10km1時間20分だった運動音痴が、高負荷トレーニング/データ分析/食事管理でどこまでランニング記録が伸ばせるか挑戦!ランニングやダイエット/健康に関する知識・グッズ等についてもまとめてます!!!
⇒ 本ブログの詳細/連絡先はコチラ!
⇒ 本ブログは複数テーマ(色)を持つ階層構造になってます!
ランTOP 自作ランツール ランシューズ ラングッズ GPS時計 心拍計 ラン知識/研究 栄養知識 おすすめ食品 ランシューズDB
  1. ホーム
  2. 〇ランニング
  3. 自作ツール
  4. GARMIN時計用自作アプリ
  5. 速報!GARMIN CONNECT IQ 新バージョンを即効マスター&作成!自由にアプリ設定できるイメージをお伝えします!
■注目記事一覧

ターサージール6レビュー!

心拍数でスポーツ心臓かどうか判定してみよう!

時給係数予測ツール!スピード型か、スタミナ型か判定できます!

マラソンタイム予測ツール、どんな距離タイムからも判定可!

アシックスランニングシューズ比較記事!

シューズを重さ/メーカー順に検索可!ランニングシューズDB!

ランニングウォッチDB!機能ごとに検索可能!
 
スポンサーリンク
Twitter(更新情報)

速報!GARMIN CONNECT IQ 新バージョンを即効マスター&作成!自由にアプリ設定できるイメージをお伝えします!

昼間にお伝えした通り、GARMINのCONNECT IQという
アプリ基盤の新バージョンが発表されました。
けど英語で何が変わったのかわかりにくいです。
大体内容理解して、もう作ってしまったので、何が変わったのか
イメージをお見せします。(まだアプリは公開できない)

今までのCONNECT IQアプリ とその欠点

全画面キャプチャ 20151001 202718
上記は自分が作った、920XTJ専用のSix Viwer という
アプリです。(少し改変してます)


6項目を見やすく表示するよう頑張りました。
しかし、見たい表示項目は人それぞれですよね。
例えば、ピッチでなくて時速表示してほしい!とか。
でも、既存のアプリでは項目決め打ちで、変更できな
かったんです。
そして、外部から値も入力などできないので、
その人の最大心拍数に合わせたアプリなども
作れなかったんです。

これからのCONNECT IQアプリ とその利点

これからのアプリではこれらの問題点が解決します。
なぜなら、GARMINのPCやスマホなどから下記のような
設定項目が入力できるようになったんです!
(もちろんアプリ作成者がそのような項目を設けないとだめですが)
全画面キャプチャ 20151001 201958
このような、最大心拍数と表示項目という二つの
設定項目があったときに、、、下記のように
最大心拍数を198に、表示項目をPITCHからSPEED
に変更したとします。
全画面キャプチャ 20151001 202102

そうすると、このアプリの表示は下記のように変化
します!赤枠で示しているように、ちゃんと最大心拍数もその人にあったもの
になりますし、項目もPITCHからSPEEDに変更になっています!
全画面キャプチャ 20151001 2026432
これはあくまで一例で、アプリごとにいろんな設定項目を設けられ
ますので、自分にあったアプリ設定ができるようになります!
これぞ求めていた機能です!

残念ながら日本提供は1,2か月後になりそう、、

ただ残念ながら、これが公開となるのは10月中(末?)になるとのこと。
しかも、それは海外の920XTのことです。
日本は少なくとも、1,2カ月遅れの更新となっております。
自分もPC上でテストしているだけで、実機テストできない状態です。
そのため、この機能が使えるのは11月もしくは12月かなあと
思ってます。
でも、そしたらかなり自由度の高いアプリが作れると思います!
それまでにいっぱい準備しておこう!


⇒「GARMIN時計用自作アプリ」カテゴリ記事一覧

その他関連カテゴリ

[関連コンテンツ]




お気軽にコメントお願いします!

Your email address will not be published.




記事カテゴリ
自作ツール&アプリ
■Webツール(今すぐ利用可!)