10km1時間20分だった運動音痴が、高負荷トレーニング/データ分析/食事管理でどこまでランニング記録が伸ばせるか挑戦!ランニングやダイエット/健康に関する知識・グッズ等についてもまとめてます!
⇒ 本ブログの詳細/作者プロフィール/連絡先はコチラ!
⇒ 本ブログは複数のテーマ(色)を持った階層構造になってます!詳しくはコチラ!
ラン全般 自作ランツール ランシューズ ラングッズ GPS時計 心拍計 ラン知識/研究 栄養知識 おすすめ食品 ランシューズDB
■注目記事一覧

ランニングシューズ データベース!メーカー/重さ/目標タイム別/ソールタイプなどで横断して検索可能!

GARMIN ForeAthlete 935レビュー!前機種920XTJ,630Jとの比較も!

スポーツ心臓(安静時心拍数) 偏差値判定ツール!あなたの心臓の強さを判定します!

マラソンタイム予測ツール!最大酸素摂取量(VO2MAX)も計算 !

持久係数予測ツール!スピード型かスタミナ型か判定可能!(詳細なマラソンタイム予測も可能に)

アシックス ランニングシューズ徹底比較分析!(重量編)

サブ3レベルシューズ比較レビュー!(ターサージール5、takumi sen boost2、ウエーブエンペラーJAPAN、ソーティ)
 

ランニングシューズのソールタイプ(セパレート/フラット)の特徴とシューズ一覧まとめ!

 こちらのランニングシューズ データベースに各ソールの特徴を表示するように改良しました!そのついでとして、本ページでソールタイプ(セパレート/フラット)の特徴と、そのシューズ一覧へのリンクをまとめてみました!これを見れば、ソールタイプ(セパレート/フラット)の特徴とその違いがわかると思います!各ソールのシューズ一覧ページにリンクしていますので、実際にシューズをチェックしてみて下さい!!

セパレートソールの特性!

  セパレートソールは、シューズソールの前足部と後足部が別れているタイプのランニングシューズです。下の画像のように、ソールの底面が前足部と後足部で別れており、真ん中部分は地に着きません。これがセパレートソールです!
 セパレートソールは一般的にストライド走法に向いていると言われています。それは、フラットソールよりも地面を強く蹴ることができるためです。ただし、真ん中で着地しない分、フラットソールよりも限られ面積で着地する必要があり、耐久力や筋力が必要になってきます。
 アシックスなど日本メーカーはセパレートソールになっていることが多く、海外メーカーだとフラットソールになっていることが多いです。



⇒ セパレートソールのランニングシューズ一覧はコチラ!

フラットソールの特性!

  フラットソールは、シューズソールの前足部と後足部が別れていないタイプのランニングシューズです。下の画像のように、ソールの底面が前足部と後足部が連続しており、別れていません。これがフラットソールです!逆に、これが前足部と後足部で別れているのがフラットソールです。
 フラットソールは一般的にピッチ走法に向いていると言われています。それは、フラットソールが底面がフラットになっていることにより、足全体で着地できるためです。ピッチ走法だと前足でそんなに強く蹴る必要もないため、このフラット形態が最適なんです。逆に強く蹴る必要のあるストライド走法は、セパレートソールが向いています。
 ニューバランスを筆頭に、海外メーカーだとフラットソールになっていることが多いです。逆にアシックスはセパレートソールが多めになっています。フラットソールが好きな人は、海外メーカーのシューズも検討するといいかもしれません!



⇒ フラットソールのランニングシューズ一覧はコチラ!

[注目!] ランニングシューズDB出来ました!重さ/価格順でメーカー/目標タイム別/ソールタイプごとにシューズを一覧で見られます!(詳細はリンク先で!)
↓こちらから直接シューズ検索できます!
メーカー:
目標レベル:
重さ:

[関連コンテンツ]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



記事カテゴリ
自作ツール&アプリ
■Webツール(今すぐ利用可!)