10km1時間20分だった運動音痴が、高負荷トレーニング/データ分析/食事管理でどこまでランニング記録が伸ばせるか挑戦!ランニングやダイエット/健康に関する知識・グッズ等についてもまとめてます!!!
⇒ 本ブログの詳細/連絡先はコチラ!
⇒ 本ブログは複数テーマ(色)を持つ階層構造になってます!
ランTOP 自作ランツール ランシューズ ラングッズ GPS時計 心拍計 ラン知識/研究 栄養知識 おすすめ食品 ランシューズDB
  1. ホーム
  2. 〇ランニング
  3. その他
  4. 雑記(その他話題)
  5. いつか死ぬことへの恐怖「タナトフォビア」を武器にする!
■注目記事一覧

シューズを重さ/メーカー順に検索可!ランニングシューズDB!

10km走行データ分析してみた! [速度とピッチ/歩幅/心拍/気温/接地時間等]

ランニングウォッチDB!機能ごとに検索可能!

全ランニングシューズメーカーの特徴まとめ!

心拍数でスポーツ心臓かどうか判定してみよう!

マラソンタイム予測ツール、どんな距離タイムからも判定可!

アシックスランニングシューズ比較記事!
 
スポンサーリンク
Twitter(更新情報)

いつか死ぬことへの恐怖「タナトフォビア」を武器にする!

f98fd78231d56df5db9b8bf680ac8fbd_s.jpg
最近、死についてよく考えてしまいます。ちょっと前の小林麻央さんの癌による死去などを聞くたびによく考えます。そのたびに思うことは、人間いつ死ぬかわからないということです。本当にどこで病気になり、どこで交通事故にあうかわかりません。今日生き残れる可能性は99.9999…%であり、100%なんて絶対ありえないです。また、、30歳を超えてから、寿命について特に意識するようになりました。あと半分しか生きられない、人生の折り返し地点にきているんだということをひしひしと感じてます。

人生、60年と考えていたほうがちょうどいい?

自分は60歳で死ぬ前提で生きています。そのほうが残り時間を大事にして生きられると思うからです。他の人から60歳で死ぬんかい!とよく言われますが、それぐらいで見積もっていたほうが良いかと思ってます。80歳まで生きれたらラッキーということで(笑)よく考えると生きていること自体が奇跡なんですよね。宇宙が始まって140億年と言われてますが、その歴史からしたら人間が生きれる100年なんてちっぽけなものです。極わずかな時間です。そう考えると、生きてるこの時間こそが奇跡です。

だからこそ「あと80歳まで40年以上あるからいいや」ではなく、「残りの人生、1秒でも無駄にしてはいけない」と思うのです。
75f794c0621f1a2d864e69b33074ebc3_s.jpg

タナトフォビア(死恐怖症)について

「死ぬのが怖い」ということに関して、タナトフォビアという言葉があります。「死恐怖症」です。まあ、死ぬのが怖いのは人間として当然なんですが、異常に怖がる状態のことです。自分が死んで無になることへの恐怖、寝たらもう起きられないんじゃないかと考えてしまったり、自分が死んで誰からも忘れられている状態を意識すると怖くなったり、どうせ死ぬんだからと無気力になったり、、、そんな風に死を強く意識してしまう病気です。タナトフォビアにかかると、無気力になったり恐怖心でストレスを感じて精神的な病気にかかったりもするようです。マイナス面に陥るわけです。

逆にいうと、正常な人間はそんな状態にならないために、日常では死を意識しないように明るく過ごせるようになっているのだと思います。死ぬことばかり考えていたら、まともに生きられないですからね。
5e41e412c730a67431cf0a59e392dff7_s.jpg

自分はこのタナトフォビア(死恐怖症)にわざとなっています

自分はわざとこの「いつ死ぬかわからない、死ぬことへの恐怖」というタナトフォビアになろうとしています。それは、タナトフォビアは武器になると思っているからです。毎日、できるだけ死ぬことを考え、寿命までのカウントダウンをするようにしてます。それは、その「死への恐怖」タナトフォビアがエネルギーになるからです。毎日過ごすたび、死に一歩ずつ近づいていきます。生きていること自体がわずかな奇跡的な時間です。ですので、そういう事を意識し、今生きているうちにやりたい事をやろう!と毎日思うようにしています。簡単に言えば、明日死んでも後悔しないように毎日頑張って生きるということです。死ぬのは怖いけど、せめてやりたいことをやって、心置きなく死んでいきたいです。もし目標を掲げて成し遂げられなくても、全力でやってそれでダメであったのなら十分です。そうでなく、やらなくて後悔して死んでいくのは絶対嫌です。

人間、死を意識しすぎると、このタナトフォビアという病気のように何もできなくなってしまいます。でも死から逃げていると、なんとなく時間を過ごしてしまい、アッという間に寿命がきてしまうと思います。何もできずに。ですので、この死というものから逃げずに、自分が使える時間が有限であることを意識していきたいです。そして、死への恐怖(タナトフォビア)を自分の力に変えて、武器にしていきたいと考えております!死ぬのが怖すぎて、その力でサブスリー達成できた!とかになったら最高ですけどね(笑) 


⇒「雑記(その他話題)」カテゴリ記事一覧

その他関連カテゴリ




お気軽にコメントお願いします!

Your email address will not be published.




記事カテゴリ
自作ツール&アプリ
■Webツール(今すぐ利用可!)