10km1時間20分だった運動音痴が、高負荷トレーニング/データ分析/食事管理でどこまでランニング記録が伸ばせるか挑戦!ランニングやダイエット/健康に関する知識・グッズ等についてもまとめてます!!!
⇒ 本ブログの詳細/制作者プロフィール/連絡先/現在の行動状況はコチラ!
⇒ 本ブログは複数のテーマ(色)を持った階層構造になってます!詳しくはコチラ!
ラン全般 自作ランツール ランシューズ ラングッズ GPS時計 心拍計 ラン知識/研究 栄養知識 おすすめ食品 ランシューズDB
  1. ホーム
  2. 〇ランニング
  3. イヤホンの防水性能基準 IPXについて解説!
■注目記事一覧

ランニングシューズ データベース!メーカー/重さ/目標タイム別/ソールタイプなどで横断して検索可能!

スポーツ(GPS)ウォッチ データベース!各スポーツウォッチを仕様/機能ごとに一覧比較検討できます![GARMIN時計]

スポーツ心臓(安静時心拍数) 偏差値判定ツール!あなたの心臓の強さを判定します!

マラソンタイム予測ツール!最大酸素摂取量(VO2MAX)も計算 !

持久係数予測ツール!スピード型かスタミナ型か判定可能!(詳細なマラソンタイム予測も可能に)

アシックス ランニングシューズ徹底比較分析!(重量編)

持久係数予測ツール!スピード型かスタミナ型か判定可能!(詳細なマラソンタイム予測も可能に)
 
スポンサーリンク
Twitter(更新情報)

イヤホンの防水性能基準 IPXについて解説!

先日、ランニング向けのワイヤレスイヤホンをまとめた「ワイヤレスイヤホン データベース」を公開しました!このツールを使うと、重さや再生時間など、ランナーが特に気にする観点から検索が可能です!

そのツール中で防水基準として「IPX」という数値を使用し、この基準でランク付けをしています。このIPXという基準が何なのか、簡単に解説しておきます!

防水性能について

イヤホンの防水性能はIPXという、基準を用いて表されています。IPX1~IPX8まであり、数値が高くなるほど水に強い製品と言えるんです!最高のIPX8の場合は、水につけてしまっても問題ないという基準になります!
各等級の意味合いは以下の通りです!

防水等級IPXの基準一覧

IPX1[防滴I形] 垂直に落ちてくる水滴に耐える
IPX2[防滴Ⅱ形] 左右15°以内からの降雨に耐える
IPX3[防雨形] 左右60°以内からの降雨に耐える
IPX4[防沫形] あらゆる方向からの水の飛沫に耐える
IPX5[防噴流形] あらゆる方向からの水の直接噴流に耐える
IPX6[耐水形] あらゆる方向の水の強い直接噴流に耐える
IPX7[防浸形] 30分の水中に沒しても水が浸入しない
IPX8[水中形] 水面下での使用が可能

簡単にいうと、、、
IPX1:水滴に耐える
IPX2~4:標準的な雨に耐える
IPX5~6:水の直接噴射に耐える
IPX7~8:水中の中でも耐える

という感じですかね。一般的なランニングであれば、IPX4~5くらいあれば十分だと思います!これを基準にイヤホンを選んでみて下さい!!

⇒ワイヤレスイヤホンDBはコチラ!

[注目!] ランニングシューズDB出来ました!重さ/価格順でメーカー/目標タイム別/ソールタイプごとにシューズを一覧で見られます!(詳細はリンク先で!)
↓こちらから直接シューズ検索できます!
メーカー:
目標レベル:
重さ:

[関連コンテンツ]




お気軽にコメントお願いします!

Your email address will not be published.




記事カテゴリ
自作ツール&アプリ
■Webツール(今すぐ利用可!)