様々な学問/勉強課目を図解/アニメーション化したり、シミュレーションツールを用いて楽しく分かりやすく解説するサイトです!
⇒ 本ブログの詳細/連絡先はコチラ!
⇒ 本ブログは複数テーマ(色)を持つ階層構造になってます!
学問TOP 数学 経済学/投資 統計学/確率 物理学
  1. ホーム
  2. 〇学問/勉強
  3. 経済学/投資
  4. 経済学入門: 「社会的余剰」をシミュレーターで理解しよう!
■注目記事一覧

コンピューターの半理基礎:半加算器の原理をシミュレーターで理解しよう!

サイコロ シミュレーターで解説!当たり回数が必ず一定に収束するわけではない!

統計学/確率入門:偏差値とは何か?をシミュレーターを用いて詳しく解説!

コンピューターの全理基礎:半加算器の原理をシミュレーターで理解しよう!

運動量保存の法則をwebシミュレーションで解説!

なぜ全力買い(全額投資)はダメなのか?シミュレーション交えて解説!

本サイトの「サイコロ シミュレーター」が熊本の特別教育テレビ授業で使われました!
 
スポンサーリンク
Twitter(更新情報)

経済学入門: 「社会的余剰」をシミュレーターで理解しよう!

$$\newcommand\CB[1]{\textcolor{blue}{#1}} \newcommand\CR[1]{\textcolor{red}{#1}} \newcommand\CG[1]{\textcolor{magenta}{#1}}$$

経済学をシミュレーターを使って直感的に理解しよう!

経済学はお金に関する世の中の動きを数学的に考えて、検証/予測していく学問です。ですので、経済学には数学的なグラフが沢山出てきます。このグラフが曲者で、具体例と結びつきにくいので理解しにくかったりするんですよね>< グラフだけ見せられても、イメージが付かないんです。
 
そこで、本サイトでは経済学をシミュレーターをつかって、出来る限り具体的なイメージに即して解説していきます!シミュレーターで色んな値で実験することで、理解も深まっていくと思います!
 
今回は「社会的余剰」についてお話しします。社会的余剰は消費者余剰と生産者余剰の総和です。この社会的余剰の決まり方について理解していきましょう!

社会的余剰とは?

社会的余剰の定義

今回説明する社会的余剰ですが、↓のように定義出来ます。

\(社会的余剰=総消費者余剰 + 総生産者余剰\)

つまり、社会的余剰とは、ただ単純に総消費者余剰 と 総生産者余剰を足しただけです。そして、この足し合わせたものが、市場の効率性を表す指標になります。

つまり、効率的で良い市場とは「社会的余剰=総消費者余剰と総生産者余剰の総和を最大化する市場」と定義出来るわけです

総消費者余剰と総生産者余剰は単純に足し合わせできない

ただし、前回の記事でシミュレーターで学習した「総消費者余剰」「総生産者余剰」を単純に足し合わせるだけでは正しくありません。

例えば価格ライン70円で各余剰は↓のようになりますが、、、

↓総消費者余剰=60

↓総生産者余剰=210

決して、社会的余剰は合計の270にはなりません。なぜなら、「取引数は、消費者と生産者で同一でなければいけない」からです。消費者の取引が3なら、生産者も取引数3にならないといけないんです。

ですので、↑の例では、取引数は数の少ない消費者の数に限定されます。ですので、取引数=4です。

ですので、生産者余剰は↓で緑枠で示している領域(4人)の合計である180に限定されます。

このように、社会的余剰を考えるときには、消費者と生産者の数と共に、さらに取引可能数を考慮しないといけないんですね
 

シミュレーターを使って社会的余剰を理解しよう!

それでは、上記の社会低余剰を実際のシミュレーターを使って確認してみましょう!

前回と同じく、赤背景部が消費者余剰、青背景部が生産者余剰となっています。

取引可能となった人は、↓のように手を上げるポーズで示しています。生産者と消費者の取引数が同一でないといけないので、同数が手を上げているはずです。

価格(紫線)を変動させて、各余剰がどのように変化するか確認してみましょう!

価格
80.0

社会的余剰= 0
総消費者余剰= 0
総生産者余剰= 0

シミュレーション結果考察

上記のシミュレーション結果を考察してみます。

価格によって、消費者余剰と生産者余剰のバランスが変わる

当たり前ですが、価格によって消費者余剰と生産者余剰のバランスが変わりますよね。価格が上がると、消費者余剰が下がり、生産者余剰のバランスが上がっていきます。

消費者余剰、生産者余剰のバランスが悪いと、取引数が減り、社会的余剰が減少する

上記のように、価格が伸びるほど、生産者の余剰自体が増えていくように見えますが、、、実はそうではありません。

なぜなら、消費者余剰、生産者余剰のバランスが悪いと、全体の社会的余剰自体が減少するからです。↑のシミュレーターの最大余剰は250ですが、バランスが悪いと↓のように90しか余剰が得られません。

価格が高いので生産者が有利なのですが、それによって取引数が減るので、生産者目線だけでもこの価格が最適ではないという事なんですね(生産者一人だけ嬉しく、他の人は得しない状態)

需要グラフと供給グラフがぶつかる交点あたりで、社会的余剰が最大になる

↑のシミュレーターで実験してみると、社会的余剰が最大になるのが↓のような交点あたりだということが分かると思います。
 
これは↑のシミュレーターでたまたまなったわけでなく、一般的な性質です。需要グラフと供給グラフが交わる地点で、社会的余剰は最大になります。その理由は↓のような絵を見ればわかるはずです。

↑のように、交点あたりの価格では全て需要グラフと供給グラフで囲まれた領域を全て塗りつぶすことが出来るんですね。シミュレーターで分かる通り、余剰はこの領域内でしか生まれないので、「需要グラフと供給グラフが交わる地点が余剰最大化状態となる」わけです
 
 
今回の考察で、社会的余剰が最大化する場面がわかりましたね。次回は、この社会的余剰が自然な市場でどのように最適化されていくかを見ていきます!


⇒「経済学/投資」カテゴリ記事一覧

その他関連カテゴリ




お気軽にコメントお願いします!

Your email address will not be published.