10km1時間20分だった運動音痴が、高負荷トレーニング/データ分析/食事管理でどこまでランニング記録が伸ばせるか挑戦!ランニングやダイエット/健康に関する知識・グッズ等についてもまとめてます!!!
⇒ 本ブログの詳細/連絡先はコチラ!
⇒ 本ブログは複数テーマ(色)を持つ階層構造になってます!
ランTOP 自作ランツール ランシューズ ラングッズ GPS時計 心拍計 ラン知識/研究 栄養知識 おすすめ食品 ランシューズDB
  1. ホーム
  2. 〇ランニング
  3. グッズ等レビュー
  4. ランニングシューズ
  5. ターサージール6を分解/重量調査してみた!
■注目記事一覧

10km走行データ分析してみた! [速度とピッチ/歩幅/心拍/気温/接地時間等]

ターサージール6レビュー!

全ランニングシューズメーカーの特徴まとめ!

シューズを重さ/メーカー順に検索可!ランニングシューズDB!

アシックスランニングシューズ比較記事!

時給係数予測ツール!スピード型か、スタミナ型か判定できます!

ランニングウォッチDB!機能ごとに検索可能!
 
スポンサーリンク
Twitter(更新情報)

ターサージール6を分解/重量調査してみた!

ターサージール6のハズレが多すぎるので… 分解調査してみました!

ターサージールがもうすぐ販売終息しそうですね。後継のターサーエッジがメインで売り出されており、ターサージールはいつなくなるか分からない状況です。そのため、自分はターサージール6を8個以上ストックしています。

↓こんな感じでAmazonで5個パックで購入したりしてます。急になくなったら困るので><

しかし、かなり困ることが起きています。それはターサージール6がものによって重さが全然違うことです。個体差がかなり激しく25.5センチで150gのものもあれば、160gを超えるものもあるんです!さすがにバラつきすぎですよね。

自分は軽さを武器に走っているので、160gのターサージールではどうしても困るわけで、、、使い物にならないんです。ということで、開けて重さを測った瞬間に要らない子になるターサージールがいくつも出ていています><

このままじゃ勿体ない!ということで、ターサージールを分解して、調査してみることにしました!主な調査の主題は「どのパーツに、どの程度の重さがあるのか?」という部分です。

とりあえず調査結果をパパッと列挙させて頂きます!

本体

まずは本体の重さです。この個体は、、、159.5グラムの重さでした!150グラムの子もいるので、本当に重い部類ですね><実験にはもってこいです!

インソール

次に取り出しやすいインソールの重さです。コチラは16.3グラムとなりました!なくてはならないインソールですが、やっぱりそれなりの重さある様子。ちなみにこれも個体差あり、15グラム程度のシューズもありました。

靴紐

次に靴紐です。これが一番ビックリの4.6グラムです!見た目以上にすごく重いんです!ターサージールの靴紐はガッチリしているので、これぐらい重くなってしまっているみたいです。軽量シューズのものなら、2グラム程度の靴紐とかありますし、、それに変えるだけで2グラムの軽量化になります!

靴紐辺りのサポート部分

次に靴紐周辺のサポート部分(正式名称あるんでしょうか)です。コチラは約7グラム程度です。ターサージールのこの部分はクッションが付いていたりするので、重めになっています。こうみると、ターサージールは軽量化できそうなところがかなりあるんですよね。

アッパー全体(かかと部分除く)

次にいきなりですが、アッパー全体をソールから分離してみました。その結果、、、かかと部分を除くとアッパー全体で34g程度の重さとなりました!これは軽いのか重いのか、、

かかと部分

次に上記のアッパーに含まれていなかった、かかと部分の重さです。ターサージールの後ろの部分が重いって前から自分は言っていたのですが、、正しかったですね。9.2グラムめちゃくちゃ重いです。ただ重さがあるだけでなく、後重心になってしまうので、本当によくない、、、><

ソール

で肝心のソールの部分。写真の通り、完全にキレイに抜き取れてるわけではないですが、出来る範囲で分解した結果です。ソールの重さは… 86グラムでした。やっぱりターサージールの高いクッション性はここに支えられているわけですね。

アッパーのマーク部分

おまけです。アッパーの横にあるマーク?部分を取り外してみたところ、、、3グラムでした。この部分とかも、無駄に見えるので是非取り外したい

まとめ:ターサージールの重さの57%はソール。しかし43%はアッパー等の重さ!軽量化の余地あり?

最後に軽くまとめです。昔からターサージールなどの軽量シューズで、どの部分に重さの比重があるのか気になっていました。もっというと、どこか軽量化出来る部分はないか探るために、その構成と重さ比率が知りたかったのです。
 
今回の測定結果から、160グラムのシューズの57%はソールであることが分かりました!しかし、逆にいうと43%がアッパーの重さなんですよね。なかなかソールの部分を削ったりすることは出来ませんが、アッパーならなんとか軽量化できそうな感じしますよね。

無駄なところを省けば、軽いターサージールでももっともっと軽量化できるのではないか、、、そんな思いが芽生えてきました!ということで、次回はこの結果を踏まえた、ターサージール軽量化施策を行っていきます!


⇒「ランニングシューズ」カテゴリ記事一覧

その他関連カテゴリ

[関連コンテンツ]




お気軽にコメントお願いします!

Your email address will not be published.




記事カテゴリ
自作ツール&アプリ
■Webツール(今すぐ利用可!)