10km1時間20分だった運動音痴が、高負荷トレーニング/データ分析/食事管理でどこまでランニング記録が伸ばせるか挑戦!ランニングやダイエット/健康に関する知識・グッズ等についてもまとめてます!!!
⇒ 本ブログの詳細/制作者プロフィール/連絡先/現在の行動状況はコチラ!
⇒ 本ブログは複数のテーマ(色)を持った階層構造になってます!詳しくはコチラ!
ラン全般 自作ランツール ランシューズ ラングッズ GPS時計 心拍計 ラン知識/研究 栄養知識 おすすめ食品 ランシューズDB
  1. ホーム
  2. 〇ランニング
  3. ランニング/健康関連知識
  4. ランニングノウハウ
  5. 心拍数計で運動強度管理をしてみよう!
■注目記事一覧

ランニングシューズ データベース!メーカー/重さ/目標タイム別/ソールタイプなどで横断して検索可能!

スポーツ(GPS)ウォッチ データベース!各スポーツウォッチを仕様/機能ごとに一覧比較検討できます![GARMIN時計]

スポーツ心臓(安静時心拍数) 偏差値判定ツール!あなたの心臓の強さを判定します!

マラソンタイム予測ツール!最大酸素摂取量(VO2MAX)も計算 !

持久係数予測ツール!スピード型かスタミナ型か判定可能!(詳細なマラソンタイム予測も可能に)

アシックス ランニングシューズ徹底比較分析!(重量編)

持久係数予測ツール!スピード型かスタミナ型か判定可能!(詳細なマラソンタイム予測も可能に)
 

心拍数計で運動強度管理をしてみよう!

最大酸素摂取量(VO2MAX)と運動強度(%)


以前の記事で酸素摂取量でカロリー計算可能なこと、最大酸素摂取量がその人の運動パフォーマンスを表す指標になり、運動時の酸素摂取量を計測することで、運動強度(%)が計算可能なことを説明しました。運動強度(%)は下記の式で表せます。

運動強度(%)
(その運動での酸素摂取量 - 安静時酸素摂取量) × 100
(最大酸素摂取量 - 安静時酸素摂取量)

つまり、最大の酸素摂取量と比べて、どの程度の酸素摂取をしているかを示したのがこの運動強度(%)の指標です。この指標の問題点として、酸素摂取量は大外などの専門機関でないと計測できないことでした。しかし、これ実は心拍数にも置き換えられるのです。

運動強度(%)は心拍数でも表せる!


この運動強度(%)ですが、心拍数でも表すことがきます。まず、酸素摂取量についてですが、体内で酸素を摂取するために、心臓が血液に酸素を混ぜて身体全体に運び供給することで摂取しています。そのため、酸素摂取量はこの心臓の能力で決まるのです。そして、酸素摂取量は以下のように心臓の血液拍出量で決まります。

酸素摂取量(min) 心臓の血液拍出量(min) × 血液中酸素濃度
心臓の血液拍出量(min) 1回拍出量 × 心拍数(bpm)

ここで、血液中酸素濃度や心臓の1回拍出量は基本的に一定です。そうなると、酸素摂取量(min)は心拍数(bpm)に比例すると言えます。すると、上記の運動強度(%)は下記のように、心拍数におきかえて記述することができます。

運動強度(%)
(その運動での心拍数 - 安静時心拍数) × 100
(最大心拍数 - 安静時心拍数)

はい。ということで、酸素摂取量で記述されていた運動強度の式は、全て心拍数でおきかえることができます。心拍数であれば心拍数計なども市販されているため、一般の人でも管理できるようになるわけです。
 心拍計については、こちらでレビューしてますのでご参考にしてみて下さい。

最大心拍数と安静時心拍数について

ところで、上記の式の最大心拍数と安静時心拍数はどうやって計れば良いのでしょうか。一般的には下記のようにして計測あるいは推測するように言われています。

安静時心拍数 目覚めた後しばらく何もしない状態でいたときの心拍数または椅子に座り何もしない状態で30分安静にしていた時の心拍数
最大心拍数 220 - 年齢 [一般人]
or 210 - (年齢/2) [運動習慣がある人]
or 12分間走やエアロバイクなどで全力疾走した時の最大心拍数

安静時心拍数はそのままですね。目覚め後もしくは、椅子で30分何もせずにいて心拍数を計測するというやり方です。これは人によって幅があるため、実測する必要があります。
最大心拍数はそれと違い、一応推測する式があります。一般人であれば(220 - 年齢 )で大体の推測ができます。ただし運動習慣のある人の場合、この式ではかなりズレが発生するため、(210 - (年齢/2) )で推測した方が良いと言われてます。ランナーであれば、こちらが良いかもしれません。しかし、それでも誤差が生じますので、やはり一番良いのは実測だと思います。この時にマラソンのように長距離すぎるものだと、心臓よりも脚に負担がかかってしまい、最大心拍数になりません。そのため、12分間走やエアロバイクなど、中距離走で最大負荷をかけるのが良いと言われているようです。
ただし、めちゃくちゃ苦しいですし、いきなり最大負荷で運動すると、本気で死ぬ可能性がありますので気をつけてやらなければいけません。
自分の場合、30歳でランナーなので210-15=195が最大心拍数なのですが、実際にはどんなに負荷をかけても191までしかいきませんでした。そのため、やはり可能であれば実測するのが良いかと思います。

目的によって運動強度を変える


上記のように運動強度を計算できるわけですが、その目的によって、どの程度の強度で運動すれば良いかがきまります。

運動開始時、ウォーミングアップ: 40~50%
脂肪燃焼、ダイエット: 50~60%
持久力、有酸素運動能力強化: 60~80%
瞬発力、無酸素運動能力強化: 80~90%
アスリート向けオーバーロード: 90~100%

これについては、別記事で詳しく説明しますが、人間はその運動強度によって、有酸素運動とするか無酸素運動とするかが決まってきます。また、有酸素であっても、グリコーゲン(炭水化物)から効率的にエネルギーを取得するか、それとも貯蓄されている脂肪からエネルギーを取得するかが決まります。そのため、上記のように目的別に最適な運動強度が変わるわけです。
⇒こちらのツールで、目的別の最適な心拍数(運動強度)や最大心拍数も推定できますよ!是非ご活用下さい!

消費カロリー/運動強度/心拍数理論の関連記事!
1.カロリー計算の基本 [ダイエット/体重管理]
カロリーとは、エネルギーとは何かの基礎情報です!
2.カロリー/栄養成分情報まとめ [体重管理]
カロリーを計算するための情報をまとめています!
3.活動消費カロリーの計算法1 (METS評価)
運動消費から考えた、消費カロリーの基礎知識です
4.最大酸素摂取量(VO2MAX)の計算/摂取酸素量によるカロリー・運動強度計算
消費カロリーは摂取した酸素の量で表せるんです!そして、それで運動能力が表せます
5.心拍数計で運動強度管理をしてみよう!(心拍数管理の実践) (本記事)
[注目!] ランニングシューズDB出来ました!重さ/価格順でメーカー/目標タイム別/ソールタイプごとにシューズを一覧で見られます!(詳細はリンク先で!)
↓こちらから直接シューズ検索できます!
メーカー:
目標レベル:
重さ:

[関連コンテンツ]



コメント: 1 件の意見
  • きみき says:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    突然のご連絡失礼致します。
    きみきと申します。
    ブログのアンテナサイトを運営しているのですが、
    貴サイト様を拝見させていただきまして、
    是非相互リンクさせていただきたくご連絡差し上げました!
    URL: http://goo.gl/jtehQi
    お手数をお掛け致しますが、ご検討のほどよろしくお願い致します。


お気軽にコメントお願いします!

Your email address will not be published.




記事カテゴリ
自作ツール&アプリ
■Webツール(今すぐ利用可!)