様々な学問/勉強課目をシミュレーションで解説!シミュレーター/ツール/ゲームで、いろんな学問を楽しく分かりやすく解説するサイトです!思考の改善や、効率化の話題も!
⇒ 本ブログの詳細/連絡先はコチラ!
学問系TOP 数学 物理 統計学 コンピューター 経済学 Webツール
  1. ホーム
  2. 〇学問シミュレーター/改善・効率化
  3. 情報科学/コンピューター
  4. コンピューターハードウェア
  5. 補助記憶装置(HDD/SSD)
  6. RAID
  7. RAID種別:「RAID10」をシミュレーターで理解しよう! [情報基礎/コンピューター入門]
■注目記事一覧

高校数学 教科書用シミュレーターの制作に携わりました!!

マルチタスクのCPUの動きをシミュレーターで見てみよう!

浮動小数点型の仕組みをシミュレーターで理解しよう!

コンピューターの全理基礎:半加算器の原理をシミュレーターで理解しよう!

本サイトの「サイコロ シミュレーター」が熊本の特別教育テレビ授業で使われました!

ストレージのRAID5構成をシミュレーターで理解しよう!

コンピューターの半理基礎:半加算器の原理をシミュレーターで理解しよう!
 
スポンサーリンク
Twitter(更新情報)
全テーマ共通記事一覧

RAID種別:「RAID10」をシミュレーターで理解しよう! [情報基礎/コンピューター入門]

$$\newcommand\CB[1]{\textcolor{blue}{#1}} \newcommand\CR[1]{\textcolor{red}{#1}} \newcommand\CG[1]{\textcolor{magenta}{#1}}$$

本ページではRAID種別をシミュレーターを用いて解説しています!今回は「RAID10構成」について説明します。RAID10はRAID1とRAID0を合わせた構成です!

RAID種別:「RAID10」をシミュレーターで理解しよう! [情報基礎/コンピューター入門]

「RAID10」の概要

RAID1構成は↓のように「4つのディスクが接続され、2台ごとにRAID1構成(冗長化構成)が組まれている」構成です。

この2つのRAID1グループを、RAID0のようにストライピングで書き込むのがRAID10なんです。

RAID0とRAID1の2つを組み合わせることで、2つの利点が得られるんです!
 

POINTRAID10 = RAID0とRAID1を組み合わせて良いといろこをとった構成!

「RAID10構成」シミュレーターで理解しよう!

それではシミュレーターを使って、「RAID10構成」の動きを理解してみましょう!

シミュレーターの説明
  • 4台の「RAID10構成」に対して、DISK故障させたり、READ/WRITE操作ができます
  • READ/WRITE操作後に、「○」と出た場合は成功、「×」と出た場合が失敗となります
  • READ/WRITE処理のDISK読み込み/書き込みにかかった時間を「処理時間」として表示します
  • 故障ボタンを押すと、ランダムで1台のDISK故障が起きます
  • RESETボタンで初期状態に戻せます

 

処理時間 : 0.0

「RAID10構成」の特徴

冗長性(耐久性)

2つのRAID1グループがあるので、その2つが生きていれば問題ありません。なので、「最大2台の故障の耐久性有り」です。ただし、↓のように同じRAID1グループで2台壊れた場合は、運用不可能となります。どこが壊れるかも重要なんですね。

速度

実際はRAID1のように、並列にデータをREAD/WRITEするので「標準速度×2」の速度です。ただし、並列に処理するといっても様々な処理必要になるので、本当に2倍になるわけではないです。

必要DISK数

「4台」です。DISK数が増やして、冗長度やストライピングの並列度を増やせますが、あまりやらないと思います。

ディスク容量利用効率

内部でRAID1構成をもっており、2台のディスクに、1台分のデータしか書き込めないので「50%の容量効率」となります。
 

まとめ

  • RAID10 = RAID0とRAID1を組み合わせて良いといろこをとった構成
  • ディスクに高速にアクセスでき、かつ二重化により頑強性もあがっている
  • ただし、RAID1の構成であるため、ディスク容量利用効率は50%と低いままとなる

 
その他RAID種別も↓で解説しています!

[関連記事] ディスクRAID構成
4.RAID10(本記事)


⇒「RAID」カテゴリ記事一覧

その他関連カテゴリ




お気軽にコメントお願いします!

Your email address will not be published.




記事カテゴリ