様々な学問/勉強課目をシミュレーションで解説!シミュレーター/ツール/ゲームで、いろんな学問を楽しく分かりやすく解説するサイトです!思考の改善や、効率化の話題も!
⇒ 本ブログの詳細/連絡先はコチラ!
学問系TOP 数学 物理 統計学 コンピューター 経済学 Webツール
  1. ホーム
  2. 〇学問シミュレーター/改善・効率化
  3. 勉強法/思考法
  4. 思考の効率化
  5. インプット/アウトプット制御
  6. 情報制限したら20倍効率化!やっぱり現代は情報過多でインプットが多すぎる!
■注目記事一覧

高校数学 教科書用シミュレーターの制作に携わりました!!

なぜ賭け/投資(株式/FX)市場はほとんどの人が勝てないのか?シミュレーションで解説!

サイコロ シミュレーターで解説!当たり回数が必ず一定に収束するわけではない!

余命(〇〇年後に死亡している確率)/各年齢での死亡確率 判定

本サイトの「サイコロ シミュレーター」が熊本の特別教育テレビ授業で使われました!

コンピューターの全理基礎:半加算器の原理をシミュレーターで理解しよう!

統計学/確率入門:偏差値とは何か?をシミュレーターを用いて詳しく解説!
 
スポンサーリンク
Twitter(更新情報)
全テーマ共通記事一覧

情報制限したら20倍効率化!やっぱり現代は情報過多でインプットが多すぎる!

情報をRSSから入手に制限したら、20倍効率化しました!

以前の記事で、旧世代の情報取得方法であるRSSによって、情報取得が効率化したというお話をしました。これ、かなり効果が絶大です。思った以上にすごい効果だと思っています!!数字にすると、20倍程度の情報取得の効率化になったのではと思っています。
 
それだけ、現代は情報が溢れていて、情報取得の効率が悪くなりやすいという事です。では、何がそんなに効率が悪く、何故それが改善されたんでしょうか。。その辺りについて、少し語らせて頂きます!

大概のニュースは3行だけで十分。それだけで2倍の効率化!

世の中にはたくさんのニュースがあり、多くの文字で溢れています。Yahooなどのニュースサイトでも長文のニュースなどで溢れてますね。でも、よく考えると大体の記事やニュースって3行だけでまとめられるものがほとんどです。芸能ニュース、スポーツニュース、政治のニュース、、、どれも3行あれば大体の内容がわかります。3行以外は、余計な情報が書かれているだけ。だったら不要と考えてしまっていいかと。情報の断捨離ですね!
 
RSSの場合は、情報がタイトルと3行程度の要約で入ってきます!(サイトによるけど)これがめちゃくちゃ便利です。95%のニュースはその要約だけ頭に入れ、必要な5%の情報だけ詳しく本文を確認します。この流れだけで、なんの支障もありません。むしろ、余計な情報がなくなって、頭にニュースが入ってきやすくなったぐらいです。

このようにRSSのまとめの要約を見るだけになり、少なくとも2倍に情報取得時間が効率化しました!

↓RSS画面の一例

Yahoo、Twitter、Youtube、まとめサイト… どんなSNS/サイトでも関連情報の誘惑が多すぎる!それだけで10倍の無駄時間が!

上記の効率化は、2倍程度のものでしたが、それよりも重大な効率化要素があります。それは「余計な関連情報を断ち切る」ということです。現在、ニュースの取得先としてはYahooやTwitter、Youtube、まとめサイトなど様々なものがあります。それら全てに共通して言えるのが、「関連情報が満載」ということです。
 
各サイト、SNSともに出来るだけ長く滞在してもらおうと必死です。そのために読者/視聴者の関心を引き続けるために、関連情報をたくさんお届けしてきます。例えば、現在話題になっている「吉本芸人の闇営業」関連のニュースとかは、Yahooで下図のような関連ニュースが表示されます。。。これってこの闇営業のニュースとか気になっている人とかだったら見ちゃいますよね。かなり関連した情報なので。
 
このような関連情報の連続で、余計に時間をくってしまうってことが前の自分に多々あったんです。

「そのインプットで、どんなアウトプットが得られるか」が重要。世の中の95%の情報は何のアウトプットももたらさない。

でも上記の「関連情報」ってあまり意味ないですよね。まあ、そもそも「吉本芸人の闇営業」も意味が無いと言えば、そうですが、社会常識的に知っておいたほうがいいのは「闇営業が問題になっている」という事だけで、ソレ以外の付加情報は知っていなくても別に良い話のわけで。
 
では、意味のある情報ってなんでしょうか。自分は「後のアウトプットに必要のない情報はいらない」と考えてます。特に何も今後の行動やアウトプットに影響をもたらさないような情報は、特に得る必要もないわけで。もっというと、「ただの興味のためのインプットはいらない」わけで「インプットが目的のインプットになっている」可能性がある気がします。

ネットでは炎上関連のニュースとか、上記のような芸能ニュースが溢れていますが、アウトプットを考えるとほぼ意味なしですよね。無駄な興味とか、よくわからない正義感とか、悪くいうと嫉妬心とか、そういうので見ちゃう事がほとんど。でも、そういった要因でニュース見ても意味ないですよね、、明日以降の自分にプラスに働くとは思えないわけで。

RSSで「わざと情報制限」することで、効率的なインプット!

上記のような、「何のアウトプットももたらさないインプット」を抑制するためには、情報をコントロールする必要があると思うのです。インプットの情報の流れをコントロールすること。そしてその情報コントロール方法として、自分はRSSが最適だと思ってます。情報の入手源を絞れますし、余計な情報が見えてこないからです。逆にいうと、興味をもった意味のある情報はクリックすれば探っていけたりもするわけで。
 
この情報過多になった現代でこそ、誰でも多くの情報が取得できるようになった現代だからこそ、RSSはメチャクチャ有効に使えるんじゃないかなって思います。少なくとも自分は20倍ぐらい捗り、アウトプットに時間を多くさけるようになりました!

「必要な情報にだけ制限する」という見方から、情報のインプットの仕方を見直してみるとよいかもしれませんね!><


⇒「インプット/アウトプット制御」カテゴリ記事一覧

その他関連カテゴリ




お気軽にコメントお願いします!

Your email address will not be published.




記事カテゴリ