wordpress/Adobe Animate CCなどweb技術やブログ運用に関する話をしていきます!検索エンジン最適化に関する実験に関する情報も!
⇒ 本ブログの詳細/連絡先はコチラ!
⇒ 本ブログは複数テーマ(色)を持つ階層構造になってます!
web技術TOP WordPress アクセスアップ Adobe Animate CC 便利ソフト/サービス紹介 効率化
  1. ホーム
  2. 〇ブログ/web技術
  3. Adobe Animate CC [旧Flash]
  4. Adobe Animate 機能/ツール解説
  5. [Adobe Animate 機能/ツール解説] クラシックブラシツール
■注目記事一覧

[Adobe Animate CC使い方講座] まずはFlashからの変遷から解説!

Adobe Animate CC(旧FLASH)が凄い!技術者にこそ是非!

ブログ記事数500突破!開設から2年3ヵ月のアクセス数変動を振り返ってみた!

WordPressのGutenbergで秒速で設定済みブロックを呼び出す方法!

デジハリのAdobe講座がやばすぎる!Adobe Creative Cloudが45%オフで購入可!

エックスサーバーが凄すぎる!高速レスポンスを誇る高品質サーバー!

画像素材サイト「写真AC」が超お得でおすすめです!
 
スポンサーリンク
Twitter(更新情報)

[Adobe Animate 機能/ツール解説] クラシックブラシツール

本シリーズではAdobe Animate CCのルールの使い方を動画付きで紹介していきます!今回はクラシックブラシツールの役割りと使い方をご紹介していきます!

クラシックブラシツール

クラシックブラシツールはAnimateの中でも超重要なツールです。基本的には太さをもつ線ツールですが、様々に活用することが可能です。すべての基礎になるとこですので、しっかり理解しておきましょう!
[クラシックツールアイコン]

* 見つからない時はコチラの記事参照

使い方

クラシックブラシツールは、フリーハンドで手書きで太さのある線が描けるツールです。クラシックブラシツールを選択して、普通に描けば線がひけます!鉛筆と違って、筆圧に対応して太さが変わったりします。マウスというより、Surface等でペンを使って描くのが良いですね!

線設定の変更

クラシックブラシツールの使い方は上記のように簡単ですが、描く時の設定が結構複雑です。ここでその設定パラメタを紹介していきます。

ブラシの種類

クラシックブラシツールを使う時に重要なのが「ブラシの種類」です。このモードによって、書き味が全く変わります。ブラシの種類には↓のようなものがあります。ペン先が変えられる、、という感じです。

ペン先の種類によって、↓のように描き味がかわります。

 

 

こんな感じですね。最後のペンなんかは万年筆のように使えますね。

線のサイズ

クラシックブラシは鉛筆と違い、筆圧によってブラシの太さが変えられます。↓のようにただ太さを決めるだけでなく、最小の太さや最大の太さも決められます。

サイズを決めたら↓のようにその設定に沿って描くことができます。標準だと太さが変わりすぎたりするので、最小最大の幅を絞って調整するのが良いかと思います。

その他設定

その他の設定としては↓のようなものがあります。基本的に難しいところで、特にイジる必要はないかと思います。

 
しかし、左2つのアイコンは重要なのでその解説だけしておきます🙏

[傾きOn/Offボタン]
このボタンを押すことで、筆の傾きをOnにしたりOffにしたりできます。ペン先によっては、これをOnにするかで大きく書き味が変わるはずです

[筆圧On/Offボタン]
このボタンを押すことで、筆圧をOnにしたりOffにしたりできます。


⇒「Adobe Animate 機能/ツール解説」カテゴリ記事一覧

その他関連カテゴリ

↓デジハリならAdobe Creative Cloudが45%OFFで契約可能です!

[関連コンテンツ]




お気軽にコメントお願いします!

Your email address will not be published.