10km1時間20分だった運動音痴が、高負荷トレーニング/データ分析/食事管理でどこまでランニング記録が伸ばせるか挑戦!ランニングやダイエット/健康に関する知識・グッズ等についてもまとめてます!!!
⇒ 本ブログの詳細/連絡先はコチラ!
⇒ 本ブログは複数テーマ(色)を持つ階層構造になってます!
ランTOP 自作ランツール ランシューズ ラングッズ GPS時計 心拍計 ラン知識/研究 栄養知識 おすすめ食品 ランシューズDB
  1. ホーム
  2. 〇ランニング
  3. 走行/成長記録
  4. 日記(食事、走行記録)
  5. 練習速度は身体に染みつく気がします
■注目記事一覧

ターサージール6レビュー!

時給係数予測ツール!スピード型か、スタミナ型か判定できます!

10km走行データ分析してみた! [速度とピッチ/歩幅/心拍/気温/接地時間等]

アシックスランニングシューズ比較記事!

心拍数でスポーツ心臓かどうか判定してみよう!

ランニングウォッチDB!機能ごとに検索可能!

全ランニングシューズメーカーの特徴まとめ!
 
スポンサーリンク
Twitter(更新情報)

練習速度は身体に染みつく気がします

日曜日に45km走りました。その時は久しぶりに時計を外して、
それなりに遅く(時速12k程度)で走りました。そして、2日休んで
昨日走りましたが、かなり違和感がありました。
いつもは超楽に感じる時速12kのランニングマシンが、少し
だけ負荷的に感じたのです。もちろん2日で脚が回復していない
のもあるでしょう。しかし、日曜日に遅く走ってしまったので、
身体に速度が染みついてしまった気がしました。
もちろんその後、時速15kや16kで走りましたが、かなり
きつく感じました。やっぱり、ずっと12kで走ってたとこに
15kや16kで走ったらきついということでしょうか。
そして、逆にいえば、高速スピードで走っていれば、
マラソンスピードがかなり楽に感じる気がします。
以前から、遅く走ると身体にそのスピードが染みつくので
嫌と思ってましたが、本当にそんなことがあるのかもしれ
ないですね。ただの思い込み、意識の問題なのかもしれ
ませんが、今のところはそれは真実のようです。
ということで、やっぱり高速練習で自分を追い込んでいきます


⇒「日記(食事、走行記録)」カテゴリ記事一覧

その他関連カテゴリ

[関連コンテンツ]




お気軽にコメントお願いします!

Your email address will not be published.




記事カテゴリ
自作ツール&アプリ
■Webツール(今すぐ利用可!)