10km1時間20分だった運動音痴が、高負荷トレーニング/データ分析/食事管理でどこまでランニング記録が伸ばせるか挑戦!ランニングやダイエット/健康に関する知識・グッズ等についてもまとめてます!!!
⇒ 本ブログの詳細/連絡先はコチラ!
⇒ 本ブログは複数テーマ(色)を持つ階層構造になってます!
ランTOP 自作ランツール ランシューズ ラングッズ GPS時計 心拍計 ラン知識/研究 栄養知識 おすすめ食品 ランシューズDB
  1. ホーム
  2. 〇ランニング
  3. グッズ等レビュー
  4. GARMIN/GPS時計関連
  5. SUUNTOのヒートマップが熱い!人がよくランしている道がわかる!そして、自分の東京走破マップと比較してみた!
■注目記事一覧

全ランニングシューズメーカーの特徴まとめ!

マラソンタイム予測ツール、どんな距離タイムからも判定可!

ランニングウォッチDB!機能ごとに検索可能!

シューズを重さ/メーカー順に検索可!ランニングシューズDB!

心拍数でスポーツ心臓かどうか判定してみよう!

時給係数予測ツール!スピード型か、スタミナ型か判定できます!

ターサージール6レビュー!
 
スポンサーリンク
Twitter(更新情報)

SUUNTOのヒートマップが熱い!人がよくランしている道がわかる!そして、自分の東京走破マップと比較してみた!

SUUNTOのページでヒートマップというクラウドサイト上の新機能を
発見しました!こちらを利用すると、どの地域が熱いのかがわかります!
熱いとはなにか、ヒートとは何かを説明していきます!
全画面キャプチャ 20160628 230128

ヒートマップとは、よくランされているルートを示したマップ!

ヒートマップはよく人がランした道を示したマップです。
明るい線で描かれているルートほど、よく人がランしているというわけです。
つまり、いろんな人の走行ルートを累積して描いていくと、このようなマップが作れる
わけです。いっぱい通っている道ほど、明るくなっていくので、熱くなっているように
見えるわけですね!
全画面キャプチャ 20160628 230625
こちらのページから、実際のSUUNTOのヒートマップが見られますよ!

どこが活性的な場所なのかもわかる!

ヒートマップは、よくランニングされている道を検索するためのもの
ですが、それ以外にも、日本のどの場所が活性的なのかも一目で
わかります!(笑)
こちらが日本全体の地図ですが、明らかに東京と大阪で大きな光となっているの
がわかりますよね!それだけでなく、仙台や札幌など、様々な都市で、どこで
人がよく動いているのかが一目瞭然でわかるわけです!
全画面キャプチャ 20160628 225948
こちらが、北海道のヒートマップです。大きな北海道でも、札幌あたりに
光が集中しており、人がどのあたりに多く住んでいるかがわかります!
全画面キャプチャ 20160628 230012

ヒートマップと自分の東京走破マップを比較してみた!

このヒートマップを見て、一番最初に思ったことがあります!
自分の東京走破マップにかなり似ているのです!
東京走破マップとは、東京のメインロードを走破しようと一人で
がんばっている累積結果をマップでまとめたものです!
現在まだ途中ですが、下記のようなグラフとなっております。
全画面キャプチャ 20160628 230323
そして、この領域をヒートマップから抜粋したマップがこちらに
なります!色は違いますが、マップ形状としてはすごく似ていますよね!
全画面キャプチャ 20160628 230625-001
しかし、よく見ると結構差があります。
・ヒートマップは東京都心が局所的に明るいが、郊外のルートが暗い
→ 川崎あたりに大きな差があり!
・ヒートマップは環七、環八が非常に薄い!
→ 自分はちゃんと走破しています!
・ヒートマップは海辺の羽田空港、東京ゲートブリッジ、東扇島などが
走破されていない。
→ 自分のマップではがんばって走破しています!
・ヒートマップはやっぱり、皇居の明るさが半端ない
(たぶん日本一明るいところでは??)

その差は人がいきそうな場所か否かですね。
羽田空港なんて、ほとんど徒歩で人は入らないですから、
真っ暗でも当然です。
(そんな自分は走行可能な範囲はいきつくしました)
でも、意外だったのが環七。全然人が走っていないのが、
ビックリしました!環七は自分のおすすめコースだったので、
特にです。環七を走れば、東京都心を一周するようなもんです
からね。もっと人気がでてほしいものです。
皆さんもいろいろと発見があると思いますので、ヒートマップを見てみてください!


⇒「GARMIN/GPS時計関連」カテゴリ記事一覧

その他関連カテゴリ

[関連コンテンツ]




お気軽にコメントお願いします!

Your email address will not be published.




記事カテゴリ
自作ツール&アプリ
■Webツール(今すぐ利用可!)