10km1時間20分だった運動音痴が、高負荷トレーニング/データ分析/食事管理でどこまでランニング記録が伸ばせるか挑戦!ランニングやダイエット/健康に関する知識・グッズ等についてもまとめてます!
⇒ 本ブログの詳細/制作者プロフィール/連絡先/現在の行動状況はコチラ!
⇒ 本ブログは複数のテーマ(色)を持った階層構造になってます!詳しくはコチラ!
ラン全般 自作ランツール ランシューズ ラングッズ GPS時計 心拍計 ラン知識/研究 栄養知識 おすすめ食品 ランシューズDB
  1. ホーム
  2. 〇ランニング
  3. グッズ等レビュー
  4. ランニングシューズ
  5. ターサージール5とウエーブエンペラーJAPAN比較。ランニングシューズの重量と重量「感」の違いについて。
■注目記事一覧

ランニングシューズ データベース!メーカー/重さ/目標タイム別/ソールタイプなどで横断して検索可能!

スポーツ(GPS)ウォッチ データベース!各スポーツウォッチを仕様/機能ごとに一覧比較検討できます![GARMIN時計]

スポーツ心臓(安静時心拍数) 偏差値判定ツール!あなたの心臓の強さを判定します!

マラソンタイム予測ツール!最大酸素摂取量(VO2MAX)も計算 !

持久係数予測ツール!スピード型かスタミナ型か判定可能!(詳細なマラソンタイム予測も可能に)

アシックス ランニングシューズ徹底比較分析!(重量編)

【ブログ読者プレゼント企画4】お好きなランニング関連商品をプレゼント!amazonで15,000円以内で自由に選択可!【〆7/1】
 

ターサージール5とウエーブエンペラーJAPAN比較。ランニングシューズの重量と重量「感」の違いについて。

昨日、ターサージール5の発売を記念して最速レビュー記事を書きました。そこで書いた通り、軽量化されて素晴らしいシューズとなっています。それ自体は間違いはないです。
しかし、この1年間で色々とシューズを試していて、そのターサージール5が最強とは簡単には思えなくなっている自分がいます。最近はウエーブエンペラーJAPANがものすごい力を持っていることに気づき、お気に入りシューズとなっていたのです。この二つを比較してみて、色々と感じたことがありますので、記述させて頂きます。

ターサージール5とウエーブエンペラーJAPANを比較してみて

ターサージール5を履いて走ってみて、その実力を実感しました。力を入れなくても、スピードがでやすく、素晴らしいシューズです。しかし、ランニングシューズは比較して走ってみることでさらに実力を実感できるというがあります。そこで、まずターサージール5で走ってみてから、ウエーブエンペラーJAPANを履いて走ってみたんです。
そこで、思ったことは、、、、同じサブ3レベルシューズとは思えないぐらいに感触が違うのです。ウエーブエンペラーJAPANのほうが圧倒的に軽く感じるんです!足が上がる速さも、高さもウエーブエンペラーJAPANのほうが圧倒的に高い性能を発揮している気がします(だからといって、良いシューズということではないのですが)。ここについて、考察してみました。

重量と重量「感」は違う!たった2gの違いとは思えない感触

では、ターサージール5とウエーブエンペラーJAPANの重さはどれぐらい違うのかというと、、、
ターサージール5(25.5センチ):153グラム

ウエーブエンペラーJAPAN(25センチ):151.5グラム

たった、1.5グラムしか差がないんです!ちなみにウエーブエンペラーJAPANのほうが0.5センチ小さいのは、25.5センチだとブカブカだったからです。自分の足にあっているシューズという意味では同じサイズです。どちらにせよ、ほんの少し2グラム以下しか重さは差がないんですよね、、、信じられないです。
ここから、重量と重量「感」というのはかなり差があるということを実感しました。実際数字で見える重量と、人が感じる重量感では少し差があるのです。実際、ターサージール5(153グラム)よりターサージール3(155グラム)のほうが少し軽く感じるぐらいです。というのも、重さのバランスが違うからじゃないかなと思います。
極端に例えると、体重50キロの人が10キログラムの米を持って走るのと、体重60キロの人が走るの、どっちが重く感じるかということです。圧倒的に10キログラムの米を持った50キロの人のほうが重く感じると思います。というのも、体重60キロの人は脂肪が極力動くのに邪魔にならないように、最適に身体全体についているからです。それに対し、米10キロは手だけに重くのしかかります。ですので、同じ60キロでも圧倒的に体重60キロの人のほうが軽く感じるはずですし、実際速いです。

そのように、考えると、、、ターサージール5の少し重い感じはやっぱり、(サブ3レベルとしては)だいぶ厚いソールのせいのようなきがします。下記の通り、ターサージール5とウエーブエンペラーJAPANのソールはかなり厚さが違います。ターサージール5のほうが厚いのです(厚さの数値的詳細はこちらのサブ3シューズ比較のページで)。
ターサージール5

ウエーブエンペラーJAPAN

この厚さと重さがシューズが重いか軽いか感じ感触に通じている気がします。このバランスが重量「感」に関係する部分ならば、同じ重さぐらいなのに、ウエーブエンペラーJAPANのほうがめちゃくちゃ軽いと思うのもおかしくはない話です。

重量「感」は絶対正ではない?ターサージール5は超効率的に足を守ってくれている!

上記のように重量と重量「感」はめちゃくちゃ違います。しかし、重量「感」が軽く感じられるウエーブエンペラーJAPANが最強化というと簡単にそうとは言えないです。というのも、二つのシューズは特性が違うからです。
ターサージール5を使ってみてわかることは、加速性とクッション性のバランスがものすごいということです。やはり重量「感」が重く感じられるといっても、実際の重さは軽いのです。ですので、重量感が違ってもターサージール5はしらぬ間にスピードがでていたりします。そして、何よりすごいのがそれでいてクッション性が抜群であることです。
それに対して、ウエーブエンペラーJAPANはとにかくスピードをあげることに重きを置いているようです。めちゃくちゃ反発性があり、足が自然の上に上がり、地面を蹴る力がすごいです。しかし、、、クッション性がかなり低いため足へのダメージが大きく、長距離走ではそれは致命的です。
そう考えると、、、ターサージール5は自動的にある程度の蹴り力にとどめてくれて、足を守ってくれ、さらに最適な加速度を生み出してくれるシューズと言えるのかなと感じました。ターサージール5で地面を強く蹴ろうと思っても、無理があります。しかし、それは観点を変えると、長距離に必要な速度に自動的に力を制限して、セーブしてくれているとも言えます。ある程度の加速度は保ちながらです。ですので、最大限の加速度は得られなくとも、フルマラソンの距離で長い目線で見ると、全体で最適な力配分で走れるようにしてくれるのではないかなと感じてます。
実際、ウエーブエンペラーJAPANは変な走り方すると、すぐ足が壊れますからね、、、本当に難しいです。

二つの特性の違うシューズを併用していく予定です!

、、、といってもやっぱり、このウエーブエンペラーJAPANの力を使いこなせてこそ、これ以上のレベルアップがあると感じている面もあります。そのため、この二つのシューズをうまくトレーニング/レースで使い分けていきたいと考えています。二つのシューズで走ることでわかってくることもたくさんありますからね、、、

このページで比較した各シューズの個別レビューはこちらです!ぜひチェックしてみて下さい!
サブ3レベルシューズ比較レビュー!
ターサージール5と同レベルシューズを様々な観点で比較してます!
アシックス ターサージール5 レビュー!この進化まさに神シューズ!
大人気ターサーシリーズの最新作!
ミズノ ウエーブエンペラーJAPAN レビュー!!
ミズノからの最速シューズ。上級者向けです!
[注目!] ランニングシューズDB出来ました!重さ/価格順でメーカー/目標タイム別/ソールタイプごとにシューズを一覧で見られます!(詳細はリンク先で!)
↓こちらから直接シューズ検索できます!
メーカー:
目標レベル:
重さ:

[関連コンテンツ]




お気軽にコメントお願いします!

メールアドレスが公開されることはありません。





記事カテゴリ
自作ツール&アプリ
■Webツール(今すぐ利用可!)