2ヵ月14kg減量に成功した体験、カロリー/栄養知識を記述しています!自作ダイエット/栄養関連ツールも公開中!
⇒ 本ブログの詳細/作者プロフィール/連絡先はコチラ!
⇒ 本ブログは複数のテーマ(色)を持った階層構造になってます!詳しくはコチラ!
ダイエット全般 ダイエット用ツール おすすめ食品
■注目記事一覧

ダイエット/体重変化シミュレーション・予測グラフ化ツール!

最強体重管理グッズ!時間ロック金庫でストレスフリー自己管理!

最強の体重管理法!"おかゆ"一つで、体重を減らすも増やすも調整楽々です♪

[ダイエット] ダイエット方法一覧、そしてその有効性を個人的に評価!

セブンイレブン サラダチキンのご紹介!現状最強のタンパク質製品!ダイエットにも最適!

「体重減少⇒痩せた」ではない!?体重を上手くコントロールしよう!

正月太り、GW太りは本当だった!平均でも0.5~0.7kg体重増加!しかも半年以上元に戻らない!
 
スポンサーリンク
全テーマ共通記事一覧

こむぎ [その他] 小麦たんぱく 粉末状 の全栄養素/カロリーまとめ情報!


こむぎ [その他] 小麦たんぱく 粉末状 の全栄養素一覧!

 このページでは、こむぎ [その他] 小麦たんぱく 粉末状 の各栄養素/カロリー情報を確認できます!PFCバランス、水分、脂質/炭水化物の構成比率などが円グラフで一目瞭然でわかるようになっています!是非、ご活用下さい!
*各グラフは、クリックすることで詳細な値を確認できます!

こむぎ [その他] 小麦たんぱく 粉末状 の栄養素一覧 & 1日必要量比(100gあたり)の比較グラフ!

 こむぎ [その他] 小麦たんぱく 粉末状 の100gあたりの各栄養素のと1日必要量と比べてどれぐらいの栄養量を有しているかを、100%換算してグラフ化しています!こむぎ [その他] 小麦たんぱく 粉末状 の栄養素を、1日必要量と比較した値でグラフ化しています。100%以上であれば、こむぎ [その他] 小麦たんぱく 粉末状 100gで1日の必要量を満たしていることを意味します。

  • 赤字で示している「飽和脂肪酸」「食塩」は主に、過剰摂取で問題になる栄養素です(不足になることはほぼ稀)。そのため、この2つだけは「目標量(上限)に対する割合」で表示しています。

こむぎ [その他] 小麦たんぱく 粉末状 のPFCバランス(カロリーの内訳)!

目的によって、炭水化物/タンパク質/脂質のどれを中心に摂取すればいいかが変わってきます。目的に合わせて、最適なPFCバランス(炭水化物/タンパク質/脂質の比率)の食品を探してみましょう!PFCバランスについてはコチラのページで解説しています!

こむぎ [その他] 小麦たんぱく 粉末状 の水分量!

水分量が多いほど、少ないカロリーでお腹がいっぱいになりやすく、ダイエットには最適です!

こむぎ [その他] 小麦たんぱく 粉末状 の脂質成分比率(飽和/不飽和)!

こむぎ [その他] 小麦たんぱく 粉末状 の脂肪の成分比をグラフ化しています!飽和脂肪酸(一価、多価)の比率が高いほど、健康的な成分と言われています!詳しくはコチラのページで解説しています!

こむぎ [その他] 小麦たんぱく 粉末状 の食物繊維比率(炭水化物比)!

こむぎ [その他] 小麦たんぱく 粉末状 の炭水化物中の食物繊維の比率をグラフ化しました!食物繊維比率が多いほど、カロリーが低く、健康的な素材と言えます!


必要栄養素の算出条件設定

下記の入力項目を設定することで、自分やお子様に合った基準値で食品を評価することが可能です!設定変更すると、動的に上記のこむぎ [その他] 小麦たんぱく 粉末状 の1日必要量比の評価も変わります!

必要栄養素計算のための入力項目

下記項目を全て入力して、設定ボタンを押してください。
* 一度設定すれば、ブラウザに記憶するため、以後設定不要です。
年齢:
* 0才の場合はコチラも入力要⇒ 生後ヵ月
性別:
女性区分:
  • 女性のみ選択必須、一般女性なら'非妊娠/月経有'のままでOKです。
活動レベル区分:
* 下記の選択肢から自分の普段の行動に合う活動レベルを選んでください!

レベル1 : 生活の大部分が座位で、静的な活動が中心の場合
レベル2 : 座位中心の仕事だが、職場内での移動や立位での作業・接客等、あるいは通勤・買物・家事、軽いスポーツ等のいずれかを含む場合
レベル3 : 移動や立位の多い仕事への従事者。あるいは、スポーツなど余暇における活発な運動習慣をもっている場合
 

必要栄養素基準一覧(1日あたり)

上記の設定から計算した、各項目/栄養素の推奨値/1日あたりに必要な量などは下記のとおりです。なお、各項目の意味は下記のとおりです。詳細は厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」を参照して下さい。
推定平均必要量 : 50%程度の人が摂取不足にならない量(平均必要量)
推奨量(目安) : ほとんどの人が摂取不足にならない量
耐容上限量 : 過剰摂取による健康障害を回避するための上限量
目標量(下限) : 生活習慣病予防のために最低限摂取すべき量(推奨量よりやや上)
目標量(上限) : 生活習慣病予防のために制限すべき量

項目推定平
均必要
推奨量
(目安)
耐容上
限量
目標量
(下限)
目標量
(上限)
  • 上記の「 1日あたり摂取推奨量との比較」では、主に上記の推奨量を使用して比較しています。それがない場合は、 推定平均必要量や目標量を用いています。

その他の食品のデータの検索!

その他の食品についての栄養素/カロリーのデータについても本ページで確認できます!下記フォームから調べたい食材を検索してみて下さい!

食品カロリー/PFCバランスを確認したい食品名/食品カテゴリを入力して下さい!

[食品名]


[食品カテゴリ指定]




食品カテゴリ一覧!

 食品検索をイメージしやすくするために、各カテゴリでの検索画面を下記にリンクしてみました!リンクをクリックすると、どのような食品がどのような形式で検索表示されるかがわかります!一度でも見て頂けると有難いです!

穀類

いも及びでん粉類

砂糖及び甘味類

豆類

種実類

野菜類

果実類

きのこ類

藻類

魚介類

肉類

卵類

乳類

油脂類

菓子類

し好飲料類

調味料及び香辛料類

調理加工食品類

本ページの使用データについて

  • 本ツールは、日本食品標準成分表2015年版のデータを利用してDB構築/webツール化しております。
  • また、こちらにある「食品表示法に基づく栄養成分表示のためのガイドライン」に基づいて、データ使用を行っています。このガイドラインに従って、データ抽出/計算を行っているので、かなり正確なデータになっているはずです。
  • カロリー計算の基本は炭水化物が1g=4kcal,タンパク質が1g=4kcal、脂質が1g=9kcalという計算ですが、日本食品標準成分表ではさらに正確に計算するため、この計算比率が食品ごとに微妙に異なっています(1g=3.9kcal等)。そのため、上記の基本計算式には当てはまらないものもありますので、ご注意ください。

 

[関連コンテンツ]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。