10km1時間20分だった運動音痴が、高負荷トレーニング/データ分析/食事管理でどこまでランニング記録が伸ばせるか挑戦!ランニングやダイエット/健康に関する知識・グッズ等についてもまとめてます!!!
⇒ 本ブログの詳細/制作者プロフィール/連絡先/現在の行動状況はコチラ!
⇒ 本ブログは複数のテーマ(色)を持った階層構造になってます!詳しくはコチラ!
ラン全般 自作ランツール ランシューズ ラングッズ GPS時計 心拍計 ラン知識/研究 栄養知識 おすすめ食品 ランシューズDB
  1. ホーム
  2. 〇ランニング
  3. グッズ等レビュー
  4. GARMIN/GPS時計関連
  5. Garmin ForeAthlete 945 オフライン地図機能について詳細レビュー!
■注目記事一覧

ランニングシューズ データベース!メーカー/重さ/目標タイム別/ソールタイプなどで横断して検索可能!

スポーツ(GPS)ウォッチ データベース!各スポーツウォッチを仕様/機能ごとに一覧比較検討できます![GARMIN時計]

スポーツ心臓(安静時心拍数) 偏差値判定ツール!あなたの心臓の強さを判定します!

マラソンタイム予測ツール!最大酸素摂取量(VO2MAX)も計算 !

持久係数予測ツール!スピード型かスタミナ型か判定可能!(詳細なマラソンタイム予測も可能に)

アシックス ランニングシューズ徹底比較分析!(重量編)

持久係数予測ツール!スピード型かスタミナ型か判定可能!(詳細なマラソンタイム予測も可能に)
 

Garmin ForeAthlete 945 オフライン地図機能について詳細レビュー!

Garmin ForeAthlete 945購入しました!書くべきことはたくさんありますが、一番の特色である「オフライン地図機能」を速報的にレビューします。

オフライン地図機能はForeAthleteシリーズでは初めて導入された機能です!ランニングに使えるGarmin ForeAthleteシリーズで、地図がどれぐらい使えるかってものすごく興味あるとこですよね!

昨日いじりまくって、少し走ってみたりして、分かったことを速報的にお伝えしたいと思います!良い点と悪い点に分けて、お伝え致します。

良い点1:地図が詳細すぎる!超細かく情報が表示されます!

こちらは動画見て頂ければ分かると思います。時計に表示される地図ということ、あまり日本向けの商品でないことを考えて、もしかしたら物凄い大雑把な地図しか表示されないのでは、、、と思いました。

でも、全く逆でした。むしろ情報が細かく出すぎです、、、一軒一軒の建物の外枠まで見れてしまって、、、ちょっと細かすぎてキツイぐらいのレベルです。場所も丁単位の細かな住所が表示されます!日本語でキレイに表示されて、いい感じです!

詳細は動画を見て頂ければ!!

良い点2:周辺探索機能で近くの駅やお店へのルートを探索できる!

これはちょっと便利かも。GPS時計で周囲の施設の探索ができます。カテゴリはショッピング/レストラン/交通手段などいくつかわかれていて、そこから行きたい場所を選択するとナビが動作します!
 
便利ですが、都心で使うと出てくる施設が多すぎて、ちょっと使いにくい面も。。ただ駅を探したりする用途では問題なく使えそうです!!

悪い点1:住所は細かくでるけど、駅や建物名が一切でてこない、、

これはかなり致命的です。東京都心とかって、住所とかよりも駅を中心にマップがなりたってますよね。品川駅周辺とか、新宿駅周辺とか。でも、このGarminの地図では住所のみ表示され、駅名が一切でてきません!施設名も同じですね、、、辛い><

悪い点2:地図の縮尺によって、表示される情報量が違いすぎる!

これもちょっと辛い現象です。地図の縮尺が選べるのですが、ある境界を境目に情報量が急に激減します。上記の画像は200m縮尺なのですが、その次の300m縮尺にすると、下図のようになります、、急に住所が表示されなくなり、地図も超粗くなりました。
 
ちょっと少し困ります。200m縮尺だと近くは見えますが、走ってるコース全体像が見えにくいです。なので縮尺の幅を広げていきたいところなのですが、、、情報量の差が激しすぎて使いにくいですね。

悪い点3:地図機能でタッチパネルがないのは辛い。。。

上記の動画でもわかって頂けたと思いますが、地図操作を4つくらいのボタンのみで行わなければいけません。なので、地図の縮尺や表示位置を変えたい場合は、超ややこしいことになっています。なにかファミコンの十字キーの操作を思い出すような、操作感です。タッチパネルで2つの指で広げたり、回転したりしてるスマホの使い勝手からすると、ちょっと悲しいものがあります、、、;;

防水のためにタッチパネルなくしたのは分かるけど、やっぱりこれじゃつらすぎる、、

悪い点4:ヒートマップの道路の色がこすぎて、軌跡がみえない!!

これもランニング中は気になるレベルのことです。Garminのマップは、大きな道路やよく人が通る道は、赤線で太く表示されるようになっています。これにより、安全な道がわかるので便利といえば便利です。

でも、その赤線が太すぎて目立ちすぎて困るのです!何が困るのかというと、ランニングの軌跡が見えにくい。地図上に今まで走ってきた軌跡を表示することができるのですが、その線が細いんです!(色は変えられるけど、太さは変えられない)

下図は、それを表した地図です。赤線が大きな道を表しており、細い黄色い線はランニングの軌跡を表示しています。すごい軌跡がみにくいです、、、とくに赤線の太い道路を通ったときは、軌跡が見えないんです。赤線が目立ちすぎて。ちょっと使いにくい、、、アップデートでなんとかしてもらいたいです。。。><

まとめ:ちょっと使いにくいところ多々だけど、ランニングが大きく変わる!

最後にまとめです。ちょっと悪い点を4つほど列挙させて頂きました。問題は結構ありです。でも、スマホもなく現在の位置を見れるというのはめちゃくちゃ大きなことです!なぜなら、「どのルートに迷いこんでも、必ず帰ってこれる」からです。つまり、どこでも走れるようになるんです!

昨日試しに細かな住宅街に入り込んで迷ってみましたが、、、地図があれば楽に大きな道や川沿いに戻ることができるんですよね!今までスマホの地図がないときには、迷ってしまうので大きな道しか走れなかったのですが、、、これがあればどんなルートでも走れます!

つまり、このオフライン地図によって走れるルートが大幅に広がった感じです! 駅名が表示されないとか難は多く有るのですが、これは大きなメリット。税込み7万5千円と高いですが、その価値ありだと思います!!

>⇒地図機能/ナビ機能を使って10km走ってみた感想はコチラ!実際に使ってみたら、、、メチャクチャ感動でした!
 
⇒Garmin ForeAthlete 945の音楽機能のレビューはコチラ。オーディオアラートが神です!

↓Amazonでは割引価格で販売されています!

[注目!] ランニングシューズDB出来ました!重さ/価格順でメーカー/目標タイム別/ソールタイプごとにシューズを一覧で見られます!(詳細はリンク先で!)
↓こちらから直接シューズ検索できます!
メーカー:
目標レベル:
重さ:

[関連コンテンツ]




お気軽にコメントお願いします!

Your email address will not be published.




記事カテゴリ
自作ツール&アプリ
■Webツール(今すぐ利用可!)