10km1時間20分だった運動音痴が、高負荷トレーニング/データ分析/食事管理でどこまでランニング記録が伸ばせるか挑戦!ランニングやダイエット/健康に関する知識・グッズ等についてもまとめてます!!!
⇒ 本ブログの詳細/連絡先はコチラ!
⇒ 本ブログは複数テーマ(色)を持つ階層構造になってます!
ランTOP 自作ランツール ランシューズ ラングッズ GPS時計 心拍計 ラン知識/研究 栄養知識 おすすめ食品 ランシューズDB
  1. ホーム
  2. 〇ランニング
  3. グッズ等レビュー
  4. GARMIN/GPS時計関連
  5. Garmin ForeAthlete 920XTJをプログラミングで自分用にカスタマイズ!16項目同時表示、ストライド表示、予測タイム等620Jから大幅進化!
■注目記事一覧

時給係数予測ツール!スピード型か、スタミナ型か判定できます!

ランニングウォッチDB!機能ごとに検索可能!

心拍数でスポーツ心臓かどうか判定してみよう!

アシックスランニングシューズ比較記事!

マラソンタイム予測ツール、どんな距離タイムからも判定可!

シューズを重さ/メーカー順に検索可!ランニングシューズDB!

全ランニングシューズメーカーの特徴まとめ!
 
スポンサーリンク
Twitter(更新情報)

Garmin ForeAthlete 920XTJをプログラミングで自分用にカスタマイズ!16項目同時表示、ストライド表示、予測タイム等620Jから大幅進化!

Garmin ForeAthlete 920XTJを自分用アプリが組み込めるということで、購入しました。ということで、1日で仕上げてみました。とりあえず、見た目は下記のような感じになりました。
20150608_005213_2.jpg
項目数が多すぎて自分以外意味不明です。全部で16項目表示させてます。下手にグラフを表示するより、数字で多くの項目を表示するほうが良いと判断しました。意味合い的には以下のような感じです。
20150608_005213_3.jpg


いっぱい表示してるのでごちゃごちゃしてますがこんな感じです。なんで、同じ項目が横に複数あるかというと、以下のように列によって、リアルタイム値、平均値と意味合いが違うものを表示しているからです。
20150608_005213_4.jpg
まさしく、自分の理想形の表示ができました!!わーい!細かい説明はしませんが、620Jからは下記のような進化をとげることができました。
 1.4項目同時表示 → 16項目同時表示に大幅進化
2.各値でリアルタイム値と平均値を見比べることが可能に
3.ラップ速度 → 直近1分速度(最終的には4分程度にする予定)に変更したことにより、ラップ開始直後でも安定した速度を確認できる。
4. リアルタイムでは見れなかったストライドが見れるように!
5. 予測タイム表示により、走りながら面倒なことを考えなくてもタイム予測ができるように!
6. 運動強度分布により、どれぐらい負荷をかけた練習ができたかをリアルタイムで評価できる。(今までは帰るまでわからなかった)

という感じですね。ちなみに速度が遅いのは運動着も着ていないテスト段階であるため、まともに走れなかったからです。それでも、ちょっと速度を出して走った後は以下のようになります。
20150608_004942_2.jpg
一番右上での予測タイムが、直近の速度に従って、変化しているのがわかるかと思います。
とりあえず、自分で使ってみて、ちゃんと使えるかまず確かめます!そしてから、一部でもガーミンのほうに公開していこうかなと思ってます!とりあえず、トライアスロンやらない人、ウルトラマラソンしない人にもGarmin ForeAthlete 920XTJはおすすめです!


⇒「GARMIN/GPS時計関連」カテゴリ記事一覧

その他関連カテゴリ

[関連コンテンツ]




お気軽にコメントお願いします!

Your email address will not be published.




記事カテゴリ
自作ツール&アプリ
■Webツール(今すぐ利用可!)