様々な学問/勉強課目を図解/アニメーション化したり、シミュレーションツールを用いて楽しく分かりやすく解説するサイトです!
⇒ 本ブログの詳細/連絡先はコチラ!
⇒ 本ブログは複数テーマ(色)を持つ階層構造になってます!
学問TOP 経済学/投資 統計学/確率 物理学 数学
  1. ホーム
  2. 〇学問/勉強
  3. 数学
  4. 数列
  5. 数学入門:数学記号Σ(シグマ)をシミュレーションで理解!
■注目記事一覧

本サイトの「サイコロ シミュレーター」が熊本の特別教育テレビ授業で使われました!休校で困っている子供達に向けて!

[物理学] 運動量保存の法則をwebシミュレーションで解説!運動エネルギーが保存される条件もわかります!

なぜ全力買い(全額投資)はダメなのか?シミュレーション交えて解説!

投資/賭けの勝率は1/2ではない!強者(資産家)が勝つ市場論理をシミュレーションツールで解説!

なぜ賭け/投資(株式/FX)市場はほとんどの人が勝てないのか?シミュレーションツールで解説!

倍プッシュ(マーチンゲール法)シミュレーションツール!必勝法 倍プッシュの欠点とは!?

サイコロ シミュレーターで解説!確率は一定の値に収束していくが、当たり回数が一定に収束するわけではない!
 
スポンサーリンク
Twitter(更新情報)

数学入門:数学記号Σ(シグマ)をシミュレーションで理解!

$$\newcommand\CB[1]{\textcolor{blue}{#1}} \newcommand\CR[1]{\textcolor{red}{#1}} \newcommand\CG[1]{\textcolor{magenta}{#1}}$$

数学記号Σ(シグマ)とは何か?シミュレーションで説明していきます。

前回までに等差数列等比数列という代表的な数列の説明をしました。
 
このような様々な数列の和を式で表したい場合があります。そんな時に便利なのがΣ(シグマ)という記号です。この記号を使うと、複雑で長い数式が一目でわかりやすい式で表せてしまうんです!
 
Σ(シグマ)は数学においてとても重要な記号ですので、詳しく説明していきます!

シグマを用いると、数列の和が簡単に表現できる!

簡単なシグマの例

例として、以下のような数列を考えます。

\( 3,6,9,12,15,18,21 \)

この数列は、数列の並びから

\( a_n = 3n \)

と表わせそうですね。このような数列の和を計算する時に、通常では

\(3 + 6 + 9 + 12 + 15 + 18 + 21 \)

と表記しないといけません。さらに数列が長くなるともっともっと長くなります。辛いですよね。こんな時、各項は\( a_n = 3n \)と表せるのを利用して、

\( \displaystyle \sum_{k=1}^{7} 3k \)

とシグマを用いて表現することが出来ます。このシグマは「3kという数式に対して、k=1から7まで1ずつ変化させながら、全ての合計を計算する」という意味になります。具体的には

\( \displaystyle \sum_{k=1}^{7} 3k = 3 \cdot \CB{1} \)\( + 3 \cdot \CB{2} \)\( + 3 \cdot \CB{3} \)\( + 3 \cdot \CB{4} \)\( + 3 \\ \cdot \CB{5} \)\( + 3 \cdot \CB{6} \)\( + 3 \cdot \CB{7} \)

というふうに展開されます。青字がkが展開された位置です。kを1~7まで変化させながら、全て合計していくという意味なんですね。

ちょっと複雑なシグマの例

上記のような考えでシグマを展開していけばOKです。もうちょっと複雑な例

\( \displaystyle \sum_{k=1}^{5} (k^2 – 3k) \)

を考えてみましょう。考え方は上の例と同じ。kを1~5まで変化させながら、\( k^2 – 3k \)という式に代入していって、全て足し合わせればいいという意味です。kが2つあるので同時にそれぞれの数を代入すればOKです。なので、

\( \displaystyle \sum_{k=1}^{5} (k^2 – 3k) = (\CB{1}^2 – 3 \cdot \CB{1}) \)\( + (\CB{2}^2 – 3 \cdot \CB{2}) \)\( + (\CB{3}^2 – 3 \cdot \CB{3}) \)\( + (\CB{4}^2 – 3 \cdot \CB{4}) \)\( + (\CB{5}^2 – 3 \cdot \CB{5}) \)

がシグマの正しい展開になります。「kに順番に数字を入れていって足していく」だけです。慣れたら簡単です!

シグマ計算シミュレーター

上記のようなシグマ表記のイメージをさらに深めるためにシミュレーターを作ってみました。このシミュレーターは

\( S_n = \displaystyle \sum_{k=1}^{n} (ak^2+bk+c)\)

というシグマ数式に対して、a,b,cと項数nを変えて、どのように展開されるのか確認できます!色々パラメタを変化させて、シグマの意味の理解を深めてみて下さい!

a
2
b
1
c
3
n
3

[計算結果(シグマ表記)]
 

シグマに関する重要な公式

上記で説明したシグマに関して重要な性質があります。それがシグマの線形性です。シグマの線形性を示す公式は2つあります。それぞれ、その公式が成立することを確認していきましょう!

シグマの線形性に関する公式1:加法性

公式:シグマは各項に分離できる(加法性)

$$ \large{ \sum_{k=1}^{n} (a_n \pm b_n) = \sum_{k=1}^{n} (a_n) \pm \sum_{k=1}^{n} (b_n) }$$

これはシグマの中の式が複数の項に分かれていた場合、別々のシグマで計算して足し合わせても良いという意味です。具体例を上げると、

\( S_n = \displaystyle \sum_{k=1}^{5} k^2 – 3k = (1^2 – 3 \cdot 1) \)\( + (2^2 – 3 \cdot 2) \)\( + (3^2 – 3 \cdot 3) \)\( + (4^2 – 3 \cdot 4) \)\( + (5^2 – 3 \cdot 5) \)

という式について、

\( S_n = \displaystyle \sum_{k=1}^{5} k^2 – 3k \)\(= \displaystyle \sum_{k=1}^{5} k^2 – \sum_{k=1}^{5} 3k \)\(= (1^2 + 2^2 + 3^2 + 4^2 +5^2) – (3 \cdot 1 + 3 \cdot 2 + 3 \cdot 3 + 3 \cdot 4 + 3 \cdot 5) \)

というように出来るという事です。これはただ単に計算の順番を入れ替えているだけですね。シグマが足し算の演算であるため、その中での足し算の順序は自由なんです!

シグマの線形性に関する公式2:斉次性

公式:数列\(a_n\)にかかる係数Cは外だしできる(斉次性)

$$ \large{ \sum_{k=1}^{n} (C \cdot a_n) = C \sum_{k=1}^{n} a_n }$$

これも、意味を考えれば自明です。以下の例を考えると、、

\( S_n = \displaystyle \sum_{k=1}^{5} 3k \)\(= (\CB{3} \cdot 1 + \CB{3} \cdot 2 + \CB{3} \cdot 3 + \CB{3} \cdot 4 + \CB{3} \cdot 5) \)\(= \CB{3}(1+2+3+4+5) \)\(= \displaystyle 3\sum_{k=1}^{5} k \)

うまく前に定数を外だしできるのが分かります。全ての項に共通して係数3が乗算されているため、外だししてシグマとは別で計算できるわけです。これはシグマを使ったどんな式でも成り立ちます。

シグマの線形性を使うと、簡単にシグマ計算が可能になる!

上記の線形性に関する公式、一見すると特に強い意味はなさそうですが、実はめちゃくちゃ重要なんです。というのも、例えば

\( S_n = \displaystyle \sum_{k=1}^{n} (3k^2 – 2k + 5) \)

という式を計算したい場合、このままでは複雑でどのように計算できません。しかし、上記の線形性の式を使うと、

\(S_n\)
\(= \displaystyle \sum_{k=1}^{n} (3k^2 – 2k + 5) \)
\(= \displaystyle \CB{\sum_{k=1}^{n}(3k^2)} – \CB{\sum_{k=1}^{n}(2k)} + \CB{\sum_{k=1}^{n}(5)} \)
 加法性により各項に分離
\(= \displaystyle \CB{3}\sum_{k=1}^{n}(k^2) – \CB{2}\sum_{k=1}^{n}(k) + \CB{5}\sum_{k=1}^{n}(1) \)
 斉次性により係数を外だしにする

と変形できるわけです。つまり、

\(\sum_{k=1}^{n}(k^2)\)
\(\sum_{k=1}^{n}(k)\)
\(\sum_{k=1}^{n}(1)\)

の3つさえ分かれば、上記の式はすぐに計算可能なわけです。そして、この3つはシグマに関する公式になっており、それさえ覚えておけばすぐに計算できてしまうわけです! この公式とその証明については、次回記事で解説したいと思います><

 


⇒「数列」カテゴリ記事一覧

その他関連カテゴリ

[関連コンテンツ]




お気軽にコメントお願いします!

Your email address will not be published.