10km1時間20分だった運動音痴が、高負荷トレーニング/データ分析/食事管理でどこまでランニング記録が伸ばせるか挑戦!ランニングやダイエット/健康に関する知識・グッズ等についてもまとめてます!!!
⇒ 本ブログの詳細/連絡先はコチラ!
⇒ 本ブログは複数テーマ(色)を持つ階層構造になってます!
ランTOP 自作ランツール ランシューズ ラングッズ GPS時計 心拍計 ラン知識/研究 栄養知識 おすすめ食品 ランシューズDB
  1. ホーム
  2. 〇ランニング
  3. 走行/成長記録
  4. 日記(食事、走行記録)
  5. ランニングマシンと外ランニングの違いについて
■注目記事一覧

ランニングウォッチDB!機能ごとに検索可能!

シューズを重さ/メーカー順に検索可!ランニングシューズDB!

心拍数でスポーツ心臓かどうか判定してみよう!

10km走行データ分析してみた! [速度とピッチ/歩幅/心拍/気温/接地時間等]

アシックスランニングシューズ比較記事!

全ランニングシューズメーカーの特徴まとめ!

ターサージール6レビュー!
 
スポンサーリンク
Twitter(更新情報)

ランニングマシンと外ランニングの違いについて

今までランニングマシンでの練習比率をかなり
高めてやってきましたが、外練習メイン
にきりかえようかなと思います!
とりあえずそれぞれのいいとこ。
○ランニングマシンのいいとこ
・いつでも一定の環境で走れる
→自分の実力がわかる
・脚への負担が少ない
・寒くない(逆に暑い)
・雨でも走れる
○外ランニングのいいとこ
・実際のレースと同じ環境ではしれる
→ランニングマシンはやっぱり違う
・景色が変わって楽しい
・その日の調子によって速度をじざいにかえられる
・熱くない(走り始めだけ寒い)
こんなとこでしょうか。とりあえず、外を走ると
わかるんですが、ランニングマシンはやっぱり退屈すぎますね。
そして気づいたのが、やっぱり地面をキックしてる感じが
ランニングマシンだとないんですよね。
ランニングマシン=脚をベルトに合わせて動かしてる
→走らされてる感じ
外ランニング=地面を自分で蹴って走ってる
→自ら走ってる感じ
どこかの研究でランニングマシンでもランニングでもあまり
トレーニングとしては変わらないという結果でてるんで
感覚だけの問題ですが、やっぱり重要だと思います。
そして、ランニングマシンは脚に優しいという点についても
足底やその周辺だけで、脹ら脛への負担などは大して変わらない
んじゃと思えてきました。
まあ、両方を試して、判断していきます。どちらか一方だけもよくないはずなので、
どれぐらいやるかの比率の問題だけですね。


⇒「日記(食事、走行記録)」カテゴリ記事一覧

その他関連カテゴリ

[関連コンテンツ]




お気軽にコメントお願いします!

Your email address will not be published.




記事カテゴリ
自作ツール&アプリ
■Webツール(今すぐ利用可!)