10km1時間20分だった運動音痴が、高負荷トレーニング/データ分析/食事管理でどこまでランニング記録が伸ばせるか挑戦!ランニングやダイエット/健康に関する知識・グッズ等についてもまとめてます!
⇒ 本ブログの詳細/作者プロフィール/連絡先はコチラ!
⇒ 本ブログは複数のテーマ(色)を持った階層構造になってます!詳しくはコチラ!
ラン全般 自作ランツール ランシューズ ラングッズ GPS時計 心拍計 ラン知識/研究 栄養知識 おすすめ食品 ランシューズDB
  1. ホーム
  2. 〇ランニング
  3. グッズ等レビュー
  4. GARMIN/GPS時計関連
  5. GARMINのハートレートセンサーHRM-RUN(胸ベルト心拍計)が劣化している件!以前のモデルを購入することを推奨します!
■注目記事一覧

ランニングシューズ データベース!メーカー/重さ/目標タイム別/ソールタイプなどで横断して検索可能!

GARMIN ForeAthlete 935レビュー!前機種920XTJ,630Jとの比較も!

スポーツ心臓(安静時心拍数) 偏差値判定ツール!あなたの心臓の強さを判定します!

マラソンタイム予測ツール!最大酸素摂取量(VO2MAX)も計算 !

持久係数予測ツール!スピード型かスタミナ型か判定可能!(詳細なマラソンタイム予測も可能に)

アシックス ランニングシューズ徹底比較分析!(重量編)

サブ3レベルシューズ比較レビュー!(ターサージール5、takumi sen boost2、ウエーブエンペラーJAPAN、ソーティ)
 

GARMINのハートレートセンサーHRM-RUN(胸ベルト心拍計)が劣化している件!以前のモデルを購入することを推奨します!

2016年6月末にGARMIN ForAthlete 630J が発売され、そこからずっとそれを愛用させてもらっています。以前のGARMIN ForAthlete 620J から純粋に進化していて、全く不満はないです!独自アプリが入れられるようになって便利になったり、毎日の歩数を記録するモードがついたので普段使いの時計でも使用できたり、GPSの精度が増したり、採れるラン項目が増えたり、、、本当に素晴らしい製品です!
しかし、、、、一つだけ不満があるんです。ハートレートセンサーHRM-RUNがあきらかに劣化しているんです!この件について、注意喚起もかねて説明させて頂きます!


まず結論からいいますと、ハートレートセンサーHRM-RUNがあまりにも劣化していたので、下記の以前のモデルを購入しています。これを前提に説明させて頂きます。ちなみに全て機能は全て同じようです。古いモデルだからって、上下動や着地時間などの性能がとれなくなるなどといったことはないようです。

ちなみに、この購入したモデルも以前GARMIN 620Jとセットで買ったハートレートセンサーと微妙に違っていました。ですので、下記の画像のように、自分は3種類のGARMIN用のハートレートセンサーを持っています。上から新しいモデル順で、1)630Jセットのもの、2)今回購入したモデル、3)620Jセットのものです。
IMG_20161106_2121131.jpg

劣化点1:何故か洗濯機で洗えなくなった!手洗い必須!

まず大きな不満は取り扱いがしにくくなったことです。表題の通り、何故か630Jセットのものだけ、手洗いができなくなっているんです!その証拠がこちら
630セットのハートレートセンサー
IMG_20161106_2118006.jpg
620セットのハートレートセンサー
IMG_20161106_2120076.jpg
下段の一番左のマークが少し変わっているのが分かりますでしょうか。40と書いてあるとこです。そこが、630Jでは手洗いに変更になっているのがわかりますでしょうか。これは実際、マニュアルでも「必ず手洗いで!」という記述に変わっています。洗濯機に適当に入れて綺麗にすることができなくなり、扱いが本当に面倒になりました。
まあ、これぐらいなら全然いいんですけどね、、、次の劣化点が許せないです

劣化点2:バンドのゴムがあまり伸びない!胸が苦しい!

これが本当に致命傷です。ていうか、個人的には許せないぐらいにひどい劣化です。630セットのハートレートセンサーが、ほとんどゴムが伸びないんです!なかなか画像では伝えられないのですが、、、ゴムの部分はこんな感じです。
630セットのハートレートセンサー
IMG_20161106_2123089.jpg
620セットのハートレートセンサー
IMG_20161106_2123224.jpg
このゴムの部分が、630Jのほうは全然伸びないんです!で、何がおきるか、、、
バンド幅を少しせばめる ⇒ ゴムが伸びなくて胸が苦しい
バンド幅を少し緩める  ⇒ ユルユルですぐに落ちてくる

これは本当にどうしようもない部分です。少し緩めると苦しいし、少し狭めるとすぐにずれ落ちるようになってしまいます。というより、走っている最中は肺の動きで胸部分はかなり大きくなったり、小さくなったりしているので、ある程度の伸び縮みに対応できなきゃいけないはずなんですが、、、これができないんです!これは本当にどうしようもできない部分です。

劣化点3:前触れもなくいきなり外れる

これは頻度は低いですが、実際におきたことなので。上記のゴムが伸び縮みしないことにも関連しているのかと思いますが、突然胸ベルトがバサッて外れることがあるんです!詳細はこちらでもレポートしています
IMG_20160706_0048374.jpg
これは確率は低いですが、起きたら止まらなきゃいけないので最悪です。しかも緩まっている、、とか感じられず、前触れもなくいきなり外れるので、かなりビックリします(笑)

そもそも製品が3つとも違うのに、型番は同じ(HRM-Run)って、、

上記のように、色んなところで劣化しているので、耐えられず以前のモデルも購入したわけです。しかし、その以前のモデルも実は620Jと微妙に違うものでした。同じ型番HRM-RUNなのに、3つも種類があるみたいです、、、しかもセットと単体でものが違うんですよね。現在、日本では630Jの最新型のモデルは630Jセットでないと買えないようです。単体だと、上記の自分が購入した旧モデルしか買えません。同じだと思って買うと大変です。
IMG_20161106_2121131.jpg

ということで、注意喚起もかねて、ハートレートセンサー HRM-RUNの各種の違いと注意点をレポートさせて頂きました。個人的には、下記のamazonで売っているモデル(上記画像の2番目)を推奨します。本当は3番目の620Jセットのものがいいのですが、もうどこにも売ってなさそうですし、2番目もそれとあまり変わらなさそうなので。全て機能的には同じようですし、とにかく1番目の新モデルを買うときには注意してください!

[注目!] ランニングシューズDB出来ました!重さ/価格順でメーカー/目標タイム別/ソールタイプごとにシューズを一覧で見られます!(詳細はリンク先で!)
↓こちらから直接シューズ検索できます!
メーカー:
目標レベル:
重さ:

[関連コンテンツ]



コメント: 2 件の意見
  • おが より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    いつも楽しく読んでいます。
    先日、630Jを購入しまして、ハートレートセンサーHRM-Runについて教えて頂きたくコメントを送ります。
    630のハートレートセンサーは手洗い可と説明書に書かれていますが、手洗いするときはは、ハートレートセンサー(赤いもの)がベルトに付いた状態で手洗いをしても大丈夫なのでしょうか?
    それとも、手洗い時は、ハートレートセンサーを取り外さないといけないのでしょうか?
    また、電池交換時はハートレートセンサーをベルトから取り外さないといけないと思いますが、ハートレートセンサーがベルトから硬過ぎて取り外すことができません。
    無理に外そうとすると壊しそうです。
    どのようにハートレートセンサーを取り外すのでしょうか?
    お忙しいところ申し訳ありませんがよろしくお願い致します。

  • れつ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >おがさん
    コメントありがとうございます!630JのHRM-RUNについては、下記のページのマニュアルに書いてあります!英語ですが、3ページのところですね。要約すると、①赤い部分を無理やりとって、②そうすると見える小型のねじをはずして、③カバーをとりはずすそうです!
    ちなみに、マニュアルにも書いていますが、手洗い時は取り外しは不要です!というより、外すと中身は防水じゃないので逆に壊れる可能性あると思いますよ!
    http://static.garmin.com/pumac/HRM4_Run_Instructions_ML12.pdf


お気軽にコメントお願いします!

メールアドレスが公開されることはありません。





記事カテゴリ
自作ツール&アプリ
■Webツール(今すぐ利用可!)