10km1時間20分だった運動音痴が、高負荷トレーニング/データ分析/食事管理でどこまでランニング記録が伸ばせるか挑戦!ランニングやダイエット/健康に関する知識・グッズ等についてもまとめてます!
⇒ 本ブログの詳細/制作者プロフィール/連絡先/現在の行動状況はコチラ!
⇒ 本ブログは複数のテーマ(色)を持った階層構造になってます!詳しくはコチラ!
ラン全般 自作ランツール ランシューズ ラングッズ GPS時計 心拍計 ラン知識/研究 栄養知識 おすすめ食品 ランシューズDB
  1. ホーム
  2. 〇ランニング
  3. その他
  4. 自分の考え/主張
  5. 最高のアンガーマネジメントは怒りを鎮静化することでなく、怒りを増幅させて良い方向に昇華させること!
■注目記事一覧

ランニングシューズ データベース!メーカー/重さ/目標タイム別/ソールタイプなどで横断して検索可能!

スポーツ(GPS)ウォッチ データベース!各スポーツウォッチを仕様/機能ごとに一覧比較検討できます![GARMIN時計]

スポーツ心臓(安静時心拍数) 偏差値判定ツール!あなたの心臓の強さを判定します!

マラソンタイム予測ツール!最大酸素摂取量(VO2MAX)も計算 !

持久係数予測ツール!スピード型かスタミナ型か判定可能!(詳細なマラソンタイム予測も可能に)

アシックス ランニングシューズ徹底比較分析!(重量編)

【ブログ読者プレゼント企画4】お好きなランニング関連商品をプレゼント!amazonで15,000円以内で自由に選択可!【〆7/1】
 

最高のアンガーマネジメントは怒りを鎮静化することでなく、怒りを増幅させて良い方向に昇華させること!

近頃、「アンガーマネジメント」という言葉が流行っています。怒りをうまくコントロールすることが、生きていく中で、コミュニケーションしていく中で重要だからです。そのアンガーマネジメントの中では「怒りを理解し、うまくコントロールすること」がとにかく重要となっています。
一番良く言われるのが、「怒りは6秒我慢すればすぐに消え去る」ということですね。一時的な感情に流されずに、うまく怒りを理解してコントロールすることが重要なんです。そして、怒りの原因/なぜ自分が怒っているのかを分析して、原因をつきとめて、怒りを抑えるように言っています。このように、一般的なアンガーマネジメントは「怒りの原因を追究して、怒りを鎮静化すること」が主体と言えます。
しかし、自分の中では「怒りを逆に増加させて、そのエネルギーを良い方向に昇華させること」が重要と思っており、実際に昔からそう思って行動しており、結果もでています。今回は、その時分が使っている怒りをうまく活用する考え方をご紹介します!
a52fa562559704ba0e4b5b5097a514b4_s.jpg

怒りは全ての感情の中で一番強いエネルギーを持つ!

まず、怒りはどんな感情よりも強いエネルギーを持っていると考えられます。感情は、喜びや悲しみ、楽しみやさみしさなど様々なものがあります。そんな中でも、「怒り」というのはとてつもないエネルギーを持っています。世の中では、殺人など多くの事件が起こっていますが、それを引き起こしているのは「怒り」です。怒り以外の感情で、人を殺すなんてものすごくエネルギーが必要なことは起こせないと思うのです。
また、人間が大きく変わる時に、その中心にある感情は「怒り」であることが多いです。それが、自分に対しての怒りであったり、敵に対する怒りであったり、様々な種類がありますが、とにかく怒りというとてつもないエネルギーを秘めていると思うのです。
d250074de3bedf36bfd455b582429e03_s.jpg

怒りを反転して、ポジティブなエネルギーに昇華させよ!これが最高の怒りの扱い方!

そんな強い感情である怒りであるからこそ、皆アンガーマネジメントといったテクニックを使用してコントロールして鎮静化させようとしているのだと思います。しかし、そんな強い感情をただ単に鎮静化することはもったいないと思うのです。鎮静化というのは、エネルギーを0に近づけるという意味です。確かに、怒りがマイナス100のエネルギーならば、0にすることで良い方向に進めるかと思います。しかし、せっかくマイナス100のエネルギーがあるなら、それをうまく昇華させればプラス100のエネルギーにできるのでは、、、、そう思っています。昇華とは、その怒りを惜しさや成長への糧にしてポジティブなエネルギーに変えるという意味です。そんなことができたら、それこそ最強なのではないでしょうか。
実際、自分はこの感情をうまく使用してランニングをしています。そして、自分が自己ベストを出した日の1/2は何か嫌な事やイラっとしたことがあった時です。嫌な事がおこったときに、負けてたまるかと走ってみると、、、、自然とエネルギーがあふれて自己ベストがだせてしまうんですよね。本当の怒りというのは強いエネルギーなので、少しそのエネルギーを正転換するだけで巨大なパワーになるのです!
868b0e0c2f5434a7f30d6ca676295f5e_s.jpg

「ストレス」や「嫌な事」「怒り」はエネルギーの種!

上のような考察をすると、実は「ストレス」や「嫌な事」は非常に重要な要素と言えると思うのです。そういったストレスフルなことがあるからこそ、強い怒りやエネルギーが生まれてくるんです!そして、それこそ成長をもたらす種になると思うのです。少なくとも自分は、実際にエネルギーの根源だと思っています。だって、この感情のおかげで自己ベストが何回も出せているのですから。

ストレスがあることでなく、何もない状態が一番怖い

この考えから、一つの重要なことが言えます。それは、「ストレスフルな状態は全く問題なく、一番問題なのは何もない状態」ということです。ストレスや怒りがたくさんある状況は、ある意味でそこら中にエネルギーの種がある状態であり、さらに自分を成長させられる状態であるとも言えるかと思います。(ストレスの程度にもよりますけどね、、) しかし、最悪なのが何もない状態です。何も喜びもなく、何も悲しみもないような状態です。そうなると、何も強い感情を抱かず、何のエネルギーもない状態となってしまいます。マイナス100からプラス100のエネルギーは生み出せても、0からプラス100のエネルギーは生み出しにくいのです。そうなると、何も成長がない状態になってしまいます。

「ストレス」や「嫌な事」により成長できる!そう思うだけでものすごく強くなれる!

このように考えていくと、実は「ストレス」や「嫌な事」は自分を成長させてくれる有難いことだと思えてきます。それがあるからこそ、成長できるからです。そう考えると、、、「ストレス」や「嫌な事」をむしろドンドン受け入れたいとも思えてきます!そして、そんな考え方になれれば、実はそれだけで強い心が持てていると言えるのです。嫌な事でも強いストレスでも、自分の成長の種だと思って、積極的に受け入れて経験しいく、、、、これこそが強い人間の考え方と言えるのではないでしょうか。ストレスを武器にするという考え方を持つだけで、そんな強い心が持てるようになるのです!実際、自分はこういった考えをもてるようになって、大きく成長できたと思っています。そして、実際にストレスを待ち望んでいます。だって、本当にランの自己ベストはそういう時に生まれているのですから、、、
5f247ae4f4e6b5436a77e188ab2c9ca9_s.jpg

結論:怒りを鎮めるのでなく、爆発させろ!それこそが成長への道!

ということで、結論としては、「怒りというマイナスの感情を、鎮静化して0にするのでなく、爆発させてポジティブなプラスのエネルギーに変えていくこう!」ということです。世間では、怒りというのはマイナスのイメージがあるかと思いますが、うまく使えば最高にポジティブなエネルギーにもなるのです!上手く活用して、誰よりも素早く成長していきましょう!
c6098bc86b3aacd5ffbb68fb573775d0_s_20161113130449e07.jpg

[注目!] ランニングシューズDB出来ました!重さ/価格順でメーカー/目標タイム別/ソールタイプごとにシューズを一覧で見られます!(詳細はリンク先で!)
↓こちらから直接シューズ検索できます!
メーカー:
目標レベル:
重さ:

[関連コンテンツ]




お気軽にコメントお願いします!

メールアドレスが公開されることはありません。





記事カテゴリ
自作ツール&アプリ
■Webツール(今すぐ利用可!)