wordpress/Adobe Animate CCなどweb技術やブログ運用に関する話をしていきます!検索エンジン最適化に関する実験に関する情報も!
⇒ 本ブログの詳細/連絡先はコチラ!
⇒ 本ブログは複数テーマ(色)を持つ階層構造になってます!
web技術TOP WordPress アクセスアップ Adobe Animate CC 便利ソフト/サービス紹介 効率化
  1. ホーム
  2. 〇ブログ/web技術
  3. ガジェット
  4. Surface
  5. Surface Pro7がついに発表!USB Type-C、急速充電、GPU大幅強化!ただ稼働時間が><
■注目記事一覧

ポイントサイト「げん玉」が凄すぎてビックリ!買い物のポイント還元もスゴイ!

ブログ記事数500突破!開設から2年3ヵ月のアクセス数変動を振り返ってみた!

画像素材サイト「写真AC」が超お得でおすすめです!

複数専門ブログと雑記ブログ、両方のいいとこ取りの形態/両立を技術的に実現してみました!

デジハリのAdobe講座がやばすぎる!Adobe Creative Cloudが50%オフで購入可!

エックスサーバーが凄すぎる!高速レスポンスを誇る高品質サーバー!

[Adobe Animate CC使い方講座] まずはFlashからの変遷から解説!
 
スポンサーリンク
Twitter(更新情報)

Surface Pro7がついに発表!USB Type-C、急速充電、GPU大幅強化!ただ稼働時間が><

Surface Pro7がついに発表!USB Type-Cが付いたり色々進化!

ついに10/2に新しいSurface商品の発表会がありました!ちょっっと盛りだくさん過ぎて、ビックリでした。リークされていた情報以上に、色んなデバイスが出てきていてお腹一杯になってしまいました^^
 
さて、今回はそんな中でも自分が一番気になっていたSurface Pro7の事項について、まとめ/語りたいと思います!Surface Pro7は事前に色々言われていたのよりも、地味なアップデートになってしまったという印象です。今回のはメジャーアップデート(大きな改変が入る)と言われていたのですが、結局まさかの外部デザイン変更なし。ただUSB Type-Cが付いただけという事に。うーん… 確かに既存のUSBを残しながら新たにUSB Type-Cが付いたので嬉しいことではありますが、ちょっと地味なアップデートの印象になりました。
 
ただ、色んな良いところも沢山でききているので情報まとめたいと思います。もちろん悪いところも列挙させて頂きます!

CPUとGPUが強化!irisが戻ってきたよ!

USB Type-Cと同じように今回強化された点がCPUです。Surface Pro7ではcore iの第10世代のCPUが搭載されることになりました。Ice Lakeと呼ばれているモデルで、CPU型番としてはCore i5-1035G4、Core i7-1065G7が搭載されるようになりました!CPU性能は40%アップだそうです!もとから超性能だったのに、さらに高速化しました!ただ今回重要なのはそこでなく、GPUだと思っています。以前自分がSurface Pro6のときに文句をいっていた、Iris Plus Graphicsが帰ってきたんです!Iris Plus GraphicsはCPU内蔵GPUで、前回Surface Pro6のときにはIris Plus Graphicsが省かれてしまい、大幅なグラフィック性能の劣化になってしまったんです;;

それが今回Iris Plus Graphicsがまさかの復活!これは嬉しいです。ゲームする人とかデザイナーの方はGPUをフル活用すると思うので、Surface Pro7がオススメです!

地味に選べるモデルが大幅アップ!i5でも16GBメモリモデルが選択可能!i7でもSSD256GBモデル選択可能!

地味に嬉しいのがモデルが大幅に増えたということです。自分はSurface Pro6で「i7 16GBメモリ SSD512GBモデル」を買いました。かなりのハイスペックです。でも、CPUやSSDには全くこだわっていませんでした。何故これにしたかというと、「pro6まではメモリ16GBあるモデルが、i7のSSD:512GB/SSD1TBモデルしかなかっった」からです。そうです。メモリ16GBにこだわると最上位の2機種を選ぶしかなかったんです!
 
でも今回から選択の幅がアップしています。メモリ16GBにこだわる人向けに下図のように「i5 SSD:256GBモデル」と「i7 SSD:256GBモデル」が追加されているんです!だからSSDの容量はそんなにいらない人、CPUはi5でも十分な人用の選択肢ができたわけで。これは超嬉しいです!

稼働時間が13.5時間から10.5時間へダウン… これは痛い><

上記のように色んなところで進化しているSurface Pro7ですが、悲しい部分もあります。それが稼働時間。まさかの減少です。稼働時間がSurface Pro6の13.5時間から10.5時間にダウンしました。23%ぐらいのダウンです。Surface Proは持ち歩いて使うこと前提の商品なので、稼働時間がここまで下がるのは辛いですね。
 
というのも、今回GPUが大幅強化されているからです。上記の通り、Iris Plus Graphicsが再搭載されました。これにより大幅に消費電力が上がってしまったみたいで… うーん、ビジネス用途で考えるとこれは辛いかもですね。Pro6を買ったほうが嬉しい人も多そうです。ゲームとかしなければ、グラフィック性能なんて邪魔ですし

USB Type-Cから充電可能!色んな場所で充電できる強みがあるので問題無し?

上記のように稼働時間の問題はありますが、一つ解決策があります。それはUSB Type-Cからの充電が可能になったことです!これによって大きなアダプタを持ち歩かなくても、そこらへんからUSB経由で充電することが可能になりました!つまり外付けのモバイルバッテリーなどからも充電可能になったわけです!
 
なので、劣化してしまった稼働時間の部分を、充電のしやすいさで補うことも可能なわけです!まあ、荷物増えたりしてそれもそれで嫌な気もしますが、お泊まりの出張とかいくならPro7のほうが嬉しいかもしれませんね。Pro6とかの大きなアダプタを持ち歩かなくて済むようになるので。

謎の太ベゼル継続… 全体的にSurface Pro Xの前座みたいな扱い…

上記のように、今回のPro7は微妙に進化なのか劣化なのかわからないところが出てきています。ただ、どちらにしても言えるのが「変化が地味」ということです。正直、見た目は全く変わらないです。まさかのSurface Pro4からの太ベゼル継続。何年同じデザインでいくんでしょう、、、USB Type-Cがのっただけみたいな。

というより、今回の発表ではその他のSurface Pro Xなどが目立ちすぎて、完全にSurface Pro Xの前座みたいになってました…  シクシク。ただ、次回の記事で語りますが、Surface Pro Xは死ぬほど曲者です。そう簡単に扱える代物ではないので、「Surface Pro7こそ何でもできる一番使えるデバイス」ではあると思います。

ということで、Surface Pro7の紹介でした!正直、Surface Pro6と一長一短なので、価格が下がってくるSurface Pro6を狙うのも全然ありだと思います!!是非ご検討を!


⇒「Surface」カテゴリ記事一覧

その他関連カテゴリ

[関連コンテンツ]




お気軽にコメントお願いします!

Your email address will not be published.