10km1時間20分だった運動音痴が、高負荷トレーニング/データ分析/食事管理でどこまでランニング記録が伸ばせるか挑戦!ランニングやダイエット/健康に関する知識・グッズ等についてもまとめてます!!!
⇒ 本ブログの詳細/連絡先はコチラ!
⇒ 本ブログは複数テーマ(色)を持つ階層構造になってます!
ランTOP 自作ランツール ランシューズ ラングッズ GPS時計 心拍計 ラン知識/研究 栄養知識 おすすめ食品 ランシューズDB
  1. ホーム
  2. 〇ランニング
  3. その他
  4. 読者プレゼント企画
  5. 次のプレゼント企画はチャリティー要素を高めたいと考えています!自分だけの寄付の形ができたら最高!
■注目記事一覧

心拍数でスポーツ心臓かどうか判定してみよう!

シューズを重さ/メーカー順に検索可!ランニングシューズDB!

マラソンタイム予測ツール、どんな距離タイムからも判定可!

ターサージール6レビュー!

全ランニングシューズメーカーの特徴まとめ!

ランニングウォッチDB!機能ごとに検索可能!

10km走行データ分析してみた! [速度とピッチ/歩幅/心拍/気温/接地時間等]
 
スポンサーリンク
Twitter(更新情報)

次のプレゼント企画はチャリティー要素を高めたいと考えています!自分だけの寄付の形ができたら最高!

第二回のプレゼント企画ですが、amazonからの送付関連で少し問題が発覚しましたが、上手くいきそうな感じです。あとは、最後の商品が届けば、企画が終了となるところです!毎回喜んでもらえるので、嬉しい限りです。
そこで感じたのが「このようなプレゼント企画を、もっとチャリティー的な意味で実施できないかな」ということです。ときどきyahoo募金なんかで寄付をしていますが、そのお金をこのブログのプレゼント企画で被災地近辺の方優先に提供できないかなってちょっと考えてます。現在、amazonで相手の住所を知らずにプレゼントしているのですが、県まではこちらでも見えるんですよね。だから、その機能を使って、優先的に被災した地域近辺の方を優先してプレゼントを贈るなんてことをやりたいなあ、、と考えています。スポーツ関連の商品をプレゼントすることで、スポーツを通じて元気を送る、、、ということができたらと思っています!(もちろん被災した直後にランニングシューズを送りつけるなんて馬鹿な真似はしません。ちゃんとしたタイミングがあると考えています)
ちょっと企画中なので、もっと先の話になるかと思いますが、、、実践します!自分だけのチャリティーの形が作れたらと思ってます!
e305598a6ba38978b618ff5f56c5a341_s.jpg

被災地の方を優先に、Amazonを利用してプレゼントを!

今までのプレゼント企画で使ってきた、Amazonを使用してのプレゼントですが、非常にいい仕組みだなと感じています。なぜかというと、当選者の方が自由にプレゼントを選べますし、住所を教えて頂かなくても、こちらから1ボタンで商品発送ができるからです!これって新しい寄付の形にならないかなって思ってます。商品を自由に選べるってのが肝ですよね!とくにamazonならほぼなんでも選び放題なので!
また上記で記述したとおり、送り手側にも相手の県名までは見えるようになっているんです。だから、そこを見ることで、被災した方に優先的にプレゼントを贈るということも可能なんです。たぶん県で絞ると、そこまで大きな応募はないと思いますし、これから考えますが複数名当選にしようかなとも考えてますので、被災地の方にほぼ全員プレゼントという形になるかもしれません。ただ、計画中なので、もしかしたら毎月1名様にプレゼントとか、そういう形態にするかもしれません。
e7aecd884358c2d1e1898188b0339c57_s.jpg

匿名じゃない寄付は日本では嫌われがちだけど、、

これは「非匿名性のチャリティー」ということになるかと思います。思いっきりブログのページで公表してやりますからね。しかし、日本では匿名でない寄付などは嫌われる傾向にあります。芸能人などが寄付したというニュースでも、「いちいち公表するな!偽善だろ!」という声が多数あがります。やはり、自分の名前はださなくても、相手を思いやって寄付する気持ち、、、、、という日本人らしい思いやりの仕方が評価されるんだと思います。しかし、自分は公表してチャリティーすることも、良い面があるのではと考えています。
8cd72ce80eef6913b915f98843e8bd80_s.jpg

見える形で届けられたら、送る方も嬉しい!

こちらのニュースにある通り、巨人の内海選手はランドセルを毎年子供達にプレゼントしているそうです。もう8年以上もプレゼントを続けているそうです。これって本当にすごいことですよね!これは、公表して寄付したり、実際に子供達にランドセルを手渡ししているからこそ、続いているんだと思います。実際に子供に会って、喜んでいるのを見ているから次の寄付につながるし、公言しているからこそ毎年継続して行えているんだと思うのです。
そういった意味で、公表して寄付するって送る側にもものすごい良い影響があると思うんですよね。もともとチャリティーというのは「困っている人、大変な人に喜んでもらいたい!」という気持ちからするものだと思っています。匿名での寄付はものすごく素晴らしいことですが、「送った相手の反応が送り手にはわからない」というデメリットがあります。やっぱり、喜んでもらえているのが直接見えたほうがやりがいがあると思いますし、そのほうが「また次も寄付したい!」という気持ちにつながると思うんです。なので、もちろん偽善の可能性はありますが、非匿名性の寄付というのもいいんじゃないかなって自分は思ってます。
9d06d89715aec684f45ad2bff1a708b3_s.jpg

もちろん邪魔になるようなゴリ押しプレゼントはしません

タイトル通りですが、もちろん被災した直後にランニングシューズを送り続けるなんて馬鹿なことはしません。タイミングというものがあると思ってます。死ぬか生きるかの境目の時は、ランニングシューズなんて送られても迷惑なだけです。タイミングも大事ですし、できるだけ自由度の高い選択肢を用意して、迷惑のないプレゼント企画をおこないたいと思ってます。ただ、自分だけの色はもたせたいので、スポーツ関連商品優先にはすると、、、、思います。
という感じです。とりあえず案レベルなので、もっと後に実施することになるかと思いますが、いつか必ずやります!自分だけのチャリティーの形がつくれるように頑張ります!
4313c0e1a3804b11bcb5e4eaacd8c9f4_s.jpg


⇒「読者プレゼント企画」カテゴリ記事一覧

その他関連カテゴリ

[関連コンテンツ]




お気軽にコメントお願いします!

Your email address will not be published.




記事カテゴリ
自作ツール&アプリ
■Webツール(今すぐ利用可!)