10km1時間20分だった運動音痴が、高負荷トレーニング/データ分析/食事管理でどこまでランニング記録が伸ばせるか挑戦!ランニングやダイエット/健康に関する知識・グッズ等についてもまとめてます!
⇒ 本ブログの詳細/制作者プロフィール/連絡先/現在の行動状況はコチラ!
⇒ 本ブログは複数のテーマ(色)を持った階層構造になってます!詳しくはコチラ!
ラン全般 自作ランツール ランシューズ ラングッズ GPS時計 心拍計 ラン知識/研究 栄養知識 おすすめ食品 ランシューズDB
  1. ホーム
  2. 〇ランニング
  3. イチロー選手の「野球の研究者でいたい」という言葉が胸に響いた!「現役選手」にこだわる理由が分かる気がする。
■注目記事一覧

ランニングシューズ データベース!メーカー/重さ/目標タイム別/ソールタイプなどで横断して検索可能!

スポーツ(GPS)ウォッチ データベース!各スポーツウォッチを仕様/機能ごとに一覧比較検討できます![GARMIN時計]

スポーツ心臓(安静時心拍数) 偏差値判定ツール!あなたの心臓の強さを判定します!

マラソンタイム予測ツール!最大酸素摂取量(VO2MAX)も計算 !

持久係数予測ツール!スピード型かスタミナ型か判定可能!(詳細なマラソンタイム予測も可能に)

アシックス ランニングシューズ徹底比較分析!(重量編)

サブ3レベルシューズ比較レビュー!(ターサージール5、takumi sen boost2、ウエーブエンペラーJAPAN、ソーティ)
 

イチロー選手の「野球の研究者でいたい」という言葉が胸に響いた!「現役選手」にこだわる理由が分かる気がする。

イチロー選手に関するニュースが今日流れました。もう20年ぐらい前から、イチロー選手は自分にとっての理想であり、一番の憧れの存在です。アスリートとして尊敬するイチロー選手の話、そしてイチロー選手の発言に感銘を受けましたので、思っていることを書かせて頂きます!

最初にニュースを見た時は、「なんだこの契約」と思ってしまった。

正直、最初にこのニュースを見た時はよく分かりませんでした。イチロー選手がマリナーズの会長付特別補佐になるというニュースです。会長付特別補佐ということは、現役から退くこと。「今年は出場しないけど、来年以降は出場するかも。」という謎契約。普通に考えたら、なんだそれって思いますよね。なんで、来年以降出られる可能性があるのに、今年は一切可能性がないのか。奴隷契約なんじゃないかとも思いました。

そして、「来年の日本で引退試合を行うための契約」なんじゃないかと考えました。来年、マリナーズは開幕試合を日本で行うそうです。その試合に引退試合として出場させるために、今季は諦めてもらって、来年引退試合だけ日本でやるんじゃないかと。そう思ってました。

イチロー選手の「野球の研究者でいたい」を聞いて衝撃を受けた!

しかし、その後、イチロー選手の会見を見て、その真意がわかった気がしました。イチロー選手は来季以降もプレイヤーとして試合に出場する可能性があること、特別な契約となったことについて、「野球の研究者でいたい」という思いを述べていました。そして、その思いを胸に、これからも普通の選手と一緒に練習を続けていくようです。

「野球の研究者でいたい」。この言葉を聞いて、衝撃を受けました。44才となったイチロー選手が、既に野球を極めていると周りからは見られるイチロー選手がこのような発言をしたことに衝撃を受けました。

たぶん、イチロー選手は、「まだまだ野球が上手くなれる」という思いがあり、まだまだ上手くなる方法があると考えているんだと思います。ここまで偉業を達成し続けているのに、まだまだ完成形ではないと自分自身で思われているのだと思います。…この向上心こそ、まさにイチロー選手がイチロー選手たる所以だと思います。他の人では真似できないですよね。

イチロー選手は「現役で有り続けること」「野球を探求し続けること」に一番こだわっているんだと思う

今回の結果はイチロー選手にとって、悩み抜いた結果なのではないでしょうか。本当は、ずっとレギュラーで50才までプレーし続けたかったはずです。でも、MLBはプロ中のプロの世界であり、そんなに簡単にそれが実現できる世界ではないです。

そして、年をとっても、無理にずっと試合に出続けるのは厳しいですよね。野球はチームプレーの競技です。エゴで無理やり試合に出場し続けたら、チームに対しても迷惑がかかる事はあるだろうし、若手の出場機会を奪ってしまう可能性もあるだろうし。

だからこそ、「50才までずっとバリバリ現役でプレーする」という当初の思いはある程度妥協し、一番重要な「50才までアスリートとして、プロで居続けること」「野球を探求し続けること」にこだわったのではないかと思います。今回のイチロー選手の決断は、普通の人から見ると、「試合に出ないんだから、終わったようなもの」と考えるでしょう。でも、イチロー選手自身にとっては全く終わってないんだと思います。本当の目標である「50才までアスリートとして、プロで居続けること」自体は終わっていないからです。

周りがどんなに終わったと言っても、イチロー選手自身は諦めていない気がします。まだまだ探求できる世界が野球にあると考えているんだと思います。そして、それが見つかれば、また活躍できる可能性はわずかにあると。でも、その可能性はプレーを止めて現役から退いた瞬間に、消えてしまいます。

その可能性を捨てず、現役にこだわり続けること。周りのチームメイトに指導しながら、自らもその可能性を追い続けること。これこそが、イチロー選手の「まだ終わっていない」の真意なんだと思います。そして自らがその可能性を探求していくことで、より的確なアドバイスがチームメイトにも出来るんじゃないかな、と思います。一石二鳥ですよね。

日本のプロ野球に帰ってきて、プレーを続けたほうが現役を続けられるのに…という声もあります。しかし、プロ中のプロの世界であるMLBで、最後まで可能性を追い続けることが、イチロー選手の選んだ道なのでは、と思います。

イチロー選手にはいつまでも現役でいて欲しい。試合に出られなくても、アスリートでいて欲しい。

個人的に、今回のイチロー選手の決断には大賛成です。正直、プロ野球選手は引退すると、かなり太ってしまって元アスリートとは思えない体型になってしまう方が多いですよね(笑) イチロー選手がそんな体型になるとは到底思えませんが…いつまでも自分自身の理想を追い求める「プロ」であって欲しいなと思うのです。イチロー選手自身も「240パウンド(体重=約108キロ)になったら、もう終わり」という発言をされていますし、まさにその通りですよね。

そして、若手を育てることも大事ですが、今まで通り、自分自身も鍛錬を重ねる姿であって欲しいです。イチロー選手が若手の練習をボーッと見ているだけって、なんか悲しいです。そして、イチロー選手自身もそう考えているんだと思います。試合に出なくとも、鍛錬を続けていって欲しいです。今までも普通の野球選手じゃなかったように、たぶん今後も普通のコーチ/監督にはならないはず。周りの指導を続けながら、驚くようなプレーを目指すのだと思います。

ファンとしての勝手な予想ですが…イチロー選手は50才になるまで、僅かな復帰の可能性を信じて、アスリートのような生活を続けていくんだと思います。それをかっこ悪いと言う人もいると思いますが…自分はそんなイチロー選手を待ち望んでいます!かっこ悪くても、自分の中の理想を貫ぬく姿を見せて欲しいです!

[注目!] ランニングシューズDB出来ました!重さ/価格順でメーカー/目標タイム別/ソールタイプごとにシューズを一覧で見られます!(詳細はリンク先で!)
↓こちらから直接シューズ検索できます!
メーカー:
目標レベル:
重さ:

[関連コンテンツ]




お気軽にコメントお願いします!

メールアドレスが公開されることはありません。





記事カテゴリ
自作ツール&アプリ
■Webツール(今すぐ利用可!)