がおきているかというと、エンドルフィンという
脳内麻薬が放出されているようです。このエンドルフィンという
物質は、高揚感をもたらすとともに、強い鎮痛効果をもたらす
んです。
 その効果は、モルヒネの数倍だそうです!すごい!
で、そのエンドルフィンは苦しくなってくると放出されてくる
そうです。具体的にいうと、心拍数と相関があるようです。
なので、自分は心拍数を速く走ることで無理やりあげて、
強烈な鎮痛剤を放出させて、無理やり走っている状態に
なるんですね(笑) 
あらためて考えるとすごい状態ですね(笑)
走りすぎや怪我で、歩くのもつらい状態のときもあります。
これこそ、究極のランナーズハイですよね。

本当は脚が痛んでる>< 脳内麻薬の使い過ぎに注意!

e9f865c110f2dbe71513999fb5ddff85_s.jpg
確かに、この脳内麻薬を使えば、歩けなくても走れるという不思議な状態
になることができます!しかもエンドルフィンのおかげですごい幸せな状態
になります。まさに合法ドラッグですね(笑)
でもこれって、結果的には脚を痛めてることになるんですよね、、
脚が痛がってるのに、モルヒネの数倍の鎮痛剤で無理やり抑えてるわけ
ですから、、脚の防御は変わらないので、逆に速く走ることで脚をさらに
痛めていることになるんですよね。
そう考えると、この脳内麻薬も、”用法用量を守って正しくお使い下さい”
というお薬的な発想で使わないといけないんですよね。
この脳内薬物中毒にならないように、使用頻度を守って正しく使いましょう!

[注目!] ランニングシューズDB出来ました!重さ/価格順でメーカー/目標タイム別/ソールタイプごとにシューズを一覧で見られます!(詳細はリンク先で!)
↓こちらから直接シューズ検索できます!
メーカー:
目標レベル:
重さ:

[関連コンテンツ]



コメント: 2 件の意見
  • Mio より:

    SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは(^-^)。 ランナーズハイって陸上経験者はよく聞きますよね。 ドーパミンとかアドレナリンとかでしたっけ? 陸上のコーチがよく言ってました(^_^)。 でも痛みや疲労を軽減させるという事は後日のダメージが凄いですよね(^^;。 れつさんもほどぼどに(笑)。
    先日のメディカルチェックは不通のクリニックでしたよ。 そこの先生がアスリートのパーソナルドクターをされてるとの事で、ダメ元で電話したらすぐ予約とれました(笑)。 自分の心臓エコーの動画を見ながら先生に、「この赤いのが左心房から左心室に行く血液の流れなんですよ。」など説明されました(^^;。 トライアスロンの選手さんなんかも診てもらってるそうです。

  • れつ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    mioさんコメントありがとうございます!そうですね。ドーパミンで痛みを消しているわけなので、物理的に脚を防御できているわけではないので、、、後日痛みが大変になりますね。
     メディカルチェックいいですね!結局MRIでは頭しか見られなかったので、自分の心臓の状態がよくわかりませんでした。一度ぜひいってみたいですね!でも、最近高負荷トレーニングができていなくて心臓が衰えている気がするので、もう少し鍛えてからいってみたかったり(笑)


お気軽にコメントお願いします!

メールアドレスが公開されることはありません。





記事カテゴリ
自作ツール&アプリ
■Webツール(今すぐ利用可!)