10km1時間20分だった運動音痴が、高負荷トレーニング/データ分析/食事管理でどこまでランニング記録が伸ばせるか挑戦!ランニングやダイエット/健康に関する知識・グッズ等についてもまとめてます!!!
⇒ 本ブログの詳細/制作者プロフィール/連絡先/現在の行動状況はコチラ!
⇒ 本ブログは複数のテーマ(色)を持った階層構造になってます!詳しくはコチラ!
ラン全般 自作ランツール ランシューズ ラングッズ GPS時計 心拍計 ラン知識/研究 栄養知識 おすすめ食品 ランシューズDB
  1. ホーム
  2. もっとランニングにGoogle Earthを活用しよう!リアルに走行ルートを再現できるよ!
■注目記事一覧

ランニングシューズ データベース!メーカー/重さ/目標タイム別/ソールタイプなどで横断して検索可能!

スポーツ(GPS)ウォッチ データベース!各スポーツウォッチを仕様/機能ごとに一覧比較検討できます![GARMIN時計]

スポーツ心臓(安静時心拍数) 偏差値判定ツール!あなたの心臓の強さを判定します!

マラソンタイム予測ツール!最大酸素摂取量(VO2MAX)も計算 !

持久係数予測ツール!スピード型かスタミナ型か判定可能!(詳細なマラソンタイム予測も可能に)

アシックス ランニングシューズ徹底比較分析!(重量編)

持久係数予測ツール!スピード型かスタミナ型か判定可能!(詳細なマラソンタイム予測も可能に)
 

もっとランニングにGoogle Earthを活用しよう!リアルに走行ルートを再現できるよ!

Google Earthがどんどん進化してきています!以前はこちらの記事で紹介したように、3Dマウスという謎のデバイスを使わないと、快適に地図が見られませんでした。しかし、今はPCでもスマホでも、二本指操作を使って、非常に直感的に3次元空間上を移動できるようになっています!

このGoogle Earth、ただ地球上を見て回るだけの機能ではありません。Google Earthに走行ルートを取り込むことにより、超リアルに走行ルートを振り返り/予習することが可能なんです!

今回は、「もっとランニングにGoogle Earthを活用しよう!」をテーマとして、Google Earthを使うと何故嬉しいのかを力説していきたいと思います!それとともに、現状のデータ取り込み上の問題点なども列挙しています。Google Earthがもっと気軽に使える日を待ち望んでいます!

Google MapとGoogle Earthではこんなに違う!

その魅力を伝えるために、Google MapとGoogle Earthの違いを伝えさせて頂きます。GARMIN CONNECT等では標準でGoogle Mapで走行ルートが見られるようになっていますが、それ以上の嬉しいことがGoogle Earthにはあるんです!

Google Earthは3Dで見られる!超リアル!

こちらがGARMINのサイトで標準で見られる、ランニング走行ルートです。Google Mapで表示されます。これでも十分わかりやすいですが…

 
こちらが上記の走行ルートをGoogle Earthに取り込んで表示したものです。上記のGoogle Mapでは2Dで地図的にしかわからなかったものが、3Dで表示されることによりリアルに表現されます!これなら、どこを走ったのかも思い出しやすいですよね!

ことにより、ランニングの記憶とヒモ付けされる!思い出が蘇る!

これは、Google Earthで3Dでリアルに再現できることによる副次的な利点です。走行ルートがリアルに思い出せることにより、走行時の記憶が蘇ってきます!これはただ2Dのマップを見ているときにはない現象です。

さらに、走行時にはわからなかった建物の名前などもGoogle Earthでは見られますので、振り返りにより新しい発見が沢山でてきますよ!

Google Earthなら、どれぐらいの坂道があるか等も詳細にわかる!

さらに、もう一つの利点が、3D表示によりどれぐらいの坂道があるかわかるという事です。これはコースの振り返りというより、コースの事前予習時に使える機能ですね。あらかじめ、走る予定のマラソンコースをGoogle Earthで見てみると、レース計画が立てやすくなると思います!

現状、ランニング履歴参照にGoogle Earthを活用するには、たくさんの面倒なことがあります><

上記のように、ランニングコースをGoogle Earthで見ることにより、様々な利点があります。ですので、もっともっとGoogle Earthを活用していこう!と言いたいとこなのですが。そう簡単にはいかないんです。

ランニング履歴をGoogle Earthで見るのには、「KMLファイル」というものを取り込まないといけないのですが。この「KMLファイル」のやり取りがややこしいんです!

スマホだとKMLファイルが作成できない!PCでしか作成できない!

まず、このKMLファイルがPCでしか取得できません。GARMIN CONNECTであれ、SUUNTOのサイトであれ、走行履歴からKMLファイルを出力することが可能です。でも、これができるのは共にPCだけのようなんです!

つまり、スマホではKMLファイルを取得できません。Google Earth側は、スマホでもKMLファイルを取り込む機能があるんですけどね。どちらにせよ、PCを介さないとKMLファイルを作成できないんです><

KMLファイルを開くにも一苦労

KMLファイル、PCでは確かにGARMIN CONNECTなどから作成できます。でも取り込むのも面倒なんです。こちらで詳細にKML取り込み手順を記事化していますが、分かりにくい上に、面倒です。毎回この操作を行うのは少し辛いですね。

KMLファイルを調整しないと見辛い!

最後に、KMLを取り込んでもそのままでは見にくいという問題です。これは、感性にもよると思います。標準では、下図のような形で走行ルートが取り込まれます。走行ルートは黄色い点の連続で取り込まれるんです。

これが、個人的にはすごく気持ち悪くて見にくいです。カエルの卵みたいだし…ということで、ここから少しだけ編集して上手のように走行ルートを赤線だけ表示するようにしています。この操作も面倒です。

GARMIN CONNECTで直接Google Earth形式で見られる日が来ることを望みます!

ということで最後にまとめです。Google Earthはものすごく進化してきています。3D表示をすると、現実のリアルな地球を上空から見られるような感覚になります。ドローンを操っているみたいな。この機能で、走行ルートを振り返ったり、マラソン大会コースを事前に確認したりするとすごく楽しいし、意味があります。すごくオススメです!

しかし、現状、GARMIN CONNECT⇒Google Earth等の連携が非常に面倒な状況です。スマホだけでは取り込めませんし、操作がややこしです。いつの日か、GARMIN CONNECT上でそのままGoogle Earthが見られるようにならば…それほど嬉しいことはないです!是非、このような機能を実現して欲しいなあと思う次第です!

[注目!] ランニングシューズDB出来ました!重さ/価格順でメーカー/目標タイム別/ソールタイプごとにシューズを一覧で見られます!(詳細はリンク先で!)
↓こちらから直接シューズ検索できます!
メーカー:
目標レベル:
重さ:

[関連コンテンツ]




お気軽にコメントお願いします!

Your email address will not be published.




記事カテゴリ
自作ツール&アプリ
■Webツール(今すぐ利用可!)