10km1時間20分だった運動音痴が、高負荷トレーニング/データ分析/食事管理でどこまでランニング記録が伸ばせるか挑戦!ランニングやダイエット/健康に関する知識・グッズ等についてもまとめてます!!!
⇒ 本ブログの詳細/連絡先はコチラ!
⇒ 本ブログは複数テーマ(色)を持つ階層構造になってます!
ランTOP 自作ランツール ランシューズ ラングッズ GPS時計 心拍計 ラン知識/研究 栄養知識 おすすめ食品 ランシューズDB
  1. ホーム
  2. 〇ランニング
  3. 走行/成長記録
  4. 日記(食事、走行記録)
  5. 鼻呼吸に挑戦しましたが、パフォーマンス低下という結果に。口呼吸でないと全力走は耐えきれない?
■注目記事一覧

心拍数でスポーツ心臓かどうか判定してみよう!

ランニングウォッチDB!機能ごとに検索可能!

マラソンタイム予測ツール、どんな距離タイムからも判定可!

ターサージール6レビュー!

10km走行データ分析してみた! [速度とピッチ/歩幅/心拍/気温/接地時間等]

シューズを重さ/メーカー順に検索可!ランニングシューズDB!

時給係数予測ツール!スピード型か、スタミナ型か判定できます!
 
スポンサーリンク
Twitter(更新情報)

鼻呼吸に挑戦しましたが、パフォーマンス低下という結果に。口呼吸でないと全力走は耐えきれない?

よく、口呼吸よりも鼻呼吸の方が良いといわれています。それは、
鼻呼吸の方が酸素濃度が高い形で空気を取り入れられるからだそうです。
あとは、口呼吸だと喉がかわきやすいとかでしょうか。
そのような論はありますが、個人的に口呼吸が癖になっていたので、
そのままにしていました。しかし、そこも改めなおそうということで、
鼻呼吸にここ最近チャレンジしています。
→ 結論からいうと、失敗のようです。全力走で鼻呼吸では
耐えきれません。

何回かやってみましたが、慣れの問題ではなく、明らかに酸素が
鼻呼吸だと足りないようでした。いくら口呼吸が効率が少し悪いと
いっても、取り込める空気の量が圧倒的に違います。
全力走では口呼吸でないと維持できません。
出来る限り鼻呼吸でいって、途中からの口呼吸にかえる方法も
試してみましたが、それも悪い結果となりました。
鼻呼吸でなんとか維持できるのですが、その分身体に負荷がかかって
いるようでして。最初から口呼吸のときと比べると明らかに疲れる傾向
にありました。結果は心拍数や走行距離から明らかです。
(時速16kmで3km走行時心拍数 鼻呼吸189、口呼吸184)
ということで、やはり高速走行にこだわる自分としては、
口呼吸でいきたいと思います。(口呼吸にも色んな手法が
あるんですがね)
マラソンペースだと鼻呼吸のほうがよいかもしれないので、
それはまた別の機会に実験してみようかなと思います。


⇒「日記(食事、走行記録)」カテゴリ記事一覧

その他関連カテゴリ

[関連コンテンツ]




お気軽にコメントお願いします!

Your email address will not be published.




記事カテゴリ
自作ツール&アプリ
■Webツール(今すぐ利用可!)