10km1時間20分だった運動音痴が、高負荷トレーニング/データ分析/食事管理でどこまでランニング記録が伸ばせるか挑戦!ランニングやダイエット/健康に関する知識・グッズ等についてもまとめてます!!!
⇒ 本ブログの詳細/制作者プロフィール/連絡先/現在の行動状況はコチラ!
⇒ 本ブログは複数のテーマ(色)を持った階層構造になってます!詳しくはコチラ!
ラン全般 自作ランツール ランシューズ ラングッズ GPS時計 心拍計 ラン知識/研究 栄養知識 おすすめ食品 ランシューズDB
  1. ホーム
  2. 〇ランニング
  3. グッズ等レビュー
  4. GARMIN/GPS時計関連
  5. 光学式心拍計で心拍数が謎低下していた⇒実は測定は正しかった
■注目記事一覧

ランニングシューズ データベース!メーカー/重さ/目標タイム別/ソールタイプなどで横断して検索可能!

スポーツ(GPS)ウォッチ データベース!各スポーツウォッチを仕様/機能ごとに一覧比較検討できます![GARMIN時計]

スポーツ心臓(安静時心拍数) 偏差値判定ツール!あなたの心臓の強さを判定します!

マラソンタイム予測ツール!最大酸素摂取量(VO2MAX)も計算 !

持久係数予測ツール!スピード型かスタミナ型か判定可能!(詳細なマラソンタイム予測も可能に)

アシックス ランニングシューズ徹底比較分析!(重量編)

10km走行データ分析まとめ! [速度とピッチ/歩幅/心拍/気温/接地時間/滞空時間/滞空移動距離/体重/体脂肪率等の関係をグラフ化]
 
スポンサーリンク
Twitter(更新情報)

光学式心拍計で心拍数が謎低下していた⇒実は測定は正しかった

最近ずっと悩んでいたこと… 心拍数が全然上がらない><

最近、実はずっと悩んでいたことがあります。それは心拍数が全然上がらないということです。本気で走ってもあがらない。10km40分台で走っても上がらない。昨日なんて本気で走ったのに、平均心拍数169でした。夏場は180近辺が当たり前だったのに、、、運動強度90%以上で走ることを練習の目的としている自分としては、これは致命的な問題なんです。

さすがにこれはおかしいだろと思って、時計の装着具合とか密着させるようにしたりしたのですが、やっぱり解決されず、、、。昔、胸ベルトで計測してたときはちゃんと心拍数上がってたのに、、
 
で、最近思ってたんですよね。「自分超絶的な冷え性だけど、ちゃんと手まで血液届いてるのかな」って。で調べてみたんです。冷え性と光学式心拍計の関係、、、

引用:http://ashiter.com/?page_id=2752

気温が低い環境下だとうまく計測できなくなり、特に手が冷えやすい人はあからさまにこの傾向が出るようです。自分は、自分以上の冷え性の人にあったことがないというぐらい、超絶的な冷え性です。なので、この現象があからさまに出ると思われます。

⇒胸ベルト式で実測してみましたが、結局は高額心拍計は正常という結論になりました、、すみません><

データで見ると、そう見える

この「気温が低下すると、心拍数が正しく読み取れなくなる」というのは、過去のランデータを見たら一目瞭然でした。GARMINは走行時に気温のデータもとれるのですが・・・気温(横軸)と心拍数(縦軸)の関係をグラフ化したのが下図です。

下の方のデータは関係ないので、気にしないで下さい。各気温での1番最大の平均心拍数をみると、、綺麗な右肩上がりになっています!30度くらいでは180近くあった心拍数が、20度くらいでは173ぐらいが限界になっています。この時点で誤差率4,5%程度。最早、まともに機能してないレベルですね、、、。
 
これはさすがにまずいです。これじゃ参考値ぐらいにしかならないレベル。といっても、そもそも腕まで血液が流れていない状態なので、光学式心拍計ではどうにもならないレベルです。胸ベルト式に戻すことを検討しなければ。

⇒結局、胸ベルト式で実測してみましたが、結局は高額心拍計は正常という結論になりました、、><

といっても今から胸ベルト付けるのはキツイ… ベルト不要なAIRFITという商品を試してみます!

ということで、胸ベルトに戻すことを検討していますが、、この時計だけの心拍計測に慣れた今だと、胸ベルトを付けるのはキツそうです。あれって、締め付けられる感じがして元から苦手だったので、、、これだけ簡単に心拍数計測できるようになった今だとちょっと、、
 
ということで軽く検索したところ、AIRFITというバンド不要なシールが販売されているらしいです!GARMINなど主要なメーカーの心拍計に対応していて、計測器を直接胸に貼ることで、ベルト不要になるみたいです!ベルトなしで心臓から直接心拍を取れるわけですね!

気になるのは、主に自転車用の商品となっているとこ。でも、ランで使っている人もいるみたいですし、特に問題なさそうなので早速購入してみました!明日届いたら実際に使ってみて、レビューしたいと思います!

 
自分は心拍は1番重要な練習効率を表す数字だと思うので、、4%の誤差は死活問題です。心拍180を170と言われたら、何もできない。だからこそ、、、胸ベルトへの帰還を検討していきたいと思います!

⇒で、結局、胸ベルト式で実測してみましたが、結局は高額心拍計は正常という結論になりました、、すみません><

[注目!] ランニングシューズDB出来ました!重さ/価格順でメーカー/目標タイム別/ソールタイプごとにシューズを一覧で見られます!(詳細はリンク先で!)
↓こちらから直接シューズ検索できます!
メーカー:
目標レベル:
重さ:

[関連コンテンツ]




お気軽にコメントお願いします!

Your email address will not be published.




記事カテゴリ
自作ツール&アプリ
■Webツール(今すぐ利用可!)