10km1時間20分だった運動音痴が、高負荷トレーニング/データ分析/食事管理でどこまでランニング記録が伸ばせるか挑戦!ランニングやダイエット/健康に関する知識・グッズ等についてもまとめてます!!!
⇒ 本ブログの詳細/制作者プロフィール/連絡先/現在の行動状況はコチラ!
⇒ 本ブログは複数のテーマ(色)を持った階層構造になってます!詳しくはコチラ!
ラン全般 自作ランツール ランシューズ ラングッズ GPS時計 心拍計 ラン知識/研究 栄養知識 おすすめ食品 ランシューズDB
  1. ホーム
  2. ゲルカヤノ25(GEL-KAYANO 25)レビュー!加速性が進化した最強の初心者向け超おすすめシューズ!
■注目記事一覧

ランニングシューズ データベース!メーカー/重さ/目標タイム別/ソールタイプなどで横断して検索可能!

スポーツ(GPS)ウォッチ データベース!各スポーツウォッチを仕様/機能ごとに一覧比較検討できます![GARMIN時計]

スポーツ心臓(安静時心拍数) 偏差値判定ツール!あなたの心臓の強さを判定します!

マラソンタイム予測ツール!最大酸素摂取量(VO2MAX)も計算 !

持久係数予測ツール!スピード型かスタミナ型か判定可能!(詳細なマラソンタイム予測も可能に)

アシックス ランニングシューズ徹底比較分析!(重量編)

持久係数予測ツール!スピード型かスタミナ型か判定可能!(詳細なマラソンタイム予測も可能に)
 

ゲルカヤノ25(GEL-KAYANO 25)レビュー!加速性が進化した最強の初心者向け超おすすめシューズ!

こちらの記事でも書きましたが、ゲルカヤノシリーズの新作ゲルカヤノ25(GEL-KAYANO 25)が6月8日に発売になります。しかし、実は6月1日よりいくつかのアシックス直営のショップで先行販売しているんです!!ということで、さっそくゲルカヤノ25(GEL-KAYANO 25)を購入してきて走ってみました!細かくレビューしていきます!

自分がランニングをはじめた頃から使用していたゲルカヤノですが、ついに25番目のシリーズとなりました。初代は1993年に発売されたようで、ちょうど25周年になるんですね。初代がファミコンとか、そういう時代に生まれたと考えると感慨深いです。コンピューターなどは20年前と比べるとめちゃくちゃ進化していますが、シューズはそこまで大きく変わることなく少しずつ進歩を続けています。ちなみに、アシックス原宿フラッグシップ店では、下図のように歴代のゲルカヤノ1~25まですべて展示するイベントも行っているようです!6月中限定みたいなですので、気になる方は行ってみましょう!

さて、今回のゲルカヤノですが、実はまた大幅に作りが変わっているようです。「FlyteFoam Lyte(フライトフォームライト)」「FlyteFoam Propel(フライトフォームプロペル)」という新素材を組み合わせてソールを構成しているとのことです。以下、アシックスのプレスリリースから一文引用させて頂きます。

「FlyteFoam Lyte」は、着地時に衝撃がかかりやすいミッドソールかかと部に採用しています。環境に配慮したエコ素材を使っており、「FlyteFoam」より軽量で耐久性が向上しています。

「FlyteFoam Propel」は、ミッドソール全面に採用しています。反発性がより高まっており、特につま先が地面を離れる際に効果を発揮し、跳ねるようなライド感が得られます。

簡単に言うと、新素材「FlyteFoam Propel(フライトフォームプロペル)」を混ぜ込むことで、今までよりも反発性を高めたようです。個人的にはクッション超重視でも良い気がしますが、とにかく初心者向けシューズでもスピードを求めたのがこのゲルカヤノ25(GEL-KAYANO 25)なんです!

↓ゲルカヤノ25(GEL-KAYANO 25)は、7種類ぐらいのラインナップがあります!

ゲルカヤノ25(GEL-KAYANO 25)の概要から!最強の安定シューズです!

まずはゲルカヤノ25(GEL-KAYANO 25)の特徴から説明していこうと思います。上記の通り、ゲルカヤノ25は初心者向けのシューズです。ゲルカヤノの特徴はそのクッション性です。ゲルカヤノ25は最大限までクッション性を高めています。走り始めで不安な人は、このゲルカヤノを選んでおけば間違いなしです!

また、ゲルカヤノ25は安定性は前後や左右にぶれることを防ぐことで、怪我の心配げ軽減するため、すごく重要な機能です。クッション性があるだけだと、倒れこんでしまい走れなくなってしまいますので。この安定性も保っているのがゲルカヤノの神髄です。ゲルカヤノ25ではデュオマックス、ガイダンストラスティック、メタクラッチヒールカウンターという機能を用いており、倒れこみを防いで安定性を高めているようです。その他、ミッドソールを補強することにより、ねじれが発生しないようにもしているようです。

その他、上記で紹介した新素材である「FlyteFoam Lyte(フライトフォームライト)」「FlyteFoam Propel(フライトフォームプロペル)」を用いることで、出来る限り軽量化をほどこし、走りやすくしているとのことです。クッション性を保ちながら、速く走れるように軽量化されているわけです!

ゲルカヤノ25(GEL-KAYANO 25)の開封!

それではゲルカヤノ25の開封にはいりたいと思います。今回は、参考として前回モデルのゲルカヤノ24(銀色)と比較しながら紹介していきます。ゲルカヤノ24もかなり軽量化されていて素敵なモデルでしたが、1年間ずっと履き続けていたので経年劣化していきています。それでも、あまり形が崩れていないのがアシックスの技術のすごいところです。

こちらがゲルカヤノ25の外観です!左側の黒色のシューズがゲルカヤノ25で、右側の銀色のものがゲルカヤノ24です。このゲルカヤノ25はアシックス店頭販売の限定色らしいです。今回は明らかにこれが一番かっこいい色になっているので、アシックス専門店で購入するのをおすすめします。個人的には、ゲルカヤノ24と比べてめちゃくちゃかっこよくなっている気がします。銀色よりも黒色が好きというのもありますが。昔のゲルカヤノなんて、かっこ悪いの極みでしたから(笑) それに比べて現在のゲルカヤノ25はかなり洗練されているイメージです。(ナイキには敵わないけど)

こちらサイドからみたところです。上が新作のゲルカヤノ25、下がゲルカヤノ24です。やっぱり両方ともソールが分厚いですね。これこそがゲルカヤノシリーズのアイデンティティです。

そしてこちらがソールの裏側です。左側がゲルカヤノ25、右側がゲルカヤノ24です。このソールは23,24の間ではほとんど変わりはなかったのですが、今回大きく変わっていました!見ての通り、模様が全く違います。ゲルカヤノ25(左)は縦方向に線が入った形で、地面を掴めるような構造になっています。ゲルカヤノ25がスピードを追い求めた結果でしょうか。

ちなみにですが、今回のゲルカヤノ25はゆったり目に作られているようです。特に前足部分は余裕があるように作られているとのこと。ですので、今まで26センチを履いていた自分も、色々履いて試した結果、25.5センチを選択することになりました。0.5センチ小さめで選んだほうがいいかもしれません。とにかく、ちゃんと試してみることをオススメします。

ゲルカヤノ25の重量(重さ)!

それでは気になるゲルカヤノ25の重さについてです。まずは、参考としてかなり昔のゲルカヤノ15と1つ前のモデルのゲルカヤノ24の重さから紹介します。

旧のゲルカヤノ15の重さは下記のように、355グラムです。シューズの長さが27センチというのもありますが、かなり重たいです。結構普段はいていたらいしますが、正直重いですね。
20150117_115029.jpg
結果:27.0センチ 355.5グラム

それに対して、ゲルカヤノ24は、、、、重さは…288グラム!26センチで少し上のゲルカヤノ15より小さいですが、それでも軽すぎですよね。さいきんはどんどん軽くなる傾向にあります。もう初心者向けシューズなんていわせないぐらいの進化ですね。

結果:25.5センチ 288グラム

そして、今回発売のゲルカヤノ25の重さを計測してみました。重さは…294グラムです。サイズは25.5と、ゲルカヤノ24と比べて0.5センチ小さくしていますので、明らかに重くなっている気がします。上記のようにソールの素材を変えて、反発性を上げたのが影響している気がします。まあ、最近のゲルカヤノが軽すぎただけで、これでも十分軽いと思います。また、正直、288グラムと294グラムの差なんてほとんど感じられないと思います。

結果:25.5センチ 294グラム

ゲルカヤノ25のソールの厚さ

それでは、もう一つ重要なソールの厚さについての計測にはいります。各測定部分の名称は下記のようによんでいます。
20150117_125207(0)-001.jpg
こちらもまず、参考として相当昔のゲルカヤノ15のデータから
 
[ゲルカヤノ15]
20150117_125241.jpg
結果
前足部[前]:2.2cm
前足部[後]:2.8cm
後足部:4.0cm
踵部:3.9cm

やはり、厚いですね。他の上級者シューズの2倍ぐらいの厚さがあります。そしてゲルカヤノ24は。。。


[ゲルカヤノ24]


結果
前足部[前]:2.0cm
前足部[後]:2.6cm
後足部:3.7cm
踵部:3.7cm

少しだけ昔のゲルカヤノより薄くなっていますね。それでも、クッション性と安定性は同等レベルに保っているのがすごいです。


[ゲルカヤノ25]


結果
前足部[前]:2.0cm
前足部[後]:2.8cm
後足部:3.5cm
踵部:3.7cm

今回発売のゲルカヤノ25です。まあ、あまりゲルカヤノ24と変わっていないですね。ほとんど誤差レベルかと。

参考として、超上級者向けシューズのソーティマジックLTの情報もはっております。圧倒的に薄いです。これが上級者向けとの違いになるかと。ちなみに重さは脅威の140g(25.5cm)です。

[参考:ソーティマジックLT(超上級者向けシューズ)]

20150117_125315(0).jpg
結果
前足部[前]:1.2cm
前足部[後]:1.3cm
後足部:2.0cm
踵部:1.7cm

ゲルカヤノ25(GEL-KAYANO 25)で走ってみた感想!

ゲルカヤノ25は抜群の安定性を誇っています!

ゲルカヤノ25ですが、変わらず安定性は高いと思います。何をしても、足をくじくことはないかと。初心者でも安心して走ることが出来ると思います。迷ったら、ゲルカヤノ25を選んでみましょう!!

ゲルカヤノ25のクッション性は、少しだけゲルカヤノ24より弱い気も…

安定性は、上記の通り全く問題ありません。すごく頑丈に作られています。しかし、もう一つの売りであるクッション性については、少しだけゲルカヤノ24より弱まっている印象を受けました。少しだけ前足部分に衝撃を感じた気がします。最近、ナイキのエピックリアクトという厚底シューズを履いているからかもしれませんが、衝撃は少し感じました。これは、反発性を上げた事によるものかと思います。

個人的には、純粋にクッション性の強化を最大限に高めてほしかった気がします。

ゲルカヤノ25はスピードを出しやすくなっています!

上記の通り、ゲルカヤノ25のクッション性は少しだけゲルカヤノ24より弱くなっている気がしました。でも、その分反発性は明らかに上がっています。そのため、この重さでもスピードは出しやすくなっています。初心者の方でもスピードが出せるように設計されているんだと思います。初マラソンでも、ある程度タイムを出したい方にオススメです!

やっぱりゲルカヤノはすごい!怪我をしていても走れる!(ゲルカヤノ24と同様)

自分は現在、足裏の怪我をしています。しかし、あるシューズを使うと走ることができます。それは、ゲルカヤノです。ゲルカヤノは初心者向けシューズといわれていますが、このような怪我をしたときにも、抜群の性能を発揮します!
 
 他のシューズでは走るのさえ辛くても・・・ゲルカヤノ24,25なら走れてしまうのです!これがアシックスの技術のすごさなんですかね!本当にすごい。ゲルカヤノのありがたさを身に沁みて感じてます。やっぱり、クッション性が他のシューズと比べて半端ないです!痛い部分も、そのクッションで守ってくれるんです。他にもクッション性の高いシューズは多く出ていますが・・・やはりゲルカヤノのこの安心感には勝てないですよね。

⇒ アシックスシューズの一覧/情報を重さ順でコチラでまとめています!
⇒ ゲルカヤノ含めた、サブ4レベルのシューズをメーカー横断してコチラでまとめています!

ゲルカヤノ、amazonで値引き価格で販売中です!

ゲルカヤノ23,24はamazonから購入できます!正式価格(1万7千円!)と比べてかなりおやすくなっており、お買い得になっています!

↓ゲルカヤノ24、店頭販売価格(約16,500円)より、かなりお安くなっています!


 

[注目!] ランニングシューズDB出来ました!重さ/価格順でメーカー/目標タイム別/ソールタイプごとにシューズを一覧で見られます!(詳細はリンク先で!)
↓こちらから直接シューズ検索できます!
メーカー:
目標レベル:
重さ:

[関連コンテンツ]




お気軽にコメントお願いします!

Your email address will not be published.




記事カテゴリ
自作ツール&アプリ
■Webツール(今すぐ利用可!)