wordpress/Adobe Animate CCなどweb技術やブログ運用に関する話をしていきます!検索エンジン最適化に関する実験に関する情報も!
⇒ 本ブログの詳細/制作者プロフィール/連絡先/現在の行動状況はコチラ!
⇒ 本ブログは複数のテーマ(色)を持った階層構造になってます!詳しくはコチラ!
web/ブログ全般 SEO/アクセスアップ WordPress(KUSANAGI) Adobe Animate CC(旧FLASH) 便利ソフト/サービス紹介 効率化
  1. ホーム
  2. 〇ブログ/web技術
  3. WordPress
  4. [KUSANAGI(WordPress)関連] 高速化のためにHHVMを使い続けるのは危険!今すぐPHP7を使うべき理由!
■注目記事一覧

Adobe Animate CC(旧FLASH)が凄すぎる!その表現力と効率性を痛感!技術者にこそ是非!

画像素材サイトの「料金」と「検索結果の画像数」を比較してみた!やっぱり純日本製のサイトが使いやすい!?

「写真AC」が超オススメ!画像素材サイトとして、3年以上使い続けてます!

エックスサーバーが凄すぎる!本ブログでの超カスタマイズWordPressでも、高速レスポンスを誇る高品質サーバー!

ポイントサイト「げん玉」が凄すぎてビックリ!開始から10分で2000円以上稼げた!買い物のポイント還元もスゴイ!

[Adobe Animate CC使い方講座] Adobe Animate CCって何?まずはFlashからの変遷から解説!

デジハリのAdobeマスター講座がやばすぎる!Adobe Creative Cloudが50%オフで購入可!5分で使用可能に(超重要)!
 

[KUSANAGI(WordPress)関連] 高速化のためにHHVMを使い続けるのは危険!今すぐPHP7を使うべき理由!

少し前から、KUSANAGIという超高速WordPress仮想マシンを使用しています。チューニングにてこずりましたが、快適に高速に動作しています。この設定の中で一番迷ったのが「HHVM or PHP7」という選択です。両方共PHPプログラムが高速に動く環境として評価されています。

KUSANAGIではHHVMをデフォルト環境として設定していますね。しかし、何も考えずにHHVMを選択して使い続けるのは危険です。なぜなら、HHVMは完全にPHP(WordPress)から撤退することが決まっているようなものだからです。

自分もHHVMが使いたかったんです。実測して、HHVMのほうが速かったですからね。でも、泣く泣くPHP7の選択となりました。状況が致命的ですから。日本語の情報源がなかったので、情報共有として記事化させて頂きます。

HHVMとは:Facebookが開発した高速PHP動作環境

まず前提ですが、HHVMはFacebookが開発したPHPを高速に動かすための実行環境です。昔からPHPはかなり遅い言語として、古い言語として扱われてきました。最近の言語と比べると、劣っているように見られます。しかし、その普及性は抜群であり、PHPで作られているCMSであるWordPressはスゴイんです。世界のwebサイトの30%がこのWordPressで動いているんです。

この普及性の高いPHPを高速化させたのがHHVM環境です。正確にいうと、「PHPと互換性を持った、新しいHACKという言語を動かすための環境」です。Facebookが社内で使用する新しい言語であるHACKをPHPと互換性をもたせて、高速に動けるようにしたのです。高速に動かすために動的に実行中にネイティブレベルのプログラムにまでコンパイルして動作させているんです。なので、超高速に動きます。PHP5の10倍で動くとも言われていたみたいで。。

このHHVMを使って高速にマシンを動かしているのがKUSANAGIなのです。しかし、こんな素晴らしいHHVMですが、どうしても今後使えないのです。

WordPress(PHP) + HHVMに未来はない!各陣営が互いに離れてきている。

日本ではあまり情報がのっていないのですが、WordPress(PHP) + HHVMに未来はなさそうです。それは、WordPress(PHP7)陣営 とHHVM陣営が互いに離れたがっているからです。各陣営の見解をまとめます。

HHVM陣営

まずは、HHVM側の見解から。英語ですがコチラのページにPHP7への見解がのっています。
https://hhvm.com/blog/2017/09/18/the-future-of-hhvm.html

[要約]

  • PHP7になり、様々な問題が解決された。PHPは高速化した代わりに後方互換性がなくなり、HHVMとも非互換が出ている
  • HHVM側はPHP7とは別の対処で問題に対処しており、PHP7と歩調をあわせるつもりはない
  • HHVM開発チームは既にHACK言語をメインターゲットとして開発しており、ほとんどPHPの開発に時間をとっていない

⇒HHVM(Facebook)側は今後PHPの開発をするつもりはないようです

WordPress陣営

では逆にWordPress側の見解はどうでしょうか。コチラも英語のページ

HHVM no longer part of WordPress core’s testing infrastructure


https://kinsta.com/blog/hhvm-wordpress/

[要約]

  • PHP7になり、高速にPHPが動くようになった。特にPHP7.2はHHVMよりも高速に動くことが確認されている
  • 今後HHVMではテストをしない。そもそも現在までもHHVMは公式にサポートしていたわけではない。
  • そもそもHHVMで動かしているサイトはあまりないので、さっさとPHP7に移行しましょう!
  • RIP HHVM.(ご冥福をお祈りします、HHVMさん)

⇒WordPress側は今後HHVM動作環境でテストしていくつもりはないようです。

簡単にいうと、こんな状況。もはやWordPress(PHP) + HHVMは危険領域!

上記の環境を、KUSANAGIの状況を踏まえて簡単に見解をまとめます。

HHVM(Facebook)側「PHPがクソ遅いから高速化してあげただけ。PHP7に後追いするつもりはない!そもそも、うちはHack言語の開発がメインになってるし、PHPでテストなんてしないよ!」

WordPress陣営「PHPが遅いのは過去の話。PHP7は7.2になってHHVMより高速に動くようになっている!HHVMを使うメリットがない。HHVMでテストなんてしないよ!」

KUSANAGI陣営「とりあえずKUSANAGIではHHVMもPHP7も選べるようになっているから、勝手にユーザーが選んでねー(デフォルトはHHVMだけど)」

… この状況で、WordPress + HHVMを選択できないですよね。もはや「今後危ない」とかそういうレベルでなく、「もうテストされていない状態で、いつ致命的なエラーが見つかってもおかしくない状況」なのです。はい。

ということで、日本語の情報がなかったので、HHVMに関する状況をまとめてみました!是非、参考にしてみてください!というよりKUSANAGI環境の人はご検討を!「kusanagi php7」コマンドで一瞬でPHP7に切り替えられますので、早めの移行をオススメします!!

↓Adobe Creative Cloud製品オススメです!

[関連コンテンツ]




お気軽にコメントお願いします!

Your email address will not be published.