10km1時間20分だった運動音痴が、高負荷トレーニング/データ分析/食事管理でどこまでランニング記録が伸ばせるか挑戦!ランニングやダイエット/健康に関する知識・グッズ等についてもまとめてます!
⇒ 本ブログの詳細/作者プロフィール/連絡先はコチラ!
⇒ 本ブログは複数のテーマ(色)を持った階層構造になってます!詳しくはコチラ!
ラン全般 自作ランツール ランシューズ ラングッズ GPS時計 心拍計 ラン知識/研究 栄養知識 おすすめ食品 ランシューズDB
■注目記事一覧

ランニングシューズ データベース!メーカー/重さ/目標タイム別/ソールタイプなどで横断して検索可能!

GARMIN ForeAthlete 935レビュー!前機種920XTJ,630Jとの比較も!

スポーツ心臓(安静時心拍数) 偏差値判定ツール!あなたの心臓の強さを判定します!

マラソンタイム予測ツール!最大酸素摂取量(VO2MAX)も計算 !

目標ストライド/ピッチ確認ツール!目標速度から必要なストライド(歩幅)/ピッチ(歩数)を確認可能!

アシックス ランニングシューズ徹底比較分析!(重量編)

サブ3レベルシューズ比較レビュー!(ターサージール5、takumi sen boost2、ウエーブエンペラーJAPAN、ソーティ)
 

普段使いでもオシャレに使えるGARMINの活動量計の腕時計!vivomove!920XTJなどの不満を解消!

GARMINから新しい腕時計が登場していたのでお伝えしておきます。vivomoveという新たな活動量計です!その特徴は見た目です。完全に普通のオシャレな時計なんです!
全画面キャプチャ 20160904 171542

GARMIN 920XTJも同様の機能を持っていましたが、、、

GARMIN 920XTJはトライアスロン用の時計ですが、最強の機能をもった時計であり、初めて歩数計的な機能を持たせて、普段使いでも使用できるような時計でした。
しかし、普段使いとしては難がありました。機能でなく、、デザイン的な意味でです。例えてみると、20年前ぐらいにクールと言われていたカシオ的なデザインなんですよね。。。毎日歩数の記録のためにつけていましたが、かっこわるさは本当に気になっていました。

vivomoveではデザインが完全改良されています!

vivomoveでは、このデザイン性が抜群に改善されているんです。下の画像を見てください!これはオシャレですよね!ちゃんとした時計と全く変わりがありません!
全画面キャプチャ 20160904 172228
さらに、ちゃんと歩数計なども確認しやすくなっています。左右にあるバーが歩数と、1日の歩数目標の達成度を示しているようです!ちゃんと機能的には活動量計として機能しているんですね!
全画面キャプチャ 20160904 171557
とりあえず動画を見てくださいませ。オシャレに使えることに、力を入れていることが分かります。

こちらの動画でも特徴がわかりやすいですね。二つのバーがついているので、どのくらい歩いたのかがアナログ的にわかるようになっているんですね!

時計は進化するごとに、アップルウォッチなどデジタル的になっていきますが、機能が進化しても、アナログ的に表現しようとするのは素晴らしいと思います!これはすごくほしいですね!ここまでかっこいい活動量計はないと思います!


[関連コンテンツ]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



自作ツール&アプリ
■Webツール(今すぐ利用可!)