10km1時間20分だった運動音痴が、高負荷トレーニング/データ分析/食事管理でどこまでランニング記録が伸ばせるか挑戦!ランニングやダイエット/健康に関する知識・グッズ等についてもまとめてます!!!
⇒ 本ブログの詳細/制作者プロフィール/連絡先/現在の行動状況はコチラ!
⇒ 本ブログは複数のテーマ(色)を持った階層構造になってます!詳しくはコチラ!
ラン全般 自作ランツール ランシューズ ラングッズ GPS時計 心拍計 ラン知識/研究 栄養知識 おすすめ食品 ランシューズDB
  1. ホーム
  2. 〇ランニング
  3. グッズ等レビュー
  4. 超ミニスマホ Jelly Pro!「ランニング専用スマホ」と言えるぐらい快適!1万4千円で即日買える!
■注目記事一覧

ランニングシューズ データベース!メーカー/重さ/目標タイム別/ソールタイプなどで横断して検索可能!

スポーツ(GPS)ウォッチ データベース!各スポーツウォッチを仕様/機能ごとに一覧比較検討できます![GARMIN時計]

スポーツ心臓(安静時心拍数) 偏差値判定ツール!あなたの心臓の強さを判定します!

マラソンタイム予測ツール!最大酸素摂取量(VO2MAX)も計算 !

持久係数予測ツール!スピード型かスタミナ型か判定可能!(詳細なマラソンタイム予測も可能に)

アシックス ランニングシューズ徹底比較分析!(重量編)

持久係数予測ツール!スピード型かスタミナ型か判定可能!(詳細なマラソンタイム予測も可能に)
 

超ミニスマホ Jelly Pro!「ランニング専用スマホ」と言えるぐらい快適!1万4千円で即日買える!

超ミニスマホ Jelly Proを購入しました!ランニングに最適なスマホです!

先日、前から気になっていたスマホを購入しました。 Jelly Proというスマートフォトンです。このスマホ、世界で2番目に小さいと言われています。なんと、画面サイズ2.5インチ程度なんです!iphone SEでさえ4インチあるのを考えると、本当に小さいことが分かると思います!下の写真でも、その小ささが分かると思います。

なぜこの Jelly Proを購入したのか。それは、ただ一点、「ランニング専用スマホ」が欲しかったからです。そして、実際にJelly Proを使ってみた結果…その用途が合っていることが分かりました!Jelly Proこの「ランニングに最適化されたスマホ」と言っていいぐらいスゴイです!超オススメかつ、超低価格で購入&運用できちゃいますので、是非参考にしてみて下さい!なかなかこんなスマホに出会えないですよ!

前提:現在のスマホは大きな画面のものばかり…

まず、前提ですが、自分はランニング用スマホで6年以上前のものを未だに使っています。なぜなら、「ジョギングに最適な小さなサイズのスマホが発売されない」からです。スマホの黎明期では、昔ながらの小さな端末のスマホがたくさん発売されていました。しかし、現在はスマホは大画面が当たり前の時代になりました。小さくても、4インチ程度の画面であり、ソレ以下なんて論外の状態です。

ですので…自分はずっと昔のSH-07Dという機種を未だに使っています。この機種ならランニング時にも邪魔にならずに快適だったのですが…さすがに6年前の機種は辛いです。性能的に辛い。そして、最新のandroid OSではないため、グーグルマップも最新のバージョンのものが入れられない状況です。ときどきバグりますし…「さすがにそろそろ買い換えないと使えなくなる」状況にあったわけです。

価格はなんと、1万4千円!Amazonで即日買えちゃいます!

まず最初に伝えたいのが、その価格の安さです。下の通り、なんと Jelly ProはAmazonで1万4千円程度で売られているんです!ちょっと安すぎですよね!さらに、海外製品なのに制作会社が日本のことをちゃんと考えており、すぐに日本のAmazonから発走できる状態になっています。自分は、注文したその日に即日届きました!

これだけ安いですが、性能もちゃんとしています。その他の方もレビューはされているので、技術的な説明は省きますが、CPUもそれなりのものを積んでおり、メモリは2GBもあるので性能的には問題ないかと。重いゲームをやらなければ、まず問題はないはずです。昔の小さなスマホの性能の悪さで苦労していた自分にとっては、この性能の高さは本当に有り難いです!

ちゃんと日本の技適に対応している!海外スマホでも安心して使えます!

ここで最初に述べておきたいのが、「 Jelly Proはちゃんと日本の技適を通っている」ということです。海外のスマホは、面白そうなものがたくさんありますが、日本の電波法の「技適」を通っていないものがほとんどです。そして、この技適を通っていないものを日本国内で使うと、法律違反になります。それで逮捕された人はいないようですが…さすがに法律違反するのは嫌ですよね。でも、 Jelly Proなら安心。下図のように技適を通っており、当然のように日本語対応してます!

↓ちゃんと画面上で日本の「技適マーク」が出ます

Jelly Proを使ってみた感想!控え目に言っても、最高です!

Jelly Proは手にジャストフィット!「バトン」と同じぐらいのサイズ感/重量感で超快適!

まず、Jelly Proの使用感について。はっきり言って、最高です。これだけでもランナーなら買いかもしれません。今までに、多くの種類の携帯やスマホを持って走ってきましたが…確実にNo.1ですね。超快適。

何が良いかと言うと、「握った手にしっかりとフィットする」こと!大きなスマホだと、どうしても横幅が邪魔になるんですよね。横幅が広いため、手をかなり広げて走る必要があるんです。iphone SEでさえ、そんな感じ。でも、普段、手を広げて走る人なんてあんまりいないですよね… ストレスフリーで走るためには、「握りにくい」は相当致命傷になるんです。

でも、Jelly Proは下図のように超ジャストフィットです。小さすぎることもなく、見事に手にフィットしています。この感触を例えると… リレーの「バトン」のような感じです。手にスポッと当てはまる感じ。すごい。

さらに重要なのは重量感です。走る時に、出来るだけ重いスマホは持っていきたくないです。100g程度ならなんとか許容できますが、それ以上のスマホは持っていくのも嫌になります。しかし、このJelly Proはわずか60gです!この重さであれば、全く気になりません。むしろ、上でも言っている「バトン感」があり、快適なぐらいです!

結論としては、Jelly Proのサイズ/重量ともに、ランニングに最適なサイズになっています。これは一度持ってみて欲しいです。このフィット感、最高です!

Jelly Proで地図が快適に見られる!GPS感度も快適です!

では、実際のJelly Proの使用感はどうなのかというと…これも想像以上でした。上でも記述しましたが、今まで自分は1インチのAndroidなどを触ってきており、その使いにくさを嫌というほど体感してきました。小さいスマホはどれも面白いんですが、実用的ではないんですよね。

しかし、Jelly Proは違います。Amazonのレビューを見て頂ければわかりますが、「オモチャとして買ったのに、意外と実用的でビックリ」と言っている方が多いです。本当にそのとおり。Jelly Proは見た目で驚かせるためだけではなく、ちゃんと実用的になっているんです!

少なくとも、下の写真のような地図参照用途では、普通に使えます。結構広めに地図が見られるのが分かりますよね!GPSもすぐキャッチするので、ときどき地図を見るような使い方もバッチリできちゃいます。大きなスマホの地図アプリと大差なく、使えちゃいます!

Jelly Proでの文字入力は…意外といけちゃうんです!

今回ランニング時の地図参照用としてJelly Proを購入しましたが、もう一つ買った理由があります。それは、ランニング時のメモとして使用するという用途です。コチラで記事にもしていますが、ランニング/ジョギングをすると、新しいアイデアが浮かんできやすいです。走ると、思考が自由になることにより、どんどんと新しい発想が浮かんできます。でも、ランニング中、それをメモする方法がないんですよね。その「メモ用途」のためにJelly Proを購入してみたわけです。

結果としては…予想以上でした!わずか2.5インチの画面ですが、必要最低限のサイズは確保されており、日本語文字フリックが普通に可能です!無理している感はあまりなく、自然に入力可能なんです!下の画像がそのサイズ感。指に比べて、入力ボタンが小さく見えるかもしれませんが、実際つかうとこれでも問題なく入力できます。これが、1.2インチの時計とかになると、本当にキツくなるんですけどね(実体験)。たぶんこの2.5インチというのが、快適にフリック入力可能な最小サイズなんだと思います!

Jelly Proはストラップが付けられる!これはランナーにとって重要です!

このJelly Proを「ランニング専用スマホ」と言い張りたい点として、「ストラップが付けられる」というポイントがあります。上の写真でもいくつか見えちゃっていますけどね。ちゃんとストラップの穴が空いているんです。下の画像の通り、本体にしっかりストラップがくくりつけられます。

これってめちゃくちゃ重要です。スマホを手に持って走ると…もちろん普段以上に落としやすいです。結構な速度で走りますし、自分自身疲れてきて、ぼーっとしちゃいますからね。そんな時、手からスマホが飛び出したら…。ただ落とすだけなら良いんですが、最悪、ランニングしているスピードで手から飛び出してしまいます。それで他の人にブツけてしまったら最悪ですよね。

でも、下図のようにストラップをつけ、腕に巻いておけば、そんな心配ありません。どんな時に手を離しても、スマホが腕から離れる心配はありません。もちろん、他人にブツけることなんて、可能性0。ですので、「ストラップがつけられる」という点はランニング用スマホとしては死活問題に相当する機能だと思っています。そして、このJelly Proはちゃんと付けられるようになっています!ストラップ穴があるスマホなんて絶滅寸前なので、本当に有り難いです!

ちょっと穴が狭くて、ストラップを付けるのに苦労しましたが、一度通せば普通に使えます。そして、ストラップを付けたらもう安全。走っている最中に気を失っても、手からJelly Proが飛び出すことはないはずです。

↓こんな感じで腕にストラップを通せば、安全ですね!

Jelly Proは、「月額0円」の0simとの組み合わせが超オススメ!

ここでオススメしたい事があります。それは、Jelly Proと一緒に、0SIMで運用することです。0SIMはコチラでも記事化していますが、月額0円で使えちゃう格安SIMです!下図は0SIMの料金体系です。通信した量によって、支払い額が変わります。そして、一ヶ月500MB以下については…0円なんです!データ専用SIMであれば、月額0円でつかてしまうんです!もし、それ以上通信をしてしまったとしても5GBまで1600円です。十分安いですよね!

このように、低データ量だったら無料で使えてしまうのがこの0SIMの特徴です!ハッキリ言って、ランニング中は動画を見ることなどないと思うので、一ヶ月500MBなら十分だと思います。ちなみに、Google Mapは1kmで1.27MB程度の通信をするらしいので、ずっとGoogle Mapをつけっぱなしにしても、月間400kmまで走れちゃいます。十分過ぎますよね!

こにの0SIMと合わせれば、初期コスト2万円以下、ランニングコスト0円でランニング中にネットが出来るようになります!本当にスゴイ時代になりました。

Jelly Proにはいくつか欠点もあります><

ここまでJelly Proの良い点を伝えてきましたが、もちろん悪い点もあります。ほとんど良い点しかないのですが、2点だけ欠点があります。

欠点1:Jelly Proの電池は950mAhしかない!ランニング中、常時画面ONは不可能?

一つ目の欠点は、電池の容量が少ないということ。具体的に言うと、950mAhしかありません。iPhone8が1821mAh程度らしいので、その半分程度ですね。電池を小さくしてサイズを削らないといけないため、仕方がないことですが…少し心許ないです。

ただ、画面サイズが小さいので、電池使用量も低いです。画面面積からいうと、iphoneの1/4程度ですので、電池消費量も1/2程度になっている(はず)。ネットのレビューを見ても、普通の使い方をすれば1日程度は持つ様子。ランニングであれば、6時間程度は持ちそう。十分ですかね? もしくは下図のようにJelly Proは電池交換式になっているので、替えの電池を持つのも手かと思います!

欠点2:Jelly Proは防水じゃない!小雨ぐらいなら大丈夫だけど、大雨の中ではキツい!

もう一つ、Jelly Proには問題点があります。それは、「防水」ではないこと。自分が今まで購入をためらっていたのも、この点が原因でした。ここまで「ランニングに最適なスマホ」になっているのに、防水じゃないんです!うーん… ただ、現在のスマホならちょっとぐらいの小雨ぐらいならまず使えるでしょうし、壊れる可能性は低いと思います。また、価格1万4千円以下となっているので「使い捨て」ぐらいの感じで持つのもいいかと思います。10万円のスマホが雨で壊れたらショックですが、1万4千円以下ならまだ許せるぐらいな気がします。そんなに壊れるもんじゃないですし、自分は割り切ってしまうことにしました。

まとめ:超ミニスマホ Jelly Proは「ランニング専用スマホ」として売り出すべき!

最後にまとめです。Jelly Proは自分が長年待ち望んでいたようなスマホでした。2010年ぐらいからのスマホブームにより、各社色んな機能を詰め込もうと、どんどん画面が大きくなっていきました。そのため、昔は3.5インチぐらいのスマホは珍しくなかったのですが、今では絶滅寸前になっています。3.5インチでもランニングには大きいぐらいなのに…

そんな中、やっと現れてくれたのがこの「Jelly Pro」です。Jelly Proは2.5インチという超小さな画面サイズのスマホです。持ってみた感触としては、本当に最高。まるで「バトン」のようなサイズ感と重量感になっており、超快適。さらに、ランナーには嬉しいストラップ穴もついています。これにより、腕にストラップを巻いて、安心してランニング出来るようになっています!

そして、「Jelly Pro」はただ人に見せて、驚かせるための道具ではないです。ちゃんと「実用的」になっています!上述した通り、地図参照やメモ記録用など、様々なことに使えるようになっています。地図も快適に操作出来ますし、文字もフリック入力で楽に打てます。「実用性を考えた、必要最小限のサイズ」になっているんです。本当に素晴らしい!

「防水じゃない」っていうとこが唯一の難点ですが…まあ、それは1万4千円という価格を考えるとご愛嬌ということで(笑) コチラの記事でも紹介している0 SIMをつかうと、月額0円で使えてしまいますので、是非試しに使ってみて下さい!全部で2万円弱で、ランニングコスト0円で「オンラインなランニング環境」が整えられますよ!

↓Amazonで購入するのが、一番手っ取り早いです!海外製品なのに、即日買えちゃいます!


 

[注目!] ランニングシューズDB出来ました!重さ/価格順でメーカー/目標タイム別/ソールタイプごとにシューズを一覧で見られます!(詳細はリンク先で!)
↓こちらから直接シューズ検索できます!
メーカー:
目標レベル:
重さ:

[関連コンテンツ]




お気軽にコメントお願いします!

Your email address will not be published.




記事カテゴリ
自作ツール&アプリ
■Webツール(今すぐ利用可!)